債務整理するなら 今でしょう!

債務整理の相談はこちらから
 
今すぐ電話相談0120-316-018
 LinkIcon今すぐメールで無料相談
開けなかった方は
今すぐ債務整理希望

ロイヤーズロイヤーズのスタンダードプラン|絶対完済プラン

借金返済ホントに楽になる?借金返済ホントに無くなる? 絶対完済させてよ!!の希望を叶えるプランを試してみてください。

借金返済

絶対完済プラン

HOME | 債務整理の定番・任意整理を成功させる | 債務整理を成功させる|絶対完済プラン

債務整理成功の秘密は完済するまで弁護士がサポート

 債務整理の失敗 それは弁護士が辞任することです

債務整理の失敗はあります。失敗される方が実は多いのが現状です。それは返済するためのお金ができないという現実に直面した時、弁護士がすでに和解したあとに「あとはご自分で返済してください」といって辞任してしまっているか、毎月弁護士と約束したお金を用意できず弁護士が「辞任」するかです。
 そうすると債務者にとっては、債務整理を依頼する以前の状態に戻ったことになります。しかも一度弁護士が代理人として元金和解をしていますから、債権者にとっては金利がつかない状態(儲けがない状態)で元金の回収ができないと、取り立ては一層激しくなります。
 でも考えてみると、生身の人間が3年から5年かけて借金の返済をしている間(債務整理中)に、何事もなく約定日に返済が完璧にできるでしょうか。完璧にできる人もいます。しかし現実は、仕事の都合で休みが多くなると給料が少なくなり、弁護士と約束したお金が用意できない場合もあったり、病気になったり、失業したりで収入が一時的にとだえることだってあります。そういう不測の事態に自分で対処するのは、それこそ大変です。そういう時こそ弁護士の出番だと法律事務所ロイヤーズロイヤーズは考えています。
 せっかく和解したのに返済に躓くと、債権者の激しい取り立てにさらされます。オスいう時にだれもが同じような行動をとります。返済できる範囲で、取り立てが厳しい債権者から支払いをするということです。すると返済できなかった債権者の負債に損害金がついて、翌月の支払い時(約定日)には、先月の支払い分も含めた返済金が必要になってきます。それができなかった場合は…というようにこうして一回の返済の躓きが自己破産につながってしまう場合があります。弁護士にまたお願いするにも、またあらためて弁護料が必要になり挙句の果てには自己破産です。こういった事態は初めから想定されていることです。

 法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは債務整理の失敗はありません。

1、弁護士が和解しても辞任せず返済を代行すること
2、弁護すと約束した毎月のお金がご用意できない時は、弁護士が債権者と交渉する
3、減給になったり、収入が途絶えた時に、再び弁護士が「和解をし直す」又は「自己破産」に変更するなどの適切な方針に切り替える
など、債務整理中に弁護士が見放すようなことはしません。
 
債務整理中は毎月法律事務所ロイヤーズロイヤーズから「残高のお知らせ」が届くのと、全債権者の和解成立後に「完済予定表」といって借金の全部が消滅する日を目標に毎月前進できます。
先の見えない頑張りは続けるのは大変ですが、いっぺんに借金がなくなる日がわかると目標ができるので、継続して「頑張ろう」と一歩一歩完済日を目指すことができます。
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、このような債務整理を成功させるプランを絶対完済プランと呼んでいます。
 
絶対完済プランの特徴(当事務所のおススメ  ♦受任から完済まで一元管理)
当事務所のスタンダード 和解後の債権者に対する送金するのを代行・毎月の返済状況のお知らせ(残高のお知らせ等)・和解後に返済が苦しくなった場合の再和解交渉・完済書を取り寄せるまで依頼者を完全にサポート 返済が遅れても債権者から直接請求がいきません。債務整理に失敗して悩んでいる方も歓迎します。当職でやってダメならあきらめがつくはずです。再チャレンジを応援します。デメリットはありません

img20180809163048313987.png誰にも言えない 内緒の借金 返済きつい 苦しい・・・・ img20180812175122203498.pngどうしよう。請求書…・もう払えない。 img20180812185017624555.pngもうだめ!もう死ぬしかない!!ばれちゃう

でも大丈夫!ご安心ください ロイロイの債務整理おすすめプラン

あなたも借金生活から脱却できます

■資料請求は家族に内緒で送らせていただきますので法律事務所からの郵便物であること話わかりません「LAW・6161」で郵送します。
【解決のための第一歩】
下の画像をクリックいただき資料請求をご希望されますと、2,3日後にはお手元に法律事務所ロイヤーズロイヤーズからの資料が届きます。同封の資料に借金情報をご記入いただきfax(03-3402-5411)いただくか、ご面倒でも返信ください。届きましたらすぐにあなた様に合った解決案を具体的に提案させていただきます(無料)。


 
絶対完済プランでは、ご家族やご同居されている方に内緒にするために、毎月の法律事務所ロイヤーズロイヤーズからのご報告等は、書面をご希望される場合を除きすべてメールで通知するようにしています。

絶対完済プランの債務整理は原則として次の内容の通知がご依頼者にEメールで届きます

・債権調査の結果報告
・毎月一回,各債権者との和解状況の報告
・毎月一回,債権者へ支払った後の残高の報告

債務整理中のご依頼者からのご相談はすべて債務整理以外のご相談でも無料で相談に応じます
・完済した場合は各債権者から完済書・借用書を取り寄せます(完済した実感が湧きます。)。
 

債務整理について

債務整理とは消費者金融(サラ金)・信販・銀行などからの借り入れによる多重債務を何らかの方法で解決することです。解決方法としては、大きく分けて二つあり、再建型と清算型に分けることができます。 再建型は生活を立て直しながら実際に債権者に返済していく方法で、これも任意整理・再生法・特定調停と分けることが出来ます。
 清算型は簡単に言えば「借金をチャラにしてしまいましょう」という方法で、よく耳にすると思いますが自己破産があります。
どういった方法が適しているのかというのはそれぞれ債務状況(債務額・取引年数)や生活状況によってみなさん違います。任意整理や再生法を適用したくても出来ない場合もあれば、自己破産しなくても任意整理で解決のつく場合もあります。一概にいくらの借金ならば自己破産・任意整理などと決め付けられるものではありません。それぞれの方に合った解決方法があります。
 任意整理・再生法・特定調停・自己破産を称して債務整理といいます。 多重債務のご相談に必要な債務状況や生活状況の書き込み用紙案内資料の請求は下記の資料請求から。。それぞれの債務状況に応じた解決案をご提示いたします。相談料は無料です。

 

       借金解決の第一歩はこちら
解決の方法を無料で提案します。 法律事務所ロイヤーズロイヤーズの名前では出しません。「6161.jp」で送付します。 ご家族に秘密に解決できるように配慮しています。多数の方が解決しています。どうかあなたも解決の第一歩を踏み出してください。応援します。
 
 

法律事務所ロイヤーズロイヤーズは、完済する(解決する)まで弁護士が辞任しません。
任意整理や再生手続きでも、弁護士が返済を管理し完済まで完全管理。

法律事務所ロイヤーズロイヤーズの債務整理(任意整理)の和解に関するコンセプト

1 分割回数を最大限に増やすことで、毎月の返済額を少なくします。通常は36回分割を目安として和解するところ、法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは80回~100回分割で和解することを目標にします。もっとも金利を0%にして和解するので、金利を心配することはありません。 2 和解後の対応
 万が一返済が遅れるようなことになると、弁護士が辞任していると、直接債務者に対して債権者が取り立てをすることになります。これでは債務整理する前より悪い状況を引き起こしかねません。今度は弁護料を払って自己破産をするという結末が多いのが現実です。
 法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、和解しても弁護士が辞任することなく、弁護士が返済金を債権者に送金します。万が一あなたが返済金を捻出できず、返済が遅れるようなことがあっても弁護士が債権者と交渉するので、直接請求を受けることはなく安心です。またどうしても返済することができない場合は、その時は再度和解をしなおすなどして対応します。ですから弁護士が受任して取り立てが止まるのみならず、借金がなくなるまで安心して返済することが可能です。


法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、おおむね借金の返済が3年ないし4年半程度で全部の債権者が完済(借金がなくなる)できるように毎月ご用意いただくお金の金額を設定します。この設定した金額を法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは「実行金」とよんでいます。毎月決まった日に、決まった金額(実行金)を当事務所に振り込んでいただきます。この実行金には弁護士費用や送金手数料またはその他実費すべてを含います。弁護料は分割積立で完済時に清算することになります。
4 契約の解除
連絡がつかなくなったり、実行日に実行金の入金が履行されなかったりしても法律事務所ロイヤーズロイヤーズは、すぐに弁護士は辞任しません(3ヶ月も連絡がつかない場合は、辞任します)。ご依頼者と窮地を乗り越えるために、どうしたらいいのかを弁護士がご依頼者の生活状況を詳しくお伺いすることで、和解し直した方がいいのか、また自己破産すべきかを検討します。
また、債務整理中にお給料日が変わったりする場合があります。そういった場合は、速やかに申し出ていただき実行日の変更をします。またお給料が減額になったなどの理由の他、和解してみて毎月の返済金が少なくて済むような場合は、完済日は伸びますが実行金を減額できる場合があります。お給料がアップして実行金を多めにご入金される方もいらっしゃいますが、まずは決めた実行金を決めた日までの確保することが債務整理の成功につながるのです。各種変更は相談に応じますので、約束が守られないからといって、すぐに弁護士が辞任することはありません。

5 弁護士からの通知・毎月の残高のお知らせはメールもしくは郵送で
実行日と実行金さえ守れば、借金は必ず予定通りなくなります。弁護士は全部の債権者と和解すると、借金整理の終わりの日はいつになるのかをお知らせします。また毎月の入金の確認もメールで通知します。メールのできない場合は手紙か電話になります。

自己破産をせず借金を返す

「借りたものは返す」を応援
 法律事務所ロイヤーズロイヤーズは、この様に自己破産のデメリットが日常生活において少ないとしても安易に推奨していません。実際自己破産者が増えるということは、不良債権が嵩み、しいては税金を増やす方向に傾むくことになります。
法律事務所ロイヤーズロイヤーズは、消費者問題に関心の強く、また借金整理に経験豊富な弁護士が、なるべく借金を返せるように取り組んできました。その実績は、100%に近く、借金をきちんと支払って終わらせる方法に成功しています。

自己破産以外の借金の整理方法は、任意整理(裁判所を経由せず弁護士が債権者と話し合いで解決する方法)や再生手続き(借金の額が100万から500万円までは一律100万円を、500万円から1500万円までは借金額の1/5を、1500万円から3000万円までは一律300万円を、3000万円から5000万円までは借金額の1/10をそれぞれ返済すれば借金を返さなくてもいいように裁判所を通じてする方法)などの方法があります

自己破産を考える前に

「借りたものは返す」のは資本主義社会では当たり前のルール。しかし法律事務所によっては、「実際には自己破産で得られるものは多くあり、一方で、失うものは少なく、少しのデメリットで大きなメリットを享受できる」と、最も幸せになれる選択として自己破産を推奨しているところもあります。確かに借金を返済することは大変なことです。売れるものを全部売ってみたがもう返済の方法がないときに、まじめな人ほど「死ぬしかない」などと考えてしまうのが現実です。そのために一家心中などの事件が起きています。そのようなことがないように命を守ってやり直しを後押ししてくれる法律が自己破産です。

自己破産のデメリット

メリットは借金を払わなくてすむ(当然ですが、パチンコや競馬などに使った借金は免責不許可事由といって借金をゼロにすることは認められませんが)ということは誰でもわかっていますね。ではデメリットはどういったことがあるのでしょうか。

1 社会的信用をすべて失います。つまり新たな借り入れができません。

2 官報に名前や住所が記載されます。地方によっては地方紙の新聞に名前や住所まで掲載されるところがあります。しかし通常は官報などを読む人は少ないので知られるということはあまり心配がないでしょう。
3 お金や財産があれば没収の対象になります。ただし預貯金20万円以下は生きていくうえで必要になる財産として認められます。

法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは自己破産しかないと思われてご相談される方のほとんどが「本当は自己破産したくない」と思われている方です。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは受任時だけでなく毎月に一度「生活収支表」の提出をお願いしています。面倒なようで様ですが債務整理期間を自分の生活更正のための特別な期間だと前向きにとらえていただき、金銭感覚をリセットしていただきます。節約も工夫してもらい節約上手になっていただき、債務整理中に貯金ができればベストだと思っています。
 自己破産というときは、お金がない状況ですから費用は分割で構いません。ですが費用を積み立てている間に、返済していけるようになることもあるので(収入がアップした。家族が協力してくれることになったな)、そういった条件が整えばいつでも自己破産の方針を任意整理あるいは再生手続きに変更できるので悲観しないことです。

       借金解決の第一歩はこちら
解決の方法を無料で提案します。 法律事務所ロイヤーズロイヤーズの名前では出しません。「6161.jp」で送付します。 ご家族に秘密に解決できるように配慮しています。多数の方が解決しています。どうかあなたも解決の第一歩を踏み出してください。応援します。