取扱業務|借金整理 不動産問題 

国土交通大学校で不動産専門の公務員を育成。サブリース被害救済は不動産専門の弁護士だからこそ力が発揮される。

借金問題は、債務整理に強い法律事務所ロイヤーズロイヤーズにお任せください。日本で初めて借金の悩み相談んを無料で開所。さらに将来金利カット・多重債務の送金業務は弁護士に一本化することで、手間いらずに完済に直結させる。返済が滞ったときこそ弁護士が力になる。

HOME > 取扱業務

取扱業務 民事も刑事もロイヤーズロイヤーズ

借金整理・不動産問題解決法律事務所

相続税対策としてのアパート経営のトラブル(サブリース契約)は不動産専門弁護士に!

任意整理は金利カットで分割払い・個人再生は元金減額分割払い・自己破産は元金金利すべてなし(除外あり)。元祖 借金無料相談法律事務所|借金整理王道の法律事務所 

 
 

貧困街で太鼓を鳴らす男貧困街で太鼓を鳴らす男

債務整理

現在の返済能力を上回る場合、返済し続けても利息金の支払いの負担が大きく、借金がなかなか減っていかないというお悩みを解決します。
ホームページ上から、或いは法律事務所ロイヤーズロイヤーズに直接ご連絡をいただければ「資料」をお客様にご送付します。資料には借金の情報を書き入れるようになっていますのでお客様が直接書き込んで送り返すなりfax(03-3402-5411)いただければ無料で解決策をご提案させていただきます。債務の返済のご相談をお受けした場合、お客様の収入状況、借入状況、現在お持ちの資産等を総合考慮して、お客様に最も適した債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の方法を分かり易く御提案いたします。

【サブリース契約から引き起きたローン返済トラブル】

アパートのオーナー側は、アパートローンを組んでアパートを建築していることが通常です。管理会社の家賃の減額や契約の打ち切りは、オーナーの生活に大きな影響を及ぼします。近年サブリース管理会社の倒産・賃料不払いといった事件が続発です。 当事務所の弁護士が全国の不動産専門の国家公務員のエキスパートを国土交通大学校で養成るかたわら、不動産・用地・アパート経営など国土交通省で警鐘を鳴らしている問題に本格的に取り組んでおります。「30年一括借り上げ賃料保証」「安定のアパート経営」などのセールストークでアパート建築を勧誘・またマンションを購入させるなどしておきながら、しばらくすると、家賃を一方的に減額されたり、契約を打ち切られたり、はたまた賃料未払いといった悪質なサブリース業者が目立ちます。早急なる対応は不動産専門弁護士にお任せください。

ローンが残る1棟建てアパートローンが残る1棟建てアパート

不動産・サブリース問題

【不動産問題】
不動産に関わる紛争事例としては、土地・建物の不法占拠、土地・建物の売買代金の不払、賃料の不払、賃料の増額・減額その交渉、賃料不払いを理由とする賃貸借契約の解除と明渡、相隣間の境界争い、抵当権の実行手続等、またマンション管理に付随する入居者間のトラブル等、様々な問題があります。当職弁護士は長年にわたり不動産を専門に研究し、「用地ジャーナル」等の判例に対する論文を寄稿、また全国各地で不動産の問題を講演し解決方法について説明してきました。不動産に関するお悩みは、
取得時効を中断させる法的手続き(裁判上の請求、差押え等)を採る必要があったという事案もございますので、早々に専門家に相談することです。不動産は資産価値が高く、ご相談者様の生活に大きく影響を及ぼす重要な問題です。悩みの方は、手遅れとなる前に一度当事務所の弁護士にご相談されることをお勧めします。
【サブリース被害」「30年一括借り上げなので安心!」「安定のアパート経営!」などのセールストークでアパート建築を勧誘しておきながら、しばらくすると、家賃が一方的に減額されたり、契約を打ち切られたり、という問題が起きています。

整備をする労働者整備をする労働者

商事事件・労働事件【使用者側】

【使用者側】
労働者の権利意識の高まりは近年にまして高くなている昨今、雇用主のみなさまへの社会の法令遵守(コンプライアンス)の要請は年々高まりを見せています。安倍政権でも「働き方改革」を銘打って大きく動き出したのは周知の事実です。その原因となったのは、過労・セクハラなド理由はありますが、この問題は身近な問題として意識が高まっております。
 労働関係諸法に従った正しい労使関係の構築は、社会からの信頼を得、従業員の生命安全を守り、そしてなにより事業体自身の健全な発達と安全のために不可欠のものと言えるでしょう。不幸にして労使トラブルが発生してしまった場合には、なるべく早く、適切な対応を取ることが不可欠です。労使トラブルにおいては、通常の民事事件と異なり、労働関係諸法や就業規則、労使協定などの様々な条項の何が適用される場面であるのかという点から争点が絞り込まれます。
 その場合、その条項の問題であると主張するのかの判断を誤った場合、場合によっては後になって取り返しのつかないことに発展する場合もあります。会社本体を守るのはトラブルの初動から、専門家のアドバイスの下で適切な行動を採ることこそ労使トラブル解決への近道です。

工事現場工事現場

労働事件【被用者側】

【被用者側】

あきらめていませんか?。あなたを守る法律があります。

形式的には労働関係諸法を守っているように取り繕いながら、実は労働関係諸法に違反しいるというケースは非常に多いものです。
 「給料をきちんと支払ってもらえない」・「残業代カット」・「有給休暇を無理にとらされた」・「突然会社から解雇された」・「自主退職を強要された」・「辞めたいのに辞めさせてもらえない」・「肉体関係を条西強要された」などなど。様々な問題が起きています。
当事務所でも、長期間にわたる会社の体質に泣かされてきた従業員の方のご相談を受け、正当な権利を勝ち取り喜んでいただいております。
「雇われているんだから、それを言ったら嫌がらせにあう」
「会社に逆らってクビになったら働き口がすぐに見つかるかも心配」
「どうせ会社と争っても勝てるはずがないし、時間もかかる。それに弁護士に依頼する費用がない」など。思い当たる節はありませんか?当職では勝ち取ったお金から弁護料を1割頂戴しています。着手金はないので、まずは一人で悩まずご相談してください。



家事をイメージした抽象画家事をイメージした抽象画

相続・離婚・少年

相続

平成27年度に相続税法が改正され、相続税が従来よりも大きく引き上げられており、相続税対策のご相談が増えております。
 相続が発生した場合、まず、相続人は相続財産を相続するか(単純承認)、それとも相続放棄をするか、あるいは被相続人の債務の限度で相続するか(限定承認・ただし相続人全員の同意が必要)を選択しなければなりません。限定承認・相続放棄の申述は被相続人が亡くなったのを知った時から3ヶ月以内にすることになっています(民法915条)。期間制限がありますので、注意が必要です。
▶3ヶ月間、限定承認・相続放棄の申述を家庭裁判所に対して行わなかった場合、自働的に単純承認したものと看做されまた。
▶また相続財産を処分する等、相続することを前提とする行為を行った場合にも、相続を承認したものと看做されます(法定単純承認・民法921条)。
▶相続人が相続を単純承認した場合、仮に被相続人が「遺言書」を残していなかった場合には、民法上の法定相続分に従い、相続人は相続財産を共有することになります。相続人は法定相続分を前提に、具体的に誰がどの財産を相続するかについて、遺産分割協議を行うことになります。
▶▶相続税の申告期限は「10ヶ月」です

行政記録を映したフィルム行政記録を映したフィルム

行政訴訟

行政事件は一般私人を相手方とする通常の民事事件とは異なり、相手方は国であり行政庁であります。
したがって、かかる紛争の解決には、かかる実務上の問題点をしっかりと認識・把握した上で、対応策を考える必要があります。当事務所では、歴代の弁護士が衆議院議員(初代)・参議院議員(2代目)として活躍し、現在においても国会議員に対して法律的アドバイスをするなど充実した法的サービスのご提供をお約束いたします。
 なお、行政事件は、取消訴訟の出訴期間が6ヶ月間と短期に定められているため、行政事件に特有の要件があり、早期に当事務所の弁護士にご相談ください。
▶税務署に対して、税務署長から所得税の更正処分等(追徴課税)を受けたときにその処分の適法性を争う更正処分取消訴訟・また更正処分の手続き上の違法・更正処分の理由不備に関する問題など。
▶公務員の分限免職処分に対する取消訴訟、外国人の退去強制処分に対する取消訴訟、運転免許の停止や取消しという処分に対する取消訴訟・無効確認訴訟・申請に伴う義務付け訴訟・併合訴訟など様々なものがあります。
※B型肝炎訴訟、土地収用法に基づく土地の強制収用・使用に伴う損失補償等は弁護士が大学で長年教えてきた専門分野です。当職の不動産専門弁護士であれば、もっとも有利な方法で解決に導くことをお約束します

スピードを出して走る自動車スピードを出して走る自動車

交通事故

、相手が任意保険に入っている場合には、保険会社がしっかりと損害の賠償してくれるので、弁護士にわざわざ相談・依頼するメリットはないのではないかと思われると思います。
 しかし、保険会社からの提示額というものは、妥当であるとは一概に言えません。裁判所が適正であると考える金額と一致しないということです。保険会社はできる限りお金を出したくないのです。裁判所の判例・基準に従い賠償額の提示を行っている訳ではありません。あくまでも保険会社独自の基準を用いて賠償額の提示を行っているに過ぎないということです。問題は一般の方が保険会社の「提示された金額が低い」と争っても、その主張に対する合理的な根拠をもって交渉する必要があり、それができなければ保険会社に有利なように言いくるめられるのが現実です。
 当事務所ではこれまで数多くの交通事故案件の代理人として交渉してまいりましたが、保険会社の提示通りの金額で和解を成立させたという事案は一件もありません。
その全てにおいて、保険会社から提示された賠償額からの増額に成功しています。
 保険会社から提示された金額に納得がいかないという方は、保険会社がついている場合は保険会社が弁護料を負担しますので弁護料を気にせず、当事務所の弁護士に一度、ご相談下さい。

事件があった屋上から見た都会の風景事件があった屋上から見た都会の風景

刑事事件

 逮捕による身柄の拘束は最大でも72時間であるのに対し、勾留による身柄拘束は通常10日、最大で20日間にも及びます。家族にとってはその心配は相当のストレスです。
 勾留後には、接見禁止処分がなされていない限りご家族などと面会することはできますが、ご家族などの一般の方の場合一回あたり15分から30分程度、警察官立会いの下で行う必要があり、話題も大きく制限されます。また、回数は勾留されている方にとって一日一回、しかも面会時間も多くは午後17時までと決められています。
 そのため、ご家族の方との面会は勾留されている方に若干の支えとなるものではあっても、その不安や孤独感は言い難いものがあります。現実に長期間の身柄拘束により、不安に押しつぶされ、疲れ果てたすえに、あるいはやってもいないことでもやったということにより少しでも身柄拘束期間が短くなることを期待する等の理由で、事実とは全く異なる説明・言い訳をしてしまう方います。そうなると一度口に出したことはなかなか覆すことは難しく厄介になります。
 弁護士は時間制限も回数制限もなく、かつ警察官の立ち合いなどの無い勾留されている方と弁護士だけの接見を通じ、勾留されている方の不安を取り除き、自暴自棄になって何でもやってないことまでやったなどといってしまうことをしないで済ますことができます。

警察により逮捕されてしまった場合、まずは警察官による取り調べが行なわれますが、この間は家族であっても接見することはできず、逮捕された方は一人で経験豊富な警察官による厳しい取り調べに耐える必要があります。
 また、逮捕されたことによるパニックによって自暴自棄になったり、孤独感・絶望感などから、警察官による誘導に迎合危するなど危険性が非常に高まる時期であり、その時に弁護士が付くのとつかないのでは大きな違いがあります。

HOME > 取扱業務

任意整理

 裁判所の手続によらずに、弁護士が債務者の代理人として、債権者に対して債務者に無理のない支払方法についての話合いをして和解することです。
①弁護士が債務者の代理人になることにより、まずは債務者の方にとっての一番の悩みである債権者からの支払督促を停止します。

②利息金の支払についても(一部)免除頂ける場合があります。任意整理手続きによれば、個人再生手続・破産手続と異なり、官報等に掲載されることはありません。また債務整理は、自分で言わない限り個人再生手続や自己破産手続において官報に掲載はされますが、実際官報を購読している方は少ないため周囲に知られることもありません(注・個人信用情報が信用情報機関に「事故情報」として登録します)。ただし、任意整理手続きにおいては元金自体の減額は難しいため、借金が多額で、今後5年以内での返済が不可能な収入状況のような場合には、任意整理手続きでは解決できかねる場合もありますが、その次の解決策として個人再生手続を検討します。

個人再生

任意整理手続きの方法でも返済がこのままの収入状況の下では困難である債務者の方が、全債権者に対する借金の総額を減額した金額について、(原則)3年間で分割して返済する再生計画を立て、債権者の認否・意見を聞いたうえで、裁判所が認可決定すれば、その再生計画どおりの返済をした場合は、残りの債務(公租公課等の税負担部分は免除されません)などが免除されるという手続。
 再生手続の利用に際しては、再生計画の内容として返済総額が、債務者が破産手続を選んだ場合に配当される額を上回らなければならないなど、細かな利用条件が定められていますので、詳しくは当事務所の弁護士にご相談下さい。

自己破産

当事者(債権者等が申し立てる場合がある)が申立を行うことにより,裁判所が破産手続の開始を決定します。財産がある場合などは,裁判所が破産管財人(通常は弁護士)を選任して,選任された破産管財人が債務者の財産を現金化して債権者に配当するという手続です。債務者の財産が極めて少ない場合、または現金化できる財産が存在しない場合については破産管財人が選任されないまま破産手続が廃止(終了)になります。
 ところで、破産手続開始の決定時点の債務は、破産手続の開始が決定されても当然に支払義務を免れる訳ではありません。支払義務を免れる(免除)ためには裁判所から別に「免責の許可」というものを受ける必要があります。破産をすることになった事情に浪費や詐欺行為などがある場合「免責の不許可事由」といって免責をを受けられないこともあります。そのような場合は少しずつでも借金を返済していくことになります。

       借金解決の第一歩はこちら
解決の方法を無料で提案します。 法律事務所ロイヤーズロイヤーズの名前では出しません。「6161.jp」で送付します。 ご家族に秘密に解決できるように配慮しています。多数の方が解決しています。どうかあなたも解決の第一歩を踏み出してください。応援します。
 

サブリース被害については弁護料で応援したいます(着手金1%、報酬金2%)

サブリース契約をしたアパートの空き室
不動産(投資、増減交渉、サブリース契約、サブリース被害、欠陥住宅、賃貸借、明渡し、境界相隣関係)に関しては、不動産のエキスパートを養成するために国土交通大学校で、全国にある地方整備局の不動産に関するノウハウを教えている研究者である弁護士が、不動産トラブルを解決するので安心です。

 

       サブリース被害お悩み相談はこちら
解決の方法を提案します。そのためには、情報が必要になります。その情報を「書き込む用紙」を送付するのでご記入の上ご返送ください。届き次第、具体的な解決方法を無料で提案します。法律事務所ロイヤーズロイヤーズの名前ではなく 「6161.jp」で郵送いたします

今月どうしよう・・・。返済するお金がない・・となったら、まず借りずに弁護士に相談してください。弁護士費用は分割でもお受けすることが可能です。

一度弁護士に借金を相談して和解してもらっても、自分で支払っていくとなると、「約定日に間に合わない」「今月はどうしてもおかねができない」といった現実が待っています。その時には、すでに弁護士は【辞任】してしまって、【債権者から直接請求される】ことになります。それがたびたびになると、再び弁護士に・・・ということになるのも現実。その時は、また新たに弁護士に着手金が必要になります。でも、その時には金利で借金が膨れ上がってしまっていたり、仕事を失っていたりと、結果的に破産になってしまう場合が多いのも現実です。
 そのようなことがないように当事務所では、和解しても辞任することなく完済するまで弁護士がサポートします。

債務整理には、破産・再生手続・任意整理という方法があります。
任意整理や再生手続は再建型といわれるもので完済を目指します。
当事務所では、「借りたものは返す」という方を応援するために、独自のシステムをとって完済を目指します
①弁護士費用は分割で、完済時に清算。受任と同時に債権者からの請求はストップします
②弁護士が和解しても、完済するまで辞任しません(弁護士との約束を厳守することが条件です)。弁護士が返済業務を代行します。
➂たとえ返済金ができなく遅れてしまっても、弁護士が債権者に事情を話して待ってもらうなどの対応をとります(返済原資の見通しが立たない場合は、破産になる場合があります)。ですからご依頼者(債務者)が直接請求を受けることがありません。
④毎月の債務残高は、メールでお知らせします。(郵送も可)

『絶対完済プラン』であれば,これらのことを全部まとめて頼むことができます。和解したらそれで終了・後の支払いについては債務者各位でさせるという大多数の法律事務所の無責任なやり方とは圧倒的に完済率が違います。せっかく塾に通うなら絶対に志望校に合格したですよね。それと同様にせっかく弁護士に依頼をするならきちんと完済したいじゃないですか!それが当事務所推奨の『絶対完済プラン』です。

親権や養育費など、お子様がいる場合は決めることは決めておかないと……でも、弁護士に相談する費用がないといった場合でも。

離婚の問題は、まず当事者間に離婚意思があるか否かで、その先が変わってくる。離婚の合意がなければ、まず、法律上離婚が認められるか否かから始まることになる。
 一方、離婚の合意ができているときは、子の親権者、養育費、婚姻費用の分担、夫婦共有財産の分割、慰謝料等の問題がある。

【離婚調停事件 交渉事件】
着手金 報酬金
それぞれ20万円から50万円の範囲内の額  ※離婚交渉から離婚調停を受任するときの着手金は,上記の額の2分の1 ※財産分与,慰謝料等の請求は,上記とは別に,1又は2による。 ※上記の額は,依頼者の経済的資力,事案の複雑さ及び事件処理に要する手数の繁簡等を考慮し増減額する。
【訴訟事件 】
着手金 報酬金

それぞれ30万円から60万円の範囲内の額 ※2 ※離婚調停から離婚訴訟を受任するときの着手金は上記の額の2分の1 ※財産分与,慰謝料等の請求は,上記とは別に,1又は2による。 ※上記の額は,依頼者の経済的資力,事案の複雑さ及び事件処理に要する手数の繁簡等を考慮し増減額する。

一般的に、交通事故をめぐる問題は、被害者と保険会社との間で起きる場合が少なくない。
 一方、加害者と被害者との間における問題は、事故における当事者間の過失割合が問題となる。さらには、後遺症をめぐる問題も大きな問題である。

着手金
事件の経済的な利益の額が 300万円以下の場合 経済的利益の8% 300万円を超え3000万円以下の場合 5%+9万円 3000万円を超え3億円以下の場合 3%+69万円 3億円を超える場合 2%+369万円 ※ 事件の内容により,30%の範囲内で増減額する。※着手金の最低額は10万円
 
報酬金
事件の経済的な利益の額が 300万円以下の場合 経済的利益の16% 300万円を超え3000万円以下の場合 10%+18万円 3000万円を超え3億円以下の場合 6%+138万円 3億円を超える場合 4%+738万円 ※ 事件の内容により,30%の範囲内で増減額する。

乗っ取りや、株主総会をめぐる問題など

株式の買占めによる会社の乗っ取りや、株主総会の手続の瑕疵、株主総会や取締役会の決議内容の無効など、株式会社に関するトラブルは少なくない。
 また、株式の担保(質権・譲渡担保)などについても問題がある。

弁護士報酬基準(旧東京弁護士会報酬会規(平成16年4月1日廃止)と同内容のもの)の最低金額で受任いたします