債務整理するなら 今でしょう

今から債務整理のために
 ここから>>債務情報を送信

初めての債務整理

HOME | 初めての債務整理

はじめての債務整理現役完済

債務整理を失敗させない

債務整理の成功は、完済するまで弁護士が見放さないこと。辞任しないこと

返済で躓くことは誰にでもある。その時が弁護士の出番

債務整理を依頼すると、弁護士費用の積み立てとか、万が一のための積み立てということで、支払いがストップになる。
しかしいざ返済が始まってみると、返済額は収入から日常経費を差し引いてもギリギリかオーバーする。
その時は、既に「ベンゴシ」は辞任していて、返済が遅れるようになるとまた、債務整理をしなければならなくなり弁護士を探すことになる。

まさに弁護士報酬を支払っている期間だけ返済がSTOPしただけのこと。また弁護士を探すとなると 裁判になる確率が高くなる。
 
 できれば同じ弁護士に完済するまで面倒を見てもらうのがベスト。

 


完済請負人 自分で決める毎月の入金額(受任時に目標実行金を決め、3~4か月後に実行金を見直します)

借金を返済するという意識の高さ

債務整理の柱となる、毎月必要となる借金返済のお金。これを法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは「実行金」と呼んでいます。

毎月の実行金はどうやって決めるのでしょうか?
借金を完済するコース(絶対完済コース)の場合でも個人再生でも、また自己破産でも、まずご相談時に、人整理可能圏内の金額をご提案します。

任意整理可能金額というのは、あくまでも99%可能だと思われる範囲の実行金額です。
ご依頼者の事情は様々であり、その事情を優先して受任時に、ご依頼者自身に実行金を決めていただき、その目標実行金3か月ご入金(4か月になる場合もあります)いただきます。

その間に、家計の収支表もご提出いただき、毎月の目標となる実行金をご入金いただき、入金できてもできなくても、実績と生活収支を対比させ、改めてご依頼者と今後の実行金を決定します。つまり方針を任意整理でいいのか、やはり自己破産かを決定することになります。

 


自分で決める実行金(毎月弁護士に決まった日に入金するお金のこと)

債務整理が不安で悩む女性

初めて債務整理する方

請求をストップ。それからでもゆっくり決めることは可能です

①まずは請求をストップ

請求が止まると、ほっとします。誰でもそうですが、心がほっとしないと考えがまとまりません。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、まず請求を止めてから、生活状況を重視し、その間にご依頼者が決めた目標入金額(目標実行金)を、実際に捻出してやりくり付くのかどうかを実践してもらう期間を取っています。およそ受任時から3か月間です。

それから方針(自己破産・任意整理・個人再生手続き)を決めていきます。


弁護士に辞任され絶望になっている男性

他の法律事務所で辞任された方

喜んでお受けします。今度こそ弁護士を変えずに完済を目指す

初めて債務整理する方と同じく、まずは請求を止めます。

弁護士に辞任され一斉に請求されている状態はパニックになっても当然です。
まずは請求を止め、それから一緒に考えます。
自分のことは自分が一番わかっているはず。毎月借金のために必要なお金はいくらだと、ご依頼者自身に決めていただきます。
これが目標実行金です。もちろん自己破産・任意整理・個人再生手続きのボーダーラインはご提示しますが、その金額が絶対とは言えません。返済原資が不足の場合は、できる限り長期の和解を組むようにして毎月の実行金を少しでも下げることができないかを模索します。


せっかくの和解でも返済が無理になった女性

借金返済ができなくなったら弁護士が債権者と再度交渉。

家族がいても一人で生活していても、返済ができなくなることはあります。でもご安心ください。
法律事務所ロイヤーズロイヤーズは、そういうときこそ「再度の和解」をしたり、個人再生手続きに変更したり、ご依頼者の事情に合わせた対応をとります。借金がゼロになるまで辞任しません。その時こそ力になりたいと考えています。


相談時から債務整理は始まる

家族にばれたくない、同居人に知られたくないという方もご安心ください。まずはお電話を。

依頼者参加型で決定する毎月の実行金
完済の意識が高まる毎月の実行金
債務整理の定番|絶対完済コース

家族にばれない前に、結婚する前に借金を完済しましょう
バレナイうちに債務整理

借金問題を解決する方法に、任意整理(にんいせいり)という方法があります。収入があり、毎月の返済金が減ってほしいとお考えの方に適しています。任意整理についてLinkIcon
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは債務整理を失敗させないために「絶対完済プラン」をご用意しています。絶対完済プランLinkIcon

自分で返済しているよりも、メリットは多いです。

任意整理をして不利な点は、新たな借り入れができなくなるということくらいです。そもそも借金漬けに懲りているわけですから、新たな借り入れができなくても一度生活をリセットするいいチャンスです。
 

任意整理でいいのかなと悩む女性
まずは請求をストップ!それから考える。受任時は、自分でも考えがまとらないのも当然。まずは目標とする毎月の返済額をご依頼者自身でお決めください。 (自己破産・任意整理・個人再生手続きのボーダーラインを提案します)
                                  任意整理の条件LinkIcon

最速で請求を止めることから始めます。最速で受任が可能になるのは
まずはメールする。
LinkIcon今すぐメールで無料相談

任意整理を教えてくれる弁護士 

家族に知られるのではないか?とか、返済金ができなくなったらどうしよう、などなど・・・。皆さんからよくある質問をピックアップしてみました。
 

 
 

はさみを入れたクレジットカード
受任から完済(借金がなくなるまで)の手続きの流れについての説明です

 
 

競売寸前でも間に合う場合があります。再生手続きという方法です。
 

 

自己破産と一人合点しないことです。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、現在収入がなくても、受任して数か月の間に就職(アルバイトでもOK)ができる場合もあるので、すぐに自己破産と決めてかかりません。収入があっても扶養家族が多く、自己破産しか生きる道がない場合もあります。まずは借金 専門の弁護士にご相談ください(無料)
 

 

完済までの金利をシミュレーションする

いくら返すと借金はなくなるか(借金自己診断)


 
今後いくら払えば(返済すれば)借金がなくなるのか、考えたことはあるでしょうか。今の借金に将来金利を加算した額を払いきると借金はなくなります。では実際にいくら払えばいいのでしょうか…早速シミュレーションしてみましょう。

債務整理の秘策 絶対完済プラン

完済して喜ぶ女性

 
 
 

 

家族に内緒で債務整理ができます。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは「今月の返済金どうしよう・・・・」といったときでも弁護士が、債権者に対して支払いの遅れについて交渉するので、家族や会社にばれることはありません。弁護士との約束をきちんと守って借金をなくしましょう!                      完済まで弁護士がフォローLinkIcon

借金問題・返済の相談窓口|債務整理のやり直しも可能です
債務整理で失敗された方,歓迎します。

実際に弁護士がヤミ金と電話している場面を目の当たりにできるので、弁護士が請求を止めてくれていることを実感できます。
 

住宅ローンの滞納

住宅ローンなどの滞納により、せっかく購入した家が競売に。再生手続きという方法であれば住宅を手放さなくても債務整理が可能になります。条件があるので早急に弁護士に相談してください

自己破産に追い込まれた男性
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは仕事がなくて自己破産しかないという場合でも、受任後、就職活動をしてそれでもダメと判断した時「自己破産」に方針を決定します。また返済途中でも返済原資を生み出せない状況に陥った場合自己破産に方針を変更できます          自己破産について
 
マンション投資

サブリース契約による借金問題は、不動産専門・借金問題解決専門弁護士にお任せ