法律事務所 ロイヤーズロイヤーズ Best Debt Solution Lawyer


もっと 暮らしの身近で

法律事務所 ロイヤーズロイヤーズ  


もっと 暮らしの身近で

HOME

債務整理|メリット・デメリットを理解し賢く活用

キャッシュレス決済の社会に対応した債務整理が求められています。プリペイドカードやデビットカードは自分のお金なので借金にはなりませんが、気を付けなければならないのはスマートフォン決済の便利さに慣れ切ってお金を使い過ぎた場合です。キャッシュレス社会だからこそ「返済がきつい・後払いの期限に間に合わない」時には債務整理を始めることが、キャッシュレス社会を生きる上で賢い活用法です。
債務整理をすると、ブラックリストに載ることを気にされている方もいますが、すでに返済ができない状況が続いている場合は、個人情報機関のブラックリストに載っているはずです。つまり債務整理をしてブラックになるなどと心配する必要はないので、借金を返済するめどが立たない方にとって債務整理をすることでブラックリストに載ることはデメリットにはなりません。債務整理をすると「官報に掲載される」と心配される方もいらっしゃいますが、任意の分割和解の場合は官報には載りません。自己破産や再生手続きは官報に載りますが、毎日官報を見てチェックして暮らすということは、通常考えられないので、官報に載ることで、知人に知られ恥ずかしい思いをするなどと心配することもないでしょう。
つまり債務整理をすることのデメリットは、考えなくていいということです。契約では完済するまでいくら払うのかを計算してみてください。金利をカットさせて払いきるまでの債務の総額を少なくして分割で払い終わる方法(任意整理)か、現時点での債務を圧縮して分割で払いきる方法(個人再生手続)か、いずれも最短で完済できるので債務整理はキャッシュレス社会を生きる上で信用回復の近道といえます。債務整理を活用して再びキャッシュレス決済が可能になるように生計を立て直すことが必要とされます。


債務整理で最短完済|キャッシュレス社会の信用回復

財布を持ち歩く手間がなくなり、ちょっとした買い物にはスマートフォンやカードだけで身軽にお出かけが可能になりました。まさにキャッシュレス社会到来です。
キャッシュレス決済とは、お札や小銭などの現金(キャッシュ)を使用せずにお金を払うことです。身近なところでは、クレジットカード、交通系電子マネーやQRコード決済などもキャッシュレス決済にあてはまります。
現金(キャッシュ)を使わずに支払いを行えるキャッシュレス決済には、「前払い(プリペイド)」「即時払い(デビット)」「後払い(ポストペイ)」と大きく3種類の支払方法があります。また、電子マネー、プリペイドカード、デビットカード、クレジットカード、スマートフォン決済といった決済手段があり、自分のライフスタイルや支払場面などに合わせて選ぶことができるようになり、いまでは不安を感ぜずにキャッシュレス決済の便利さに慣れてしまったのではないでしょうか?手間を省き便利になった日常に、気が付いてみると「請求書」が次々と時だし返済の遅れが始まっているという消費者が増加しているのも現実です。
そこで、法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは「もっと便利に賢く債務整理」を実現するためにより安心で支払いの手間のない債務整理を追及しております。もしお金を使い過ぎているなと感じたら、ぜひこのサイトから、明日の安心のために、キャッシュレス社会の債務整理を始めてみてください。
 


簡単に始められるる債務整理

 
法律事務所ロイヤーズロイヤーズに相談すれば、債務整理はいとも簡単、初めての方・やり直しの方でも楽々ご依頼することが出来ます。
一気に完済に向けて進行します。
さぁ 債務整理をしましょう。
そして、実際に多重債務でも完済・解決することができることを体感してみましょう。
その先に、借金返済をすることのない、もとの生活があります。

債務整理とは?

債務整理とは、借金を最短でなくしてしまう手続きのことです。完済する(分割和解・再生手続)か、自己破産という方法で解決を図ります。完済を目指す方法でも、払わなければならなかった金利を0%にすることで最短で完済することが可能になります。払えないと、ブラックリストに載ったままですが、早期に完済すればまた信用は回復します。キャッシュレス決済の社会にだからこそ、債務整理は恥ずかしいことではありません。むしろ債務整理をすることで早めに信用を回復するほうがキャッシュレス決済が普通になった社会を生きる我々にとって賢い選択です。
債務整理は、組織や企業または個人でも借金の返済が追い付かなくなった場合に救済する手立てをいいます。借金を払わなくてもいいようにする破産という方法ばかりではなく、最初に借りたときに合意したよりも少ない支払い額で、借金を返済することを可能にする債務(借金)救済の手続き(任意整理・特定調停・個人再生手続)があります。手続きの選択は、収入から生活経費を差し引いて残ったお金がいくらくらいなのかで、手続きの要件にあてはめ決めていきます。
債務(借金)の総額や収入、財産など状況によって適用要件が異なります。借金の総額や種類、収入のありなし、収入があったとしても変動するのか一定の収入が見込めるのか、収入の継続性、また手続きの要件に適合するのかなど、最も相応しい手段を選択します。
また、債務整理をすることにより、信用情報機関に記載されることになるため、債務整理の後数年(金融機関によってそれぞれ違います)のあいだは、新たな借り入れはできません。もっとも債務整理は借金から追われない生活の実現にあるのですから、債務整理中の新たな借り入れはご法度です。
 

債務整理の手続き(借金問題解決のための手段)の選択について

債務整理手続きの選択は3つのポイントから判断します。
以下の目安はあくまでも一般的なものです。裁判所に申立てすることは個人でもできますが、弁護士に相談されることをお勧めします。任意整理か、個人再生手続か、やはり自己破産しかないのかといったことは専門家に判断してもらいましょう。
 

1 収入があるのかないのか

財産もなく収入がないのであれば自己破産(同時廃止)です。ただし債務整理後に仕事が見つかった場合は、自己破産から任意整理または個人再生手続きの変更が可能になる場合があります。財産を整理してもなおかつ借金が残り、将来的に支払えない場合(収入の見込みが立たない)も自己破産になります。
 

2 借金の総額から選ぶ

毎月の返済可能額(返済原資)を36倍した額が借金総額を上回るようであれば、任意整理(にんいせいり)といって裁判所を経由せずに弁護士が直接債権者と話し合って返済方法を決める解決方法が可能になります。
 

3 個人再生手続きの適用要件(安定した収入が見込めて借金総額が5000万円未満)を抑える

毎月の返済可能額の36倍以上に借金総額が上回り、借金の総額が5000万円(住宅ローンや担保を処分して弁済できる債務、罰金を除く)を超えないようであれば個人再生手続が利用できます。
財産を処分したとしても借金の総額が5000万円を超えるようであれば自己破産を利用して解決を図ります。
 

債務整理の手続きの選択を間違わない

 
債務整理は、単に借金(債務)を解決するだけではなく、傾いてしまった生計を立て直すことまでを目的とします。そのために弁護士はご依頼者(債務者)の生活経費まで立ち入ってアドバイスします。そして債務整理をすることによって、豊かに暮らすための「お金の使い方 借金をしない暮らし」を実現いたします。
 借金返済に追われることなく心配のない安定した生活を実現するために、正しく(債務整理の手続きの選択を間違わず、返済原資確保に努める)債務整理をする必要があり、そのために弁護士に対して借金の支払先、将来必要となる支払いなどをすべて話しましょう。
そのうえで弁護士が債務整理の方針(手続きの方法:任意整理・個人再生手続・自己破産)を決めます。あくまでも方針ですから、実際に債務整理を始めてみて手続きの方法について、ご依頼者に確認のうえ決定していきます。
方針については債務者(ご相談者様)の希望や都合で決めるものではなく、債務整理に熟知している弁護士の方針に従うことがベストです。
そのためには何度でもご質問していただきご納得いただいたうえで債務整理を進めることが大事です。
 
無理な方針・設定(毎月の入金額など)をしてしまうと債務整理を持続することはできません。
そこで、ご相談者様の収入と生活状況に見合った方針・設定(毎月の入金額など)を綿密に検討します。
また、一度決めた方針でも、受任後のに収入減少などの理由で方針の変更・毎月の入金額の再設定などをして無理のない返済を可能にするなど、柔軟に対応いたします。
その結果、他の事務所で債務整理を辞任されてしまった方でも、法律事務所ロイヤーズロイヤーズであれば解決することができます。
 
 

正しく債務整理をして借金生活から抜け出す

法律事務所ロイヤーズロイヤーズは、任意整理中の返済金ができない等の緊急時は勿論、債務整理中の様々なお悩みをサポート。毎月の返済に躓いてもすぐに契約解除(辞任)という心配がないため安心してご相談いただけます。債務整理をしてよかったを実感できます。
 

正しく債務整理をするとは

自分よがりは正しい債務整理とは言えません。債務整理の手続きを正しく選択することはもちろん大事なのですが、正しく債務整理を行うには、①借金の原因に真摯に向き合い、②弁護士の指摘を受け入れ自分自身が深い反省に立ち、③収入から真っ先に返済原資(返済金のこと)を確保して残りのお金で生活していくことを身に付けることが大事です。
こういう生活の仕方を身に付けることで生計の更生を図ります。
たいていの債務者は、裁判所を経由しない方法で解決を図る任意整理を希望するところ、返済原資の不足が原因で弁護士が任意整理をすることが無理だと判断した場合はご納得がいくまで弁護士にご相談いただけます。そこで、債務整理を初めてお考えの方、やり直しをお考えの方からメールで生活情報をいただければ、弁護士が懇切丁寧に具体的な解決策(任意整理・個人再生手続・自己破産)をメールでご提案いたします。
スピーディな受任は勿論、ロイヤーズならではの充実したサポートは安心・安全・確実な債務整理をお約束いたします。

あなたに合った債務整理の方法を考えます|■無料


借金の返済が追い付かないと感じたら、債務整理です。返済してもなかなか借金が減らないと感じるのは返済金のほとんどが金利の支払に充当されるからです。債務整理により将来金利をカットすることで解決を図ります(任意整理個人再生手続)。もちろん返済するための原資がない場合は自己破産を検討する必要がありますが、
まずはご相談ください。あなたに合った適切な債務整理方法をご提案いたします。

債務整理の手続き|特徴・メリット・デメリット


債務整理メリット(共通)

完済までの返済総額を少なくする(任意分割和解・個人再生手続)か、返済する必要がない状態にできる(自己破産)。

債務整理デメリット(共通)

債務整理をしている期間は、信用情報機関に登録される(ブラックリスト)。ただし、すでにブラックになっている債務者にとって、返済のあてがなければ債務整理をすることでデメリット期間を短縮できると考えることができるとメリットになる。
債務整理のデメリット徹底検証

任意整理の特徴

任意整理は、裁判所を使わず債権者と私的に話し合いをすることで借金の減額、利息のカットなどの返済方法を考えて、和解を勧める手続き。

  • 自己破産と違って、一部の債権者を除外できる(保証人がいたり担保がついている場合など)。
  • 官報に載らない。破産者名簿にも載らない。
  • 裁判所を使わないので、呼び出しもない。面倒な書類作成や謄本など取り寄せる資料の手間もない。

 
詳しくはこちら >>

個人再生手続の特徴

  • 家・クルマのローン中(クルマに所有権留保がついていない)
  • かなりの減額が可能になる
  • 返済できない状態に陥ると自己破産になる。

 
詳しくはこちら >>

自己破産の特徴

  • 財産もすべて失うが、返済する必要がなくなる

 
詳しくはこちら >>

任意整理


 
ご依頼者様の返済が完了するまで辞任することなくサポートします。

 
任意整理のご案内です

個人再生手続


 
借金減額(原則として1/5に減額 100万円以下になりません)でマイホームを守ることができます。

 
個人再生手続きのご案内です

自己破産


 
どうしても返済できない時の最後の手段です。恥ずかしいことではありません。

 
自己破産のご案内です

これから債務整理をしたいと考えている方,
やり直しの方


初めての債務整理


 
受験を現役で勝ち取るように、債務整理も現役完済を実現します。

 
初めての債務整理のご案内です

債務整理のやり直し


 
債務整理のやり直しも可能です。債務整理に失敗された方、歓迎します。
 
債務整理のやり直しのご案内です

サポート&サービス


借金問題を確実に解決するために法律事務所ロイヤーズロイヤーズは、債務整理を成功させるサービスを充実させております。
 万が一返済金がご用意できない場合でも、解決に向けてご依頼者さまに寄り添い債権者と交渉します。頼りがいのある債務整理の法律事務所として借金にまつわるあらゆるご相談に親身になって対応いたします。

債務整理サポート

債務整理のサポートを受けるイメージ

 
ご契約内容の見直しや確認 ”返済に困った”時の対応を
幅広くサポートいたします。返済のスケジュールなど、スマートフォンのご指定のアドレスに送信いたします。
 

各種サービスのご案内

債務残高の確認などタイムリーなサービスを受けられるイメージ

 
支払いの手間を減らせてラクラク。毎月、支払い期限を何度も気にする必要もありません。家計のやりくりもしやすくなります。残高確認などタイムリーなサービスを提供します。
 

ロイヤーズロイヤーズの取り組み

豊富な経験&最先端のサービスを両輪とする最良の債務整理を実現するために、ネット時代にふさわしいスピーディなやりとりで返済が終了するまで辞任することなく解決を図ります。

 
  サステナビリティ情報

サステナビリティ活動の取り組みとして安心な社会への取り組みを始めているイメージ。

事務所情報

ロイヤーズロイヤーズの理念や所長メッセージ、概要、沿革、お問い合わせ先などを掲載しています。

 
       事務所情報

法律事務所ロイヤーズロイヤーズの事務所入り口の風景
法律事務所ロイヤーズロイヤーズの事務所入り口の風景

事務所情報

ロイヤーズロイヤーズの理念や所長メッセージ、概要、沿革、お問い合わせ先などを掲載しています。

 
       事務所情報