返済に遅れてしまっても始めよう債務整理

HOME > 債務整理はいつから始めるべきか

返済に遅れだしたら債務整理を始めよう


金融業者に一度でも返済ができなければ、それはもう債務整理をはじめるベストな時期です。というのは大抵の場合、翌月も返済できないからですし、二ヶ月分の返済をすることが困難だからです。「まだ大丈夫」と現実から目をそらしたい思いたい気持ちはわかりますが時間の問題。結局新たな貸金業者から借入をして返済する「自転車操業」が始まって、多重債務へ加速します。任意整理をするにしても債務額が多いほど毎月の返済金が高くなるので、そうなる前に債務整理をすることが大切です。「早期治療」(債務整理)自己破産から身を守ります。「まだ大丈夫」と侮らないでください。借金増加の進行は物凄く早いのです。
 

●相談から受任までが早く、いきなり請求がストップ
●返済手続きの手間なし 弁護士が一括管理
●返済ができないときに弁護士が債権者と再交渉
●解決するまで辞任しない
毎月の返済額可能な限り低額にできるよう長期の和解でサポート

返済ができない場合の対処の不安

 

債務整理の不安|万が一返済できない場合の対処法

 
弁護士に依頼しても、万が一返済ができくなったときでも、弁護士が再度和解交渉をするなどして、完済ができるようにします。
誰もが心配になる万が一。でも大丈夫。法律事務所ロイヤーズロイヤーズであれば弁護士は辞任することなく、なんとか返済が続くように交渉します。
 
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、債務整理中の何らかのトラブルに対して専用の相談窓口をご用意しております。ぜひご利用ください。
債務整理中のトラブル専用相談窓口
 
弁護士に毎月入金する金額を決めてできなかった場合、「辞任」されてしまうことがあります。当然弁護士が手を引くと 貸金業者から一斉に催促の電話がかかってくることに。毎月のお金が用意できず、困っているところに追い打ちをかけるように貸金業者からの催促が・・・。そんなことが起きないように、法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは辞任することなく、再び返済の計画を立て直し、債権者に提案します。
債務整理辞任による悩みを解決 >>
今すぐ無料でメール相談