HOME | 高い完済率で選ばれる法律事務所ロイヤーズロイヤーズ 

和解後の返済も弁護士が代行するから完済率が高い

高い完済率で選ばれる法律事務所ロイヤーズロイヤーズの債務整理のやり方とは?


1 和解後も弁護士が辞任せず債権者への返済を行う(返済代行)
2 和解後に事情が変わってしまい毎月の返済が苦しくなったら再和解もOK。
3 返済が遅滞してしまい、約款に抵触しても再和解します。
4 借金返済以外のことでも親切に相談に応じます。
5 返済金を捻出することができなくても連絡が取れていれば簡単に辞任することはせず、ご依頼者様の収入が安定するのを待ちます。
6 返済ができない理由いかんによって、方針(任意整理から個人再生手続へ、または自己破産へ)を変更することができます。
以上のようなやり方をしてるので、万が一途中で毎月の返済金(ご契約金)の入金ができない等の事情が生じても、債務整理のやり直しを考えることなく受任から完済するまで一度の債務整理で解決ができます。
とくに毎月の返済を自分で行うことは、約定日を気にしたり返済するための時間を考えたりしなければなりません。
そこで弁護士に一本化する(返済代行)ことで返済金を振込に行く時間や、約定日に間に合わないことで直接債件者から催促を受けるといった心配(債権者が数社あればそれだけで手間)もなく、弁護士が各社に返済期日に間に合うように振込手続きをするので返済日を気にすることなく仕事にも集中できます。
気になる借金の残高も弁護士が毎月メールで通知するので借金がどれだけ減るのかがわかり債務整理の終わりが近づくのがわかり人生の計画も立てやすくなります。
初めてでも・やり直しでも、便利で手間なしの債務整理を体験していただき、安心できる債務整理をご提供いたします。

和解どおりに完済まで払いきれるかどうか不安ではないですか


和解後に「遅れずに返済できる」ハズの債務整理(任意整理)/もともと払っていけると思って借りた借金や、ショッピングの後払いですが、払えなくなって債務整理をすることに。そうなったのは、離婚や子供が生まれたなどの家庭の事情や失職・病気といった生活環境や身の上の変化があるからです。
ですが家庭の事情や生活環境の変化などは、債務整理をする、しないに関わらず起きうることです。そうすると債務整理で和解が成立した後で「返済できない。払えない」といった事態は起きうることになります。その時に、弁護士が辞任していたら、債権者から直接の請求を受けるだけではありません。和解したとおりに払えず延滞してしまうと、損害金利がついてしまい今度はなかなか完済できない事態を引き起こしてしまいます。
 そうすると「債務整理をやってよかった」は何事も起きずに「完済」した場合だけということになりませんか。
債務整理をして和解が成立し、あとは自分で和解書のとおり払っていけばいいんだと思っていても払えなくなったという事態は、実は和解後の返済中に誰もが経験することなのです。
債務整理は将来金利が0%ですから、最短で完済できることは間違いないのですが、和解したとおりに払えず延滞してしまうと、損害金利がついてしまうため、再和解が必要になります。そこで、再び債務整理をし直すという事態を避けるために、法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは和解後も弁護士が返済を代行し、毎月の返済金が追い付かない場合は再和解交渉をして「返済の遅れ」に弁護士がスピーディに対応することで債務整理の弊害(デメリット)をなくしました。
 もし、債務整理で返済は自分で払っていて、毎月の返済が不安になってきたと思われたら、また再和解交渉をお願いしたいと思われたら法律事務所ロイヤーズロイヤーズで是非に完済してください。債務整理のやり直しを応援しております。

自分で計算するには面倒な残高管理も返済後に弁護士からメールで報告


何についても終わりが見えないのはつらいことです。終わり(目標)が見えてくると気持ちも明るくなります。債務整理も毎月徐々に借金が減っていくのがわかると、債務整理の終わりが近づくのがわかりモチベーションを維持することができます。
そこで法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、債務総額に対する債権者毎の債務比率で、按分して返済することにより、借金のすべてを同時期に終わらせることで債務整理の終わりを明確にしております。そして、すべての債権者との和解が成立した時点で、債務整理の終わりをお知らせしています。
また毎月弁護士から債権者毎の残高をメールで報告するなどのサービスにより、残高を毎月確認できるようにしております。その他、債権者毎に返済する手間を弁護士に一本化することで返済期日を気にする心配のない余裕のある債務整理を実現しております。

キャッシュレス社会到来!債務整理もラクで便利な債務整理を

政府は令和7年(2025年)までにキャッシュレス決済比率を4割程度にすることを目指し、キャッシュレスの普及に取り組んでいます。うたい文句は「支払いがスムーズになる」「買い物のちょっとした不便が解消される」です。確かに便利です。 使い過ぎてしまわないか心配という消費者に対しては「家計簿アプリとキャッシュレス決済を連動させることで自分がいくら使っているのかを自動で見える化することができるので安心」できるとしています。またセキュリティに関しても「消費者の安全と安心を守るために様々なセキュリティ対策が施され、クレジットカードでは、本人による取引を認証するための技術や、不正な取引を起こさないための技術、カード番号を守るための技術などを用いた対策が行われていいます。」として安全を強調しキャッシュレス決済を推し進めています。
しかし前払い(プリペイド)即時払い(デビット)後払い(ポストペイ)と使い分けているうちに、返済できずに請求書に追われる毎日になってしまったという消費者も急増しています。
そういう時こそ早めの債務整理です。ところが債務整理をしても弁護士が辞任してしまうと「自分で返済しなければならない」となると、債権者が何社もあれば返済するだけで時間がかかってしまい返済期日に遅れがちになるといった問題が浮き彫りになっています。
そのため再び債務整理をすることになってしまっている方も実は増えています。便利な生活になりきったためについつい買い物をしてしまうことを止めるのは、実は苦労かもしれませんが、いっとき我慢して早めに完済させましょう!
当事務所では便利な生活に慣れきってしまっている社会に対応した債務整理を目指し、様々なサービスを提供しています。
1 誰でもカンタンに債務整理が始められる
2 債務整理の見える化を推進
3 返済を弁護士に任せることで一本化
4 債務整理の終わりに債務がないことの証明「完済書」をまとめて受領できる
ぜひ、債務整理をあなたの暮らしの身近において、これからのキャッシュレス社会で、安心で充実した人生を歩んでいただくために賢く便利に債務整理をご活用ください。