サブリース被害救済対策の一環として、不動産サブリース被害対策専門弁護士がサブリース問関連の弁護料を特別低額に(着手金は経済的利益の1%、報酬金は2%)。

サブリース被害弁護料は特別価格

借金整理は受任から完済まで。完済時に弁護料を清算

資料請求 サブリース受付 債務整理(任意整理・再生手続・自己破産)について必要な資料を無料でお送りします。 

0120-316-018 サイムはイヤ 24時間受付相談無料

HOME > 弁護士費用

サブリース被害については弁護料で応援したいます(着手金1%、報酬金2%)

借金整理は借金がなくなるまで弁護士がサポート。返済が遅れても弁護士が交渉します。弁護料は分割可能。

不動産(投資、増減交渉、サブリース契約、サブリース被害、欠陥住宅、賃貸借、明渡し、境界相隣関係)に関しては、不動産のエキスパートを養成するために国土交通大学校で、全国にある地方整備局の不動産に関するノウハウを教えている研究者である弁護士が、不動産トラブルを解決するので安心です。

取扱業務
■相続・家事(遺言、遺産分割、離婚、親権、不倫)、
■債務整理(任意整理・再生・破産)、
■債権回収、労働(不当解雇、セクハラ、パワハラ)、
■不動産(投資、増減交渉、サブリース契約、サブリース被害、欠陥住宅、賃貸借、明渡し、境界相隣関係)、
■金融商品(株、FX、先物、その他)、
■交通事故、
■医療過誤、
■その他近隣・顧客・学校・取引先とのトラブル及びその予防など

 

弁護料で悩まない

30分 4,000円(税別) 以後15分ごとに1,500円(税別) 債務整理・生活保護に関するご相談は無料です。
★サブリースによる借金のご相談は、解決するまで無料にさせていただいております。

お客様にご納得いただいて解決したいので、なんでも相談していただきたいと考えています。

サブリースに関する借金の着手金は、経済的利益の1%・報酬金は2%(イレギュラーな場合もありますので、詳細については直接ご連絡ください)


弁護士報酬基準(旧東京弁護士会報酬会規(平成16年4月1日廃止)と同内容のもの)を前提としてご相談の上、決めさせて頂きます。

弁護士費用は借りずにご相談を


弁護士に受任してほしくて弁護料を借りて相談することはやめましょう。仮に借りても、親や兄弟、親戚は別ですが、消費者金融やヤミ金に借りてまでのご相談は、解決になりません。
①受任時に必要なのは、身分証明書・生活状況の情報です
②当事務所では、あなたの生活に見合った返済原資から解決策を立てます
➂毎月債権者に返済を履行しながら完済を目指す場合、弁護士が債権者に返済を代行し、完済書を取り付けるまでフルサポート。仮に返済が遅れるようなことがあっても弁護士が債権者と直接話し合うので、取り立てに気をもむ必要はありません。

今月どうしよう・・・。返済するお金がない・・となったら、まず借りずに弁護士に相談してください。弁護士費用は分割でもお受けすることが可能です。

一度弁護士に借金を相談して和解してもらっても、自分で支払っていくとなると、「約定日に間に合わない」「今月はどうしてもおかねができない」といった現実が待っています。その時には、すでに弁護士は【辞任】してしまって、【債権者から直接請求される】ことになります。それがたびたびになると、再び弁護士に・・・ということになるのも現実。その時は、また新たに弁護士に着手金が必要になります。でも、その時には金利で借金が膨れ上がってしまっていたり、仕事を失っていたりと、結果的に破産になってしまう場合が多いのも現実です。
 そのようなことがないように当事務所では、和解しても辞任することなく完済するまで弁護士がサポートします。

債務整理には、破産・再生手続・任意整理という方法があります。
任意整理や再生手続は再建型といわれるもので完済を目指します。
当事務所では、「借りたものは返す」という方を応援するために、独自のシステムをとって完済を目指します
①弁護士費用は分割で、完済時に清算。受任と同時に債権者からの請求はストップします
②弁護士が和解しても、完済するまで辞任しません(弁護士との約束を厳守することが条件です)。弁護士が返済業務を代行します。
➂たとえ返済金ができなく遅れてしまっても、弁護士が債権者に事情を話して待ってもらうなどの対応をとります(返済原資の見通しが立たない場合は、破産になる場合があります)。ですからご依頼者(債務者)が直接請求を受けることがありません。
④毎月の債務残高は、メールでお知らせします。(郵送も可)

親権や養育費など、お子様がいる場合は決めることは決めておかないと……でも、弁護士に相談する費用がないといった場合でも。

離婚の問題は、まず当事者間に離婚意思があるか否かで、その先が変わってくる。離婚の合意がなければ、まず、法律上離婚が認められるか否かから始まることになる。
 一方、離婚の合意ができているときは、子の親権者、養育費、婚姻費用の分担、夫婦共有財産の分割、慰謝料等の問題がある。

一般的に、交通事故をめぐる問題は、被害者と保険会社との間で起きる場合が少なくない。
 一方、加害者と被害者との間における問題は、事故における当事者間の過失割合が問題となる。さらには、後遺症をめぐる問題も大きな問題である。

乗っ取りや、株主総会をめぐる問題など

株式の買占めによる会社の乗っ取りや、株主総会の手続の瑕疵、株主総会や取締役会の決議内容の無効など、株式会社に関するトラブルは少なくない。
 また、株式の担保(質権・譲渡担保)などについても問題がある。