債務整理って何?

クレジット社会だからこそ必要とされる債務整理|自己破産・任意整理・再生手続

 生計の立て直しのための債務整理。債務整理をしながら収支バランスを正常化し安心した生活を取り戻す

債務整理には、自己破産(どうしても払えない時)・任意整理(少しずつでも分割で返済)・再生手続(裁判所に申立てます/借金の額を大幅に減額して返済をする方法)といったいくつかの方法があります。それぞれ特徴があり、自分の収入と支出からどの方法が可能かを判断します。

 

   24時間受付相談無料 
今すぐ無料相談  開けなかった方は>>相談シート希望
  
家族に内緒の方も安心してご請求ください。 「6161.jp」で届きます 

   

HOME | 債務整理の概要

table of contents 目次

借金で苦しくなった生計を立てなおすために弁護士がお手伝いするのが債務整理です。

債務整理(さいむせいり)とは、借金の解決方法をいいます。債務整理には任意整理(毎月の返済金を少なくして完済をめざす)・個人再生手続(裁判所に申し立てることによりって借金の額を大幅に減額できる・住宅を守りながら返済する)・自己破産(どうしても返済することができない場合、裁判所に申し立てることによって解決を図る)の方法があります。

債務整理というのは、債務の問題を解決するための方法(「任意整理」「自己破産」「個人再生」「消滅時効援用」)などの方法があります。 債務整理といっても、毎月の返済金がどの程度確保できるかによって解決の方法が違ってきます。ですが、どの方法がいちばんいいか分からないというのは当然です。弁護士は、ご依頼者の立場に立って、家計全体収入や、どうしても必要となる支出をお伺いして、最適な解決方法について、ご説明いたします。 債務整理のご相談は、無料で承っております。

リボ払いを続けているうちに、返済が苦しく感じ始めたり、銀行からの借入と安心していても返済の遅滞により保証会社からの請求が届くようになっていませんか?銀行カードローンやクレジットカード、消費者金融などへのご返済でお困りでしたら、「どこかで借りて返す」のはやめて、「債務整理(さいむせいり)」を検討しましょう。

債務整理をすることは借金解決の最短近道

弁護士に依頼すると、先にお金がかかるのではないかとしり込みをしてしまう方がいます。

弁護士費用分がかかる分自分でコツコツ返済したほうが余計なお金がかからないという考えもあります。ですが、コツコツ返済していても、そのコツコツが金利だけだったら、いつまでたっても借金はなくなりません。
債務整理(さいむせいり)をすることの最大のメリットは、任意整理(にんいせいり)という方法であれば、金利を払わずに完済できるため借金が早くなくなります。個人再生手続を利用した場合あ、自己破産をすることなく大幅に借金の額を減額してもらって借金 をなくすことができます。

債務整理とは?

借金の整理(任意整理・個人再生・自己破産)の総称です

負担の大きい毎月の返済を軽減する

 
借金の整理を、弁護士に依頼して解決を図ります。弁護士は困っている方の返済能力を診断して、借金の解決方法を考えます。借金の解決方法には、弁護士が債権者と任意に話し合い毎月の返済額を決めていく方法(任意整理・にんいせいり)と、毎月の返済額が任意整理をやるには不足する場合、裁判所に返済額を少なくしてもらうように申し立てる方法(個人再生手続・こじんさいせいてつづき)と、個人再生でも、毎月の返済の原資が不足する方には裁判所に払わなくても済むように申し立てる自己破産(じこはさん)という方法があります。どれを選ぶのかは、メリットデメリットも含め弁護士のアドバイスによって決めていくことになります。適切なアドバイスは、ご相談者の申告が基礎になりますので、毎月の収入とどうしても必要だと思われる経費を弁護士にきちんとわかってもらうことが、債務整理を成功に導きます。収入に嘘があったり、他にも借金があったりしても弁護士に全部言えないでいると弁護士がご相談者にとって最も適切な解決方法をアドバイスすることができません。結局任意整理を開始しても、すぐに返済に窮し弁護士から辞任されてしまうケースが多発しています。
 せっかく債務整理を開始しても、弁護士に辞任されてしまったら債務整理は失敗してしまいます。その時は、すぐにまた債務整理をやってもらう弁護士を探すことです。弁護士費用もまたかかってしまうことになります。当事務所ではたとえ途中で返済ができなくなっても、債務整理の方法の変更を可能にして、弁護士費用の無駄遣いが生じないようにしています。
 
債務整理はこちら債務整理はこちら

任意整理とは?

毎月の返済額をとことん少なくして完済を目指す

毎月の返済額を少なく分割返済

 
借金の整理(債務整理)方法として、弁護士が債権者と任意で話し合いをして、先にいくら払えば借金がなくなるのかを決めます。次に弁護士はご相談者(債務者)の生活に支障がない限度で毎月の返済金をできるだけ少ない金額になるように決めます。
つまり払いすぎた利息分(過払い金)の減額や将来利息のカットなどを弁護士が債権者と交渉し、裁判所を介さずに和解する方法。 定期的な収入がないとできません。おおよそ3~5年位で完済できるのが理想ですが、自己破産はしたくないという頑張り屋さんのために、5年以上の和解をお願いすることもしています。毎月返済できる方・毎月ではなくても2カ月に一度とか定期的な返済が可能であれば任意整理は可能です。
 
任意整理はこちら任意整理はこちら

個人再生とは?

任意整理ができない時の次なる手段

家を守りつつ借金返済を考えましょう

 
任意整理も再生手続きも一定額の収入が定期的に見込める方が対象になります。任意整理と個人再生の違いは、返済すべき債務総額に大きな違いがあります。任意整理の場合が、元金より少ない金額で和解をすることはめったにありませんが(事情によりあり得る場合があります)、再生手続きの場合は法の力を借りて、元金より少ない金額を返済して解決を図ることができます。裁判所から認可をいただく方法です。
▶つまり裁判所にお願いして(申立して)借金をぐっと減額してもらう手続きです。借金総額5,000万円以下の方で、裁判所をに申し立て、決定を得て大幅に減額された借金を原則3年程(特に事情があれば5年)で返済していく方法です。
▶またどうしても住宅は手放したくないけれど、住宅ローンの毎月の返済額が大きく生活が苦しい場合とか、他に借金がない方でも利用できます。▶住宅ローンだけでなく住宅ローン以外の借金もある方で、どうしても返済が遅れがちになり返済が苦しいという方にとって、個人再生手続は住宅ローンをそのままにして(住宅ローンのリスケジュールも可能)、住宅ローン以外の借金を法の力を借りて少なくできるため家を失いたくない方に最適です。

 
個人再生はこちら個人再生はこちら

自己破産とは?

どうしても、返済できないためにある手段

どうしても返済できない場合の解決策が自己破産

 
返済していくだけの毎月の収入が見込めず、どうしても返済が不可能な状態であるときに、法の力を借りて借金 をなくしてしまうことが可能です。財産がある場合は、管財人がついて財産を換金して債権者に分配することになります。分配しても残った借金 を免責といって支払いを免除してもらう方法が自己破産です。
▶返済の見通しが全くつかないなど支払不能の状態になった場合に、裁判所へ破産・免責手続きを行い、免責の決定を受けることで借金がなくなります。
▶必ず借金が100%なくなるというわけではありません。免責不許可事由といって、ギャンブルなど浪費をして作ってしまった借金は、少しづつでも返していくことになります。
▶今は仕事がなく、返済することはできないという方でも、あきらめずに弁護士にご相談することをお勧めします(当事務所では相談料は頂きません)。借金があると毎日のように債権者から「いつ返せるのか?」と期限をきられたり精神的に追い詰められてしまいます。そういった場合はすぐに当事務所にご相談ください。元気な体があれば働けるのですから、すぐに自己破産にしなくても就職活動をしてみて任意整理を目指してみましょう。
▶弁護士が受任すると、債権者からの督促がやむので就職活動に専念できます。とりあえずアルバイトを始めた方でも定期的な収入が見込めるのであればOKです。アルバイトから得られた収入から任意整理が可能か、再生手続きが可能かを検討します。つまり自己破産は最終的な方法です。

 
自己破産はこちら自己破産はこちら

債務整理の成功は、辞任しない弁護士を選ぶこと

債務整理の失敗とはいったいどういうことでしょうか。
せっかく債務整理を始めても「辞任」されて再び弁護士を探すことになる方は実に意外と多いのです。
▶弁護士から辞任されてしまうケースとして一番多いのは、なんといっても弁護士と約束した毎月のお金ができないことが挙げられます。債務整理を開始した直後は、毎月のお金には弁護士費用の積立金が全部であったりします。途中で弁護士費用の積立金ができずに辞任されてしまった場合、どういうことになるでしょうか?
メリットは、何一つありません。
債権者から直接の請求が矢継ぎ早に来ることになります。もちろん返済してない期間の遅延損害金がついてしまって借金が膨らんだ状態です。
つまり、弁護士費用だけが掛かってしまいいいことは何一つありません。
▶そういうことが起きないように債務整理をすればいいのです。相談した時から納得した債務整理を開始する、毎月の返済金ができない場合に辞任しない弁護士を選ぶことが債務整理を成功させます。当たり前ですけど…。

債務整理について弁護士が丁寧に説明しますので不安が解消できます。納得した債務整理の実現を目指します。その方の置かれた立場や事情を考慮し、最適な方法(任意整理・再生手続・自己破産・特定調停)を提案し、ご納得頂いたうえで債務整理を開始いたします。それまで(受任するまで)のご相談料は頂きません。
当事務所では、弁護士費用の積み立て期間を後回しにすることで、できるだけ返済原資を低額にできるように努力しています。
▶任意整理の場合、毎月の返済金を低額に抑えるためどうしても長期分割による解決方法(任意整理)になります。任意整理を選択されたご依頼者の不安は、なんといってもその間に「どうしても返済ができない」という事態になったらどうしようということです。ですがご安心ください。当事務所では返済に躓いてもすぐに辞任したりしません。そういうときこそ、弁護士が寄り添いそこから再度の和解交渉が可能か(任意整理のやり直し)、再生手続き又は自己破産の選択を考え、見放すようなこと(辞任)は致しません。ですから安心して債務整理が始められます。

高齢者の借金問題
借金で青息吐息
元金だけの返済なら完済できる
家計簿をつけて計画的な生活を実現

家計収支を重視する債務整理

何とか借金地獄から抜け出そうとする方にとっての救世主になろうと努力しています。

任意整理を扱う弁護士は多いと思いますが、家計簿にうるさい弁護士も嫌がられます。でも完済するためには、ムダを省き、浪費しないように生活習慣を見直し「決して見栄を張らない生活」が大事なのです。

債務整理の費用

債務整理(任意整理・個人再生手続・自己破産)により弁護士費用が違います。弁護士費用は着手金・成功報酬金がありますが、当法律事務所では借金問題の解決時にいずれも精算いただくようにしております。

債務整理の手続きの流れ

債務整理(任意整理・個人再生手続・自己破産)は受任から問題が解決するまで、手続きの流れが違います。

債務整理についてよくある質問

他人に借金のことが知られてしまうのではないかといった質問が多く寄せられています

債務整理(さいむせいり)を知る

借金解決に直結する

すぐに債務整理を始めたい方は、LinkIcon今すぐメールで無料相談 
開けなかった方は>>相談シート請求

0120-316-018

 

任意整理メニュー

キャッシュレス時代だからこそクレジットカードの信用を取り戻すことが大切。返済がきついと感じていたら、迷わず任意整理で、もう一度信用復活を図ることが賢明。
今の時代だから任意整理

家族にばれない前に、結婚する前に借金を完済しましょう
バレナイうちに債務整理

債務整理専門のテクニック

借金問題を解決する方法に、任意整理(にんいせいり)という方法があります。収入があり、毎月の返済金が減ってほしいとお考えの方に適しています。任意整理についてLinkIcon
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは債務整理を失敗させないために「絶対完済プラン」をご用意しています。絶対完済プランLinkIcon

自分で返済しているよりも、メリットは多いです。

任意整理をして不利な点は、新たな借り入れができなくなるということくらいです。そもそも借金漬けに懲りているわけですから、新たな借り入れができなくても一度生活をリセットするいいチャンスです。
 

任意整理でいいのかなと悩む女性
まずは請求をストップ!それから考える。受任時は、自分でも考えがまとらないのも当然。まずは目標とする毎月の返済額をご依頼者自身でお決めください。 (自己破産・任意整理・個人再生手続きのボーダーラインを提案します)
                                  任意整理の条件LinkIcon

最速で請求を止めることから始めます。最速で受任が可能になるのは
まずはメールする。
LinkIcon今すぐメールで無料相談

任意整理を教えてくれる弁護士 

家族に知られるのではないか?とか、返済金ができなくなったらどうしよう、などなど・・・。皆さんからよくある質問をピックアップしてみました。
 

 
 

はさみを入れたクレジットカード
受任から完済(借金がなくなるまで)の手続きの流れについての説明です

 
 

競売寸前でも間に合う場合があります。再生手続きという方法です。
 

 

自己破産と一人合点しないことです。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、現在収入がなくても、受任して数か月の間に就職(アルバイトでもOK)ができる場合もあるので、すぐに自己破産と決めてかかりません。収入があっても扶養家族が多く、自己破産しか生きる道がない場合もあります。まずは借金 専門の弁護士にご相談ください(無料)
 

 
個人再生メニュー
住宅ローンの滞納

住宅ローンなどの滞納により、せっかく購入した家が競売に。再生手続きという方法であれば住宅を手放さなくても債務整理が可能になります。条件があるので早急に弁護士に相談してください

自己破産に追い込まれた男性
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは仕事がなくて自己破産しかないという場合でも、受任後、就職活動をしてそれでもダメと判断した時「自己破産」に方針を決定します。また返済途中でも返済原資を生み出せない状況に陥った場合自己破産に方針を変更できます          自己破産について
 
マンション投資

サブリース契約による借金問題は、不動産専門・借金問題解決専門弁護士にお任せ
 

 
自己破産メニュー
やり直しメニュー
債務整理の関連ページ

[借金問題 関連記事 ]

  1. 相談しにくい借金の悩みLinkIcon
  2. 借金返済滞納による差押LinkIcon
  3. リボ払いは終わらない借金の入り口LinkIcon
  4. 今抱えている借金のシミュレーションLinkIcon
  5. 借金おさらばバイブル本LinkIcon
  6. 債務整理の概要LinkIcon
  7. 債務整理関連の法律LinkIcon
  8. 過払い金の実情LinkIcon
  9. 借金問題判例特集LinkIcon
  10. 借金整理用語集LinkIcon
  11. 元金分割 最短で完済LinkIcon
  12. 女性に優しい債務整理LinkIcon
  13. 絶対完済プランLinkIcon
  14. 債務整理やり直しLinkIcon
  15. ヤミ金LinkIcon
  16. 解決までの流れLinkIcon
  17. 教えて債務整理Q&ALinkIcon
  18. 債務整理の定番/任意整理LinkIcon
  19. はじめての債務整理LinkIcon
  20. 令和になったら借金完済LinkIcon
  21. みんなやってる暮らしに便利な債務整理LinkIcon
  22. バレナイないうちに完済LinkIcon
  23. リボ払いの限界LinkIcon
  24. カード社会の対応策は任意整理LinkIcon
  25. キャッシュレス対応のための任意整理LinkIcon
  26. 今時の債務整理LinkIcon
  27. 弁護士によって違いが出る債務整理の方法LinkIcon
  28. 完済するまで辞任しない弁護士を選ぶLinkIcon
  29. 債任意整理もいろいろLinkIcon
  30. メタボ家計のダイエットLinkIcon
  31. 債務整理の実情|任意整理の落とし穴LinkIcon

自己破産を考える前

  1. 競売寸前の家を守るのは個人再生手続きLinkIcon
  2. シニア世代の自己破産LinkIcon
  3. 自己破産を考える前に|自己破産をしなくてすむ方法LinkIcon
  4. 自己破産をしたくない|絶対完済プランLinkIcon
  5. 債務整理を成功させるLinkIcon
  6. あなたも絶対完済コースLinkIcon
  7. 自己破産してももう一度債務整理は可能LinkIcon
  8. 女性の借金問題を解決LinkIcon
  9. 自己破産のデメリットLinkIcon
よくある質問
刊行物・債務整理のバイブル本
お電話での予約
電話預託受付時間

24時間土日祝日受け付けます
メールでの相談予約

法律事務所
ロイヤーズロイヤーズ

〒107-0051
東京都港区元赤坂1-1-15ニュートヨビル6F