返済できないとカードが使えなくなるの?

クレジットカードの社会を生きるために任意整理で早期に信用復活を図る

 返済がきついと感じたときは任意整理を検討することが賢明です。返済の遅れを先延ばしにするといつの間にかブラックリストにのり、カードがあっても使えない状況に陥る。今の時代カードは保証のようなもの。任意整理をすることで、ブラックリストから早期に脱却を図る。

身近に利用する時代になった任意整理

カード社会にはやっぱり任意整理で、信用復活を図る

債務整理は完済まで完全フォロー
 

誰もが感じているのは、老後にまで借金生活が続いたらという不安

自己破産や再生手続きといった方法でなく、弁護士が裁判所を通さずに和解して完済ができる任意整理という方法こそ、今の時代にマッチする。

自己破産や再生手続きは、信用復活まで7年以上はかかってしまう。100歳時代だからこそ、賢いクレジットカードの利用方法を身につけ安心の老後を

債務整理の概要

HOME | カード社会に対応した今時の債務整理

リボ払いって知ってますか。

最近増えている「リボ払い」うたい文句は「一定のお支払で済ませたい、つい使いすぎてしまった、あなたの状況に合わせて設定可能な便利で安心のサービス。」
今この便利で安心のサービスのために借金生活から抜け出せない人が増加しています

 


リボ払い(リボルビング払い)とは

リボ払い(リボルビング払い)とは、「いくらお金を借りているか」にかかわらず、「毎月の返済額」のある部分を「定められたルールに従って固定化」し、返済する方法のことです。
ではいったい何が危険なのでしょうか。安くはない手数料がかかってしまうことにつきます。

 


今だからこそ任意整理

借金問題を解決するための、いくつかある方法があります。「任意整理」「自己破産」「個人再生」などの方法です。任意整理は裁判所を介さずに弁護士が債権者と交渉して和解する方法で解決を図ります。

クレジットカード決済用の端末を置く動きが広がったとしても、それによって消費者がそれらの店舗でクレジットカード決済を選択するケースが劇的に増加するとは考え難いと思われたのは、既に過去となっている。毎日買い物をしている人の中には、70~80歳代でもスマホを駆使している方も珍しくはなくなっている。 キャッシュレス決済になじみが薄いと思われている高齢層による決済手段は、既にスマホの普及により劇的に変化している。そのことは、後ろの行列が長くなっていても気にせずに、スーパーのレジでお財布から小銭を一生懸命取り出して支払おうとしている姿が減ってきているのをみれば、キャッシュレス時代の到来を考えざる得ない。それはまさにクレジットカード社会に日本国民がなじんでいると言えるのではないか。
そうであれば、債務整理をすることによりクレジットカードが使えないという状況を早く脱出する必要がある。時代の要請は、借金に躓いたときこそ早目の任意整理である。

 

任意整理という方法で債務をなくそう 

  
1 将来の金利がなくなるだけで、先が見える返済計画

2 弁護士が和解後も辞任しません。だから万が一返済に遅れても弁護士が対応
3 弁護士が返済計画を管理する。だから債権者が多くても返済期日に遅れない。

借金解決のためのスピード提案をご希望さる方(無料)

もっと具体的な親身になった相談を希望される方は資料請求を希望してください。

借金問題を最短でスピード解決

 
 

具体的な借金解決のための提案をいたします(無料)

催促を止めて、安心した生活を取り戻すための解決提案です

資料請求を受け付けてから、資料がお手元に届くのは遅くても2日ないし3日以内です。書き込んでfax(03-3402-5411)いただければ、faxをいただいたその日にご提案することは可能です(混雑の場合は翌日になることもあります)。返送の場合は、当職に届いたその日にご連絡をさせていただきます。なお、法律事務所の名前を伏せて送付します。送り主は「LAW.6161]でご郵送させていただきます。

同じ借金の悩みでも中身は同じではありません。住宅を手放さずに借金を解決したいと希望される方、収入はあっても扶養家族が多く返済が厳しい方、悩みは人それぞれです。そのためもっと親身になったご提案をさせていただく準備があります。それが「資料請求」です。
 

借金生活といっても返済できなくなるとブラックリストにのってしまう。そうなると使えなくなるのがクレジットカード。
しかし今の時代、もはやクレジットカードとは切っても切れない生活に突入している。いま50代の人は10年たつと、当たり前だが60才。つまり50代でスマホを駆使し、クレジットカードで毎日の買い物を決算処理している世代は、還暦になっても毎日がクレジットカードで決算している人たちばかりになるのだ。今借金で返済がきつくなったと感じているのであれば、間違いなく、任意整理という方法で早めに信用を回復しておく必要がある。

社会全体のキャッシュレス化がやってきた
それと債務整理どう関係ある?

消費税率引き上げにあわせ消費者にポイントを還元する景気対策で、クレジットカード会社に対し、小売りなどの加盟店から 増税分を原資にカード手数料を政府が補助して引き下げて、社会全体のキャッシュレス化を促すという時代の流れは無視できない。
クレジットカードを使うとポイント還元などと言っても既にブラックでカードが使えないという人は・・・?だからこそ、早めに債務整理して、クレジットカードが使えるように対策を立てる必要があるのです。

債務整理についてのよくある質問です

みんながよく質問することを載せました。

自分には関係ないと思っていても、「借金がなかなか終わらない」とか、「結婚する前に借金をなくしたい」とか「ブラックリストになると、借り入れができないのでは」・・・などよくある質問に弁護士が答えます。ぜひ参考にして債務整理の不安を解消してください。

 
教えて債務整理教えて債務整理


「家や車を手放したくないから債務整理はしたくない」と思われている方もいますが早めの手続きで財産を残すことができます。今現在、返済ができているご状況であれば財産を残して債務整理ができる[任意整理]の手続という方法があります。


任意整理は裁判所を経由せず弁護士が「元金を返済することを条件に返済を軽減してもらえるように和解交渉をする」手続きになります。ですから返済が続いてないとできません。今現在の返済金より減額できれば続くという方も「任意整理」が可能になります。


「持ち家をそのままで、持ち家に住宅ローンがついている場合でも、他の借金の整理はできます」個人再生という手続きで可能になります。もっとも、条件はあるのですが、家を確保しつつ借金整理が可能になります。「任意整理」や「特定調停」の手続きを行っても返済が難しいという場合に「個人再生」を検討します。


貸金業者に対して、法定金利を超える払いすぎた利息分の返還を行う手続きです。今は法律も2010年の改正でされて、法定金利以上の金利を取って貸し付けている業者はいなくなりました。ヤミ金はありますが) 。
2010年以前から借りているような長期間のキャッシングをされていたケースであれば、過払い金が発生している可能性があります


信用情報機関の信用情報に事故情報(いわゆるブラックリスト)が載ります。つまりお金が借りられなくなります。 完済から5~7年で消るようですが貸金業者によって違うようです。


確かにブラックリストになると新たな借り入れは難しいでしょう。しかしブラックリストの本質は「融資(ローン)が受けづらくなる」ことです。返済が遅れるとブラックリストに載るので債務整理を開始するのが賢明です。


基本的には一度だけ事務所にお越しいただければ大丈夫です 。わざわざ何度も来ていただく必要はございません。 後は電話やメール、郵送でのやりとりとなります。


ありません。弁護士が受任した時点で、貸金業者から直接債務者へ連絡することは禁止されているからです。


弁護料を含めても楽になります。楽になった分返済回数も増えるかというと、金利がカットされるので現状よりずっと早く完済できます。弁護士があなたに最適な債務整理の方法をご案内します。


借金整理をしても、ご家庭や会社に貸金業者から連絡がくることは一切ありません。弁護士が受任すると請求はぴたりと止まります。借金(債務)整理は、原則としてご家族や勤務先に秘密で進めることが出来ますので、ご安心下さい。


ありません。ご家族が保証人になっていれば別ですが、そうでなければ債務整理の対象になるのはご「本人」だけです。配偶者の方や子供には原則影響はでませんので、ご安心ください。


毎月の返済で元金に充当されず、利息にかかっているからです。例えば利息が1万の場合、「1万円返済して返済できている」と認識されている方は返済しても借金は減りません。元金が全く減っていなくても貸金業者は利息で売り上げを立てていますので、利息さえ入ればいいわけです。困るのは借金が減らない「あなた」です。

債務整理よくある質問
       借金解決の第一歩はこちら
解決の方法を無料で提案します。 法律事務所ロイヤーズロイヤーズの名前では出しません。「6161.jp」で送付します。 ご家族に秘密に解決できるように配慮しています。多数の方が解決しています。どうかあなたも解決の第一歩を踏み出してください。応援します。
 

債務整理よくある質問
       借金解決の第一歩はこちら
解決の方法を無料で提案します。 法律事務所ロイヤーズロイヤーズの名前では出しません。「6161.jp」で送付します。 ご家族に秘密に解決できるように配慮しています。多数の方が解決しています。どうかあなたも解決の第一歩を踏み出してください。応援します。
 
サブリース被害の手引き
       サブリース被害お悩み相談はこちら
解決の方法を提案します。そのためには、情報が必要になります。その情報を「書き込む用紙」を送付するのでご記入の上ご返送ください。届き次第、具体的な解決方法を無料で提案します。法律事務所ロイヤーズロイヤーズの名前ではなく 「6161.jp」で郵送いたします

キャッシュレス時代だからこそクレジットカードの信用を取り戻すことが大切。返済がきついと感じていたら、迷わず任意整理で、もう一度信用復活を図ることが賢明。
今の時代だから任意整理

家族にばれない前に、結婚する前に借金を完済しましょう
バレナイうちに債務整理

債務整理専門のテクニック

借金問題を解決する方法に、任意整理(にんいせいり)という方法があります。収入があり、毎月の返済金が減ってほしいとお考えの方に適しています。任意整理についてLinkIcon
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは債務整理を失敗させないために「絶対完済プラン」をご用意しています。絶対完済プランLinkIcon

自分で返済しているよりも、メリットは多いです。

任意整理をして不利な点は、新たな借り入れができなくなるということくらいです。そもそも借金漬けに懲りているわけですから、新たな借り入れができなくても一度生活をリセットするいいチャンスです。
 

任意整理でいいのかなと悩む女性
まずは請求をストップ!それから考える。受任時は、自分でも考えがまとらないのも当然。まずは目標とする毎月の返済額をご依頼者自身でお決めください。 (自己破産・任意整理・個人再生手続きのボーダーラインを提案します)
                                  任意整理の条件LinkIcon

最速で請求を止めることから始めます。最速で受任が可能になるのは
まずはメールする。
LinkIcon今すぐメールで無料相談

任意整理を教えてくれる弁護士 

家族に知られるのではないか?とか、返済金ができなくなったらどうしよう、などなど・・・。皆さんからよくある質問をピックアップしてみました。
 

 
 

はさみを入れたクレジットカード
受任から完済(借金がなくなるまで)の手続きの流れについての説明です

 
 

競売寸前でも間に合う場合があります。再生手続きという方法です。
 

 

自己破産と一人合点しないことです。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、現在収入がなくても、受任して数か月の間に就職(アルバイトでもOK)ができる場合もあるので、すぐに自己破産と決めてかかりません。収入があっても扶養家族が多く、自己破産しか生きる道がない場合もあります。まずは借金 専門の弁護士にご相談ください(無料)
 

 

 

家族に内緒で債務整理ができます。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは「今月の返済金どうしよう・・・・」といったときでも弁護士が、債権者に対して支払いの遅れについて交渉するので、家族や会社にばれることはありません。弁護士との約束をきちんと守って借金をなくしましょう!    完済まで弁護士がフォローLinkIcon
                              女性の借金問題を解決

借金問題・返済の相談窓口|債務整理のやり直しも可能です
債務整理で失敗された方,歓迎します。

実際に弁護士がヤミ金と電話している場面を目の当たりにできるので、弁護士が請求を止めてくれていることを実感できます。
 

完済までの金利をシミュレーションする

いくら返すと借金はなくなるか(借金自己診断)

元金と金利の比率

 
今後いくら払えば(返済すれば)借金がなくなるのか、考えたことはあるでしょうか。今の借金に将来金利を加算した額を払いきると借金はなくなります。では実際にいくら払えばいいのでしょうか…早速シミュレーションしてみましょう。

債務整理の秘策 絶対完済プラン

完済して喜ぶ女性

 
 
 
任意整理メニュー
個人再生メニュー
自己破産メニュー
やり直しメニュー
債務整理の関連ページ
住宅ローンの滞納

住宅ローンなどの滞納により、せっかく購入した家が競売に。再生手続きという方法であれば住宅を手放さなくても債務整理が可能になります。条件があるので早急に弁護士に相談してください

自己破産に追い込まれた男性
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは仕事がなくて自己破産しかないという場合でも、受任後、就職活動をしてそれでもダメと判断した時「自己破産」に方針を決定します。また返済途中でも返済原資を生み出せない状況に陥った場合自己破産に方針を変更できます          自己破産について
 
マンション投資

サブリース契約による借金問題は、不動産専門・借金問題解決専門弁護士にお任せ
 

 

[借金問題 関連記事 ]

  1. 相談しにくい借金の悩みLinkIcon
  2. 借金返済滞納による差押LinkIcon
  3. リボ払いは終わらない借金の入り口LinkIcon
  4. 今抱えている借金のシミュレーションLinkIcon
  5. 借金おさらばバイブル本LinkIcon
  6. 債務整理の概要LinkIcon
  7. 債務整理関連の法律LinkIcon
  8. 過払い金の実情LinkIcon
  9. 借金問題判例特集LinkIcon
  10. 借金整理用語集LinkIcon
  11. 元金分割 最短で完済LinkIcon
  12. 女性に優しい債務整理LinkIcon
  13. 絶対完済プランLinkIcon
  14. 債務整理やり直しLinkIcon
  15. ヤミ金LinkIcon
  16. 解決までの流れLinkIcon
  17. 教えて債務整理Q&ALinkIcon
  18. 債務整理の定番/任意整理LinkIcon
  19. はじめての債務整理LinkIcon
  20. 令和になったら借金完済LinkIcon
  21. みんなやってる暮らしに便利な債務整理LinkIcon
  22. バレナイないうちに完済LinkIcon
  23. リボ払いの限界LinkIcon
  24. カード社会の対応策は任意整理LinkIcon
  25. キャッシュレス対応のための任意整理LinkIcon
  26. 今時の債務整理LinkIcon
  27. 弁護士によって違いが出る債務整理の方法LinkIcon
  28. 完済するまで辞任しない弁護士を選ぶLinkIcon
  29. 債任意整理もいろいろLinkIcon
  30. メタボ家計のダイエットLinkIcon
  31. 債務整理の実情|任意整理の落とし穴LinkIcon

自己破産を考える前

  1. 競売寸前の家を守るのは個人再生手続きLinkIcon
  2. シニア世代の自己破産LinkIcon
  3. 自己破産を考える前に|自己破産をしなくてすむ方法LinkIcon
  4. 自己破産をしたくない|絶対完済プランLinkIcon
  5. 債務整理を成功させるLinkIcon
  6. あなたも絶対完済コースLinkIcon
  7. 自己破産してももう一度債務整理は可能LinkIcon
  8. 女性の借金問題を解決LinkIcon
  9. 自己破産のデメリットLinkIcon

資料請求から始める借金問題の解決

弁護士がメールで回答(soudan@6161.jpからメールで回答)

「6161.jp」で郵送します。同居人に知られる心配なし。
解決のために借金の情報を「書き込む用紙」が同封されていますので、記入してご返送いただくか,FAX(03-3402-5411)してください。                               資料請求 債務情報送信用(スピード解決) 
よくある質問
刊行物・債務整理のバイブル本
お電話での予約
電話預託受付時間

24時間土日祝日受け付けます
メールでの相談予約

法律事務所
ロイヤーズロイヤーズ

〒107-0051
東京都港区元赤坂1-1-15ニュートヨビル6F