受任は スピーディに、困った時こそ弁護士がの任意整理

返済に困った時こそ必要な弁護士・返済に遅れた時に威力を発揮

任意整理に失敗するということは、再度弁護士を探さなければならないということ。誰もが任意整理の不安を抱えている。その不安は「返済できない時はどーするの?」ということだ。

当事務所では、返済できない時に素早く弁護士が債権者と再交渉を開始するので、ご依頼者に直接の催促がいくことはありません。

 

自己破産を考える前に債務整理の専門弁護士に相談(無料)、債務整理専門だからこそ返済に困った時に力になれる。絶対完済コース(任意整理)に実績あり。 
債務整理王
 
絶対完済コースで任意整理を成功させる債務整理力  債務整理は何度でもチャレンジ応援します!

20180415_175421.jpg法律事務所ロイヤーズロイヤーズの入り口です。 ここが解決への第一歩です img20190110185505705041.png絶対完済したい!「絶対完済コース」を選択したマテ子 img20190110185554000896.png節約・節約・節約・・・・・実行日に実行金、実行日に実行金,実行日・・・ア アアアアア・・・借金をしないで生活するのは大変 ア アアア・・・・ img20190110185628664807.png少し借金が軽くなってきた 感じ? img20190110185654464419.pngもうちょっとで完済!気は抜けない。軽くなったのに へとへと。

HOME | 失敗しない債務整理

返済に困った時こそ弁護士が必要。絶対完済コース(任意整理)で安心な債務整理を

弁護士は辞任することなく、完済書を取り付けるまでサポートし続ける

自己破産かどうかの岐路・財産を全部失うかどうかの岐路にに立たされた場合は、債務整理の専門家に相談すること。自分の人生ですから、安易に自己破産と決めつけることはありません。

法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、債務整理で一番大切なことは、返済に遅れた時こそ弁護士が債権者と交渉することだと考えています。返済に遅れた時に必要なのが弁護士です。

任意整理とは、弁護士が裁判所を経由することなく債権者と話し合い、将来の金利をカットし、毎月すこしずつ返済していく方法を取りきめる方法で借金を完済させる方法です。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは返済を代行し、完済書を取り付けるまで辞任することなく、その間万が一返済が遅れるようなことがあっても、その時こそ弁護士が自己破産にならないように交渉します(絶対完済コース)。


任意整理か、破産かは本人の返済能力と返済意思とを考慮して決めます。破産は弁護士にとって任意整理より手間がかかるという法律事務所もあります。
 しかし法律事務所ロイヤーズロイヤーズはその逆です。破産は一時で終わりますが、任意整理は3~5年かけて終わるので、比較にならないほど依頼される方も弁護士にとっても大変な作業です。
本人にとって実行日に実行金が大切なことがわかっていても、本人が病気になったり不測の事態がおきると債務整理の危機です。この時は弁護士もてんてこまいになります。本人が、実行金の捻出が困難になると、返済ができません。、債権者から法律事務所にじゃんじゃんと催促の電話が鳴りつづけ、いちいち事情を話して待ってもらうのは、それだけで時間がかかります。また予め、返済が遅れるような場合は、各債権者に通知をするのですが、遅れる理由といつ返済が可能なのかを決めるなど、任意整理はご本人にとっても弁護士にとっても、決してラクに解決ができるわけではありません。それでも実行日(弁護士と決めた実行金を入金する日)に実行金を一度も遅れず続ける方が多いのは、法律事務所ロイヤーズロイヤーズが奨励する「家計簿をつける」を実行することで借金苦からの脱却をはかるために真剣に向き合うからだと実感します。

 


  債務整理のやり直し 歓迎します

債務整理を一度されて完済したけどまた借金苦に陥ってしまった方、他の事務所で辞任された方、自己破産を経験されている方、法律事務所ロイヤーズロイヤーズの任意整理を体験し、今度こそ借金地獄にはまらない自分を確立してください。

▶他の法律事務所で和解してもらったけれど返済ができずに、また同じ状態に追い詰められてしまった方
▶他の法律事務所で辞任されてしまった方
▶一度完済して、また借金ができてしまった方
▶自己破産をしても、また借金ができてしまった方
理由は様々ですが、ロイヤーズロイヤーズでは債務整理のやり直しを応援しています。
詳しくはこちら >>

債務整理のバイブル

  
借金解決のバイブル本

借金問題解決のバイブル

 

債務整理の王道は任意整理

借りたものは返すが王道

借金問題の解決のカギは
「弁護士に本当のことを言う」ことから始めます。
借金金ができた理由・家族関係・生活収支(ここは一番大事)
なんといっても自己破産のボーダーラインを教えるので、ボーダーラインが確保できなければ、アルバイトをするなりして収入を増やす。

自己破産ボーダーライン(返済原資)さえ確保できれば自己破産せずに完済できます。
絶対完済コースの中身を教えます。

 


任意整理の選択基準

返済能力

収入額から必要最低限の生活費を除外 

受任時は、収入と支出の状況を教えていただいても、実際とは違っている場合がよくあります。それはそうです。借金の返済に追い立てられパニックになっている場合もあるので、自分でもよく把握し切れてないのが現状です。ですから本当の返済原資を割り出すには、受任後の収入と生活費を少なくても3か月程度は家計簿をつけてもらい返済原資の算出が誤らないようにする必要があります。これは弁護士のためではありません。債務整理をする本人のためです。債務整理の継続は、返済原資の確保につきます。

毎月の給料が少なくても、給与以外に賞与があれば生活費ないし返済原資に振り向けられるので、ガッカリすることはありません。しかしボーナスが確実とは言えない場合は、アルバイトで補うとか工夫をすれば任意整理は可能になります。
また本人の収入が不足でも配偶者や親族の援助が可能な場合は収入に含め考えることができます。その場合は、本人の収入でないので、借金の援助に協力することを承諾していただく必要があります。弁護士が援助をしていただく方から、承諾いただくことが前提となります。

 


収入の確実性

収入の変動があるかないかは重要です

収入の確実性に不安がある場合は、任意整理が困難になる危険があります。現在の経済情勢からみてアルバイトは不安定な収入ともいえますが、長年勤めてバイト料も一定しているのであれば、アルバイトであっても問題はありません。正規社員であってもリストラにあったり将来のことは誰もわかりません。それでも収入が少なければアルバイトをするなりの努力が必要です

 


生活費の検討

出費の把握が肝心

食費・水道光熱費・衣服費・交際費・ガソリン代・交通費・電話代など毎月いくらかけているのかを項目ごとに出費を計算することは大事です。ものすごく大事です・自分の家計の反省につながり、自覚がでてきます。

▶アパートの更新料・自動車の税金などは予定されているので、少しづつお金を貯める必要があります。子供が病気になった場合の治療費なども、不測の事態に備えて貯金するようにしましょう。
▶ただしお若い夫婦であれば、子供が生まれると、生活自体が変わってきてアルバイトができないとか、ミルク代とかおむつ代とか、それまでの生活経費よりぐっとお金がかかってきます。ですから債務整理中は子供は見合わせるようにすべきです。酷なことですが、それほど任意整理は甘くはないということです。よく若い女性で友人の結婚式のお祝いに5万円も出費した方がいましたが、そのような見栄はしないことです。3,000~5,000円に抑えましょう。もう一度言います「見栄は張らない」ことです。帰省費用や冠婚葬祭費用はNGです。

 


生活上の問題点

なぜ借金をしたのかを考えること

生活上の問題点を考えて改善しない限り、債務整理は成功しません。はき違えないようにしてください。債務整理は借金をしなくて済むような健全な家計を実現することです。浪費が原因であれば、この浪費癖を自分で自覚してやめることです。

 


債務額

知人からの借り入れも債務額に含める

弁護士に知人・友人からの借り入れを除外して申告せずに、自分で別途支払っていこうとされる方もいます。自分で支払っていくにしても、いったん全部弁護士に相談してください。返済計画を立てるうえで重要になります。申告しなかった債務者を支払うために、結局生活費が不足し返済計画の破たんにつながります。

ご相談される方は、1万円・2万円程度の返済は楽だと思って、友人からの借り入れなどを弁護士に言わない場合があります。ですが友人に借りたお金は、元金返済にしてもらい、債務整理中であることを話して、毎月の返済額を減らしてもらうことです。貸金業者には金利をカットしてもらうわけです。ご友人には毎月多く返済資金了解です。 もつけるなんておかしいことです。ご友人には任意整理が終わるまで待ってもらうように頼んでください。1万円・2万円がどれほど大変かを知ることが債務整理の第一歩なのです。それと注意したいのは、自動引き落としの場合、借金をしている意識がない場合があります。自動引き落としも見落とさないで申告してください。また未払いの公租公課(地方税・国民年金・国民健康保険など)があったら、それも弁護士に相談することです。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、公租公課の滞納があまりにも高額になってしまった場合など、事案により弁護士が交渉します。

 


返済意思

返済能力より大事な注意事項

①これまで20万円ほど払っていたから、10万円に返済は楽だなど思う方
借りて返済していた場合(自転車操業)、20万円を収入から払っていたわけでないのに、思い違いをしてしまっているケース
②親や妻には迷惑かけたくないと思われている方。
任意整理は借りたお金に金利を付けて返済するところ、金利をカットして元金だけを返す方法です。そうすると貸金業者の儲けを踏み倒すことになる。社会に迷惑をかけても身内にだけは迷惑をかけたくないというのは、へんだと思いませんか?
➂借りたものは返すのが当然なので、破産は絶対に避けるという方。限界があることを知り必要があります。

これまでの生活費の不足を借金で賄ってきたから、借金が膨れ上がったことが全く分からない方は、自分の生活費がいくらかかるのかを把握で来てないから借金が膨れ上がったというべきです。ですから「家計簿をつける」のは、自分の生活費がいくらなのかを知ることなので、任意整理に欠かせません。
 また性格的に見栄っ張りであるとか、弁護士に前では正論を言っても、その場をうまく取り繕う性格であったりとか、もしそういった面があれば徹底的に自覚する必要があります。見栄っ張りは債務整理の敵です。一見自立心があるようでも、深刻さを理解しておらず問題を安易に考えている場合も要注意です。
●借入金なしで生活することがどれほど大変なことかを自覚して、任意整理の厳しさを自覚することが大事です。

 


支払期間

3年が目安

4年、5年になっても完済しています。ですが4年・5年先に何があるかわからないのに悠長に構えるのはよくありません。返済金が少なくなると楽に返済できるなどと考えずに、短期決戦で借金を返済したほうが間違いないです

 


その他の考慮事項

破産法の原則適用

任意整理の基本方針は、債権者平等の原則です。言うまでもなく、債権額に応じた按分比例の原則です。破産法のこの原則を任意整理の場合にも原則として貫くことは争いはなでしょう。しかし不動産がある場合や保証人がついている場合には、ある程度重大な影響があるので受任から除外もある。

不動産がある場合、売却して借金の返済に充てるというのが筋でしょうが、家を売却してもお金にならないような場合もあります。家がなくなると住むところを借りるためにお金が必要になり、今度は自己破産するしかなくなると、貸金業者も1円も回収できないということになります。いくら家があるといっても、そのまま住み続けながら任意整理した方がいいのは、債務者にとっても債権者にとっても同じこと。不動産があるからといって一概には判断できない問題があります。
抵当権が不動産についている場合なども、考える必要があります。また保証人がついている場合要注意です。破産すると、保証人にも迷惑がかかるので、あらかじめ予想される問題点を洗い出し、破産した場合のリスクを自覚することが重要です

 


法律事務所ロイヤーズロイヤーズのウリはなんといっても任意整理

債務整理の王道は任意整理と考える理由

任意整理は、債務整理の中でも弁護士が債権者と話し合って返済方法を取り決めます。5件あれば1件づつ取り決めていきます。
連帯保証人がいる場合は、主となる債務者が任意整理すると、すぐに連帯保証人のほうに取り立てがいってしまいます。ですから連帯保証人がついてしまっている債務については、連帯保証人からも委任状をいただき、連帯保証人にも請求がいかないようにするなど連帯保証人にも返済を協力できるか等の事情を詳しく聞いて、債権者にお支払いできる額を考えていきます。

借金が収入に比して多額の場合は、やはり個人再生を考えざるを得ない場合があります。ですが個人再生は倒産法の一つで、ある程度借金は少なくなっても、毎月きちんと必ず返済できるかたでないとやはり自己破産になってしまいます。
毎月の返済原資を確実に確保できるかどうかは債務整理の生命線です。
個人再生は裁判所を経由して国が、あなたの借金は●●円ですと決めます。ですからできない場合は、すぐに財産もなくなってしまうことを覚悟しなければなりません。安易な気持ちでは債務整理はできません。
任意整理で解決できるうちに解決することをお勧めします。
 


法律事務所ロイヤーズロイヤーズの任意整理のウリ?とは

素早い受任
 

受任は素早い

だから請求が早くSTOP

ホントに完済できるの?できます。その代り、実行日と実行金は守ること。
●受任時には必ず全部の債務を弁護士に打ち明けること
実行日に実行金が合言葉
 

ご入金は入金確認メールで通知

実行日と実行金さえ守れば完済は確実。

毎月の実行金(弁護士と約束した自己破産にならないボーダーラインより上の額)を確保するため、お給料日の次の日に入金すること
・毎月の実行金を入金すると「入金確認メール」が届く
借金が少し軽くなった
 

和解が成立したら予定表をお渡しします

月末返済で、残高確認メールで通知

借金が少なくなっていくのが確認できます
予定表通り完済
 

予定表どおりの完済

完済書をお渡しします

10件借金があるとすると、法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは最終入金(実行金)をもって、全部の借金が終わります

借金整理は、早い方がいい。ステップ1,2,で始める債務整理

img20181029163328832113.png誰にも言えない どうーしよう… img20181029163515311592.pngどうしようもない…・ img20181029163729146116.pngステップ1 書きこみ用紙ダウンロード img20181029163701059722.pngステップ2 書きこみ用紙 送信
 

ステップ1、2で始める債務整理。ステップ1はダウンロードから。

ステップ1は  借金の情報を書き込む用紙をダウンロードする   

LinkIcon書き込み用紙(pdf版)
LinkIcon書き込み用紙(エクセル版)

 
ステップ2で ダウンロードした書きこみ用紙をfaxする

  fax 03-3402-5411
  またはメールするsoudan@6161.jp

 
 
ステップ3は 弁護士からEメールで解決策が届く(無料)
Eメールは必ず届く。届かない場合は着信拒否になっていない要確認。

ヤミ金引き受けます ヤミ金を除外すると自己破産にまっしぐら。

ヤミ金を含めて借金整理,実績のある弁護士にお任せ!

 相談日当日、委任契約後、ご依頼者いるところから(目の前で)直接ヤミ金融業者に電話をして、催促をストップさせます。実際に弁護士がヤミ金と電話している場面を目の当たりにできるので、弁護士が請求を止めてくれていることを実感できます

誰もが不安な債務整理。でも絶対完済コースであなたもサイムをなくしましょう!

 

Q:家族や職場に連絡がくるのではないか心配?

  

借金整理をしても、ご家庭や会社に貸金業者から連絡がくることは一切ありません。弁護士が受任すると請求はぴたりと止まります。借金(債務)整理は、原則としてご家族や勤務先に秘密で進めることが出来ます。

 

Q: 和解どおりに返済できなくなった場合はどうなりますか?

 

和解どおりに返済できなくなった場合は,すぐに弁護士に相談してください。一時的に返済が困難である場合には,貸金業者へ支払を猶予してもらえるよう交渉します。また,返済できない状況が一定期間発生した場合,取りあえずは積み立てていただいたプール金から支払いをすることもできます。万が一,今後も和解内容どおりの返済が困難な場合には,和解の組み直しについて貸金業者と再交渉もします。
どうしても返済が再開できない場合,また,再開したとしても再び返済できない状況に陥ってしまいそうな場合には「自己破産」や「民事再生」の手続を検討することになります。
会社を退職せざるを得なかったり,病気になって失職した等,止むを得ない事情で返済ができなくなってしまった場合は,債務整理の方針を変更することも必要です。返済ができない状況になったら,ひとりで悩まずにすぐ弁護士に相談してください。

 

Q: 任意整理をすると保証人はどうなりますか?

 

弁護士が受任した場合,本人には取立行為は禁止されますが,保証人にはその効果は及びません。この場合,債権者から直接保証人に請求が行くことになります。保証人がいる借金がある場合,保証人の方とよく話し合い,保証人の方に返済してもらうか,保証人の方も同時に任意整理を行うなどの対処が必要になってきます。

 
 
もっと詳しく債務整理を知りたい方は >>

 

借金用語 どこよりも優しく そっと教えてあげます    

知っておくと便利 債務整理用語集

 
━━━グレーゾーン…ってどういうことを?教えてください。

  • グレーゾーン…法律(利息制限法)で決められた金利の限度(通常18%)を超えても,出資法の限度(29.2%)以内であれば,刑事罰にならないとされる範囲の金利のこと。今現在グレー損は存在しない。
過払い金とグレーゾーンの関係

過払い金はグレーゾーン金利によって生じています

━━━遅延損害金…返済が遅れると何か変わるの?
 

  • 遅延損害金…支払期日に支払ができなかった場合に,債権者に対して支払わなければならない損害賠償金。ペナルティ。

━━━ブラックリスト…については、どう思いますか?
 

  • ブラックリスト…金融業者が、契約者の情報を信用情報機関に登録したリストのことを言います。何も問題が発生していなくても、借入の事実は登録されます。そのリストに返済に問題があると登録されることが、一般的にブラックリストに載ると言われていますが、ブラックリストと称するリストが存在するわけではありません。俗称です。

 

誰にも聞けない簡単な用語,例えば「債務者」ってどういうこと?などなど…聞いてください。

 
 債務整理用語集はこちら >>

⑴ 元衆議院議員の弁護士が昭和初期に開設し,どこよりも早く無料法律相談を始めた歴史ある法律事務所です。
⑵ 近年増加しているサブリースに絡む事件について,法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは弁護料を低額にすることで,困った方を支援したいと考えています(相談料は何度されても無料)。


Tel : 03-3402-5111  
Fax :03-3402-5411

mail : soudan@6161.jp

Outline

事務所

法律事務所ロイヤーズロイヤーズ

住所

東京都港区元赤坂1-1-15 ニュートヨビル6階

代表

弁護士 竹内俊雄

借金解決に直結する

すぐに債務整理を始めたい方は、LinkIcon今すぐメールで無料相談 
開けなかった方は>>相談シート請求

0120-316-018

 

任意整理メニュー
個人再生メニュー
自己破産メニュー
やり直しメニュー
債務整理の関連ページ

キャッシュレス時代だからこそクレジットカードの信用を取り戻すことが大切。返済がきついと感じていたら、迷わず任意整理で、もう一度信用復活を図ることが賢明。
今の時代だから任意整理

家族にばれない前に、結婚する前に借金を完済しましょう
バレナイうちに債務整理

債務整理専門のテクニック

借金問題を解決する方法に、任意整理(にんいせいり)という方法があります。収入があり、毎月の返済金が減ってほしいとお考えの方に適しています。任意整理についてLinkIcon
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは債務整理を失敗させないために「絶対完済プラン」をご用意しています。絶対完済プランLinkIcon

自分で返済しているよりも、メリットは多いです。

任意整理をして不利な点は、新たな借り入れができなくなるということくらいです。そもそも借金漬けに懲りているわけですから、新たな借り入れができなくても一度生活をリセットするいいチャンスです。
 

任意整理でいいのかなと悩む女性
まずは請求をストップ!それから考える。受任時は、自分でも考えがまとらないのも当然。まずは目標とする毎月の返済額をご依頼者自身でお決めください。 (自己破産・任意整理・個人再生手続きのボーダーラインを提案します)
                                  任意整理の条件LinkIcon

最速で請求を止めることから始めます。最速で受任が可能になるのは
まずはメールする。
LinkIcon今すぐメールで無料相談

任意整理を教えてくれる弁護士 

家族に知られるのではないか?とか、返済金ができなくなったらどうしよう、などなど・・・。皆さんからよくある質問をピックアップしてみました。
 

 
 

はさみを入れたクレジットカード
受任から完済(借金がなくなるまで)の手続きの流れについての説明です

 
 

競売寸前でも間に合う場合があります。再生手続きという方法です。
 

 

自己破産と一人合点しないことです。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、現在収入がなくても、受任して数か月の間に就職(アルバイトでもOK)ができる場合もあるので、すぐに自己破産と決めてかかりません。収入があっても扶養家族が多く、自己破産しか生きる道がない場合もあります。まずは借金 専門の弁護士にご相談ください(無料)
 

 

 

家族に内緒で債務整理ができます。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは「今月の返済金どうしよう・・・・」といったときでも弁護士が、債権者に対して支払いの遅れについて交渉するので、家族や会社にばれることはありません。弁護士との約束をきちんと守って借金をなくしましょう!    完済まで弁護士がフォローLinkIcon
                              女性の借金問題を解決

借金問題・返済の相談窓口|債務整理のやり直しも可能です
債務整理で失敗された方,歓迎します。

実際に弁護士がヤミ金と電話している場面を目の当たりにできるので、弁護士が請求を止めてくれていることを実感できます。
 

完済までの金利をシミュレーションする

いくら返すと借金はなくなるか(借金自己診断)

元金と金利の比率

 
今後いくら払えば(返済すれば)借金がなくなるのか、考えたことはあるでしょうか。今の借金に将来金利を加算した額を払いきると借金はなくなります。では実際にいくら払えばいいのでしょうか…早速シミュレーションしてみましょう。

債務整理の秘策 絶対完済プラン

完済して喜ぶ女性

 
 
 
住宅ローンの滞納

住宅ローンなどの滞納により、せっかく購入した家が競売に。再生手続きという方法であれば住宅を手放さなくても債務整理が可能になります。条件があるので早急に弁護士に相談してください

自己破産に追い込まれた男性
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは仕事がなくて自己破産しかないという場合でも、受任後、就職活動をしてそれでもダメと判断した時「自己破産」に方針を決定します。また返済途中でも返済原資を生み出せない状況に陥った場合自己破産に方針を変更できます          自己破産について
 
マンション投資

サブリース契約による借金問題は、不動産専門・借金問題解決専門弁護士にお任せ
 

 

[借金問題 関連記事 ]

  1. 相談しにくい借金の悩みLinkIcon
  2. 借金返済滞納による差押LinkIcon
  3. リボ払いは終わらない借金の入り口LinkIcon
  4. 今抱えている借金のシミュレーションLinkIcon
  5. 借金おさらばバイブル本LinkIcon
  6. 債務整理の概要LinkIcon
  7. 債務整理関連の法律LinkIcon
  8. 過払い金の実情LinkIcon
  9. 借金問題判例特集LinkIcon
  10. 借金整理用語集LinkIcon
  11. 元金分割 最短で完済LinkIcon
  12. 女性に優しい債務整理LinkIcon
  13. 絶対完済プランLinkIcon
  14. 債務整理やり直しLinkIcon
  15. ヤミ金LinkIcon
  16. 解決までの流れLinkIcon
  17. 教えて債務整理Q&ALinkIcon
  18. 債務整理の定番/任意整理LinkIcon
  19. はじめての債務整理LinkIcon
  20. 令和になったら借金完済LinkIcon
  21. みんなやってる暮らしに便利な債務整理LinkIcon
  22. バレナイないうちに完済LinkIcon
  23. リボ払いの限界LinkIcon
  24. カード社会の対応策は任意整理LinkIcon
  25. キャッシュレス対応のための任意整理LinkIcon
  26. 今時の債務整理LinkIcon
  27. 弁護士によって違いが出る債務整理の方法LinkIcon
  28. 完済するまで辞任しない弁護士を選ぶLinkIcon
  29. 債任意整理もいろいろLinkIcon
  30. メタボ家計のダイエットLinkIcon
  31. 債務整理の実情|任意整理の落とし穴LinkIcon

自己破産を考える前

  1. 競売寸前の家を守るのは個人再生手続きLinkIcon
  2. シニア世代の自己破産LinkIcon
  3. 自己破産を考える前に|自己破産をしなくてすむ方法LinkIcon
  4. 自己破産をしたくない|絶対完済プランLinkIcon
  5. 債務整理を成功させるLinkIcon
  6. あなたも絶対完済コースLinkIcon
  7. 自己破産してももう一度債務整理は可能LinkIcon
  8. 女性の借金問題を解決LinkIcon
  9. 自己破産のデメリットLinkIcon
よくある質問
刊行物・債務整理のバイブル本
お電話での予約
電話預託受付時間

24時間土日祝日受け付けます
メールでの相談予約

法律事務所
ロイヤーズロイヤーズ

〒107-0051
東京都港区元赤坂1-1-15ニュートヨビル6F