おまとめローンよりお得な任意整理

 おまとめローンはそれほど得ではない それより怖いデメリット

任意整理は金利がゼロになるためおまとめローンよりお得。さらに弁護士が返済を管理する場合は、弁護士に一本化されるためおまとめローンよりメリットは大きい

任意整理は弁護士におまとめ一本化

法律事務所ロイヤーズロイヤーズの借金整理は完済までフォロー。弁護士に一本化

バレナように任意整理するには弁護士に受任から和解後の返済まで代行してもらうこと。

HOME | 任意整理は弁護士に一本化

table of contents 目次

おまとめローンと債務整理 どっちがお得?

低金利の借入でおまとめすると、どのくらい得するの?

おまとめローンにして借金を一本化したら毎月の返済額は安くなる?」 「おまとめローンの審査はきびしい?複数のクレジットカードや消費者金融から借金をしていて、少しでも借金を減らそうと「おまとめローン」を検討する人は多いです。スター銀行のおまとめローンのコマーシャルをみて依頼した方も多いでしょう。
しかし、おまとめローンは多額の借り入れとなるため審査が厳しく、もし審査に通っても金利がついている以上支払総額が増えてしまう可能性もあります。
 

貸金業者から合計200万円を借りておまとめした場合、S銀行で200万円のおまとめローンを組むと、それまでの貸金業者には一括で返済して、まとめてS銀行に返済をすることになります。 ただし、このときのおまとめローンの利息が10%だったとしたら、1年間で20万円の利息がつくことになります。
返済期間が2年、3年と増えていけば、さらに何十万という利息を支払うことになります。利息が減った分、得した感じになりますがそれでも多くの利息を支払う必要があるということになります。

おまとめローンのメリットってあるんですか?

金利の問題です。現状4社あって、それぞれ金利が12%以下であったとします。ですがおまとめローンできんりが14%になった場合、増額した金利の分だけ、支払いが膨らみます。おまとめローンの金利が、それまでの貸金業者の金利より低金利の場合は、お得になります。

おまとめローンのデメリットを教えてください。

①金利がそれほど安くならない可能性があります

デメリットの一つ目は、それほど金利が安くならないことが多いという点が挙げられます。借入先が消費者金融などから借り入れをしている場合に銀行のおまとめローンで借り換えができれば、返済額が同じ場合は、確かに下がりますが、返済額も減らした場合は、支払いの総額が増えてしまうことがあります。銀行だから安心と思っていたら大間違いで、貸金業者と大差がない金利設定もあるので注意が必要です。
消費者金融等と比較すると安いと勘違いしてしまうことが多いのですが、実際に当事務所に相談に来られた方の中には、利息制限法の上限に近い金利でおまとめローンの契約をされていたケースがあります。
金融機関でおまとめをした場合、貸し倒れを回避するために保証会社にアコムなどの貸金業者が保証会社としてついている場合があります。結局よかれとおもっておまとめしても 貸し金融業者に譲渡されてしまうと、おまとめ前の金利より高くついてしまうことになります

②過払い金に気がつかずに返済してしまう可能性(減額できるのに減額しないまま完済させてしまう可能性)

過払金が含まれていた場合、おまとめローンをすると、融資金で消費者金融等の現在の借金を返済します。その際、通常利息制限法による引き直し計算はされません。つまり残元金には過払い金も含まれていたとしても、そのまま知らずに払ってしまう場合があります。これも、デメリットのひとつです。
長期間、いわゆるグレーゾーン金利で取引を継続していた場合、利息制限法による引き直し計算によって借金を減らしたり、逆に過払い金を取り戻したりすることが出来る場合があるにもかかわらず、おまとめをする際には、引き直しをせずにグレーゾーン金利に基づいた計算での残額を全額支払ってしまうため、減額や過払い金返還の機会を失ってしまうことになります。
完済後に過払い金返還請求をすることはできるのですが、手続きを司法書士や弁護士に依頼すれば、費用がかかります。完済前には発生しなかった「成功報酬」というものも発生することになります。また、最近では武富士のように、過払い請求の相手業者が倒産してしまうことも多く、そうなると回収が不能になります。

③状況がより悪化してしまう可能性おまとめローンの最大のデメリットは、保証人を要求されて他人をまきこんでしまったり、公正証書を作成させられたり、所有不動産を担保に入れられてしまったりなど、状況の悪化を伴うことが多いということです。「おまとめローンを申し込む前に、相談に来てくれていたら良かったのに・・・」と思うこともあります。

おまとめローンと債務整理 どっちがお得ですか?

「おまとめローンか債務整理、どっちがいいですか?」と相談者の方よりご質問をいただくことがよくあります。おまとめローンは返済が一本化されるという点では、ラクになるような気がしますが実際のところ、おまとめローンはリスクが大きい側面があります。返済が躓いた場合、今まで払ってきた以上より高い金利を支払わなければならなくなる事例が多いのが現実です。
すでに借金の返済が厳しい状態にある場合は、債務整理を考えるべきです。任意整理という方法は、毎月の返済額が少なくなっても金利が0%ですから、おまとめの金利を考えると弁護士費用を払ってもお得です。

返済期限に間に合わず時間がない お金が不足する

生活費を優先してしまい返済金が不足しがち

せっかく弁護士(司法書士)に依頼して任意整理をしてもらっても、自分で返済していることがつらくなってきた方も任意整理は、やり直すことができます。
  
当事務所では、和解後の面倒な返済も代行するので安心です。また返済金が用意で着ない場合でも弁護士が相談にのり待ってもらうこともできます。

 
任意整理について任意整理について

誰にも知られずに任意整理は可能ですか?

女性特有の悩み|家族に知られたくない

リボ払いにも限界がある

一定額の支払は、有り難く感じていても、リボ払いの手数料は消費者金融と変わらない。借金が減らないと感じたら、債務整理をすることをお勧めします。昔とは違って、今の時代はカード社会。早めに債務整理をして一度借金を完済して、信用を回復することを考えることが大事です。

借金は誰にも言えないと思いがちですが、今の時代誰もが債務整理を始めています。債務整理(任意整理)を始めることが「怖い」と感じる方の多くが「ブラックリスト」の悪いイメージをお持ちです。一度債務整理(任意整理)したら一生借り入れができないということはありません。完済して3~4年するとまた借り入れができるようになるのが任意整理という方法です。
 
任意整理について任意整理について

夫や彼氏にバレずに任意整理ができる

任意整理は自己破産とは違います

債務整理はまさに借金 を弁護士が整理してくれる手続き。裁判所を経由せずは弁護士が債権者と話し合いで返済方法を決める方法は任意整理といいます。
任意整理は誰でもできるわけではありませんが、返済していけるお金があれば可能になります。今のままでは「とても毎月が苦しい」と返済に窮していたら返済が毎月できる金額はいくらなのかを弁護士と相談することから始めましょう。任意整理が可能になるかどうかを弁護士が「生活収支」の状況を把握したうえで検討します。自分に合った債務整理の方法が、必ず見つかります。

弁護士に依頼しても、弁護士との約束がきちんと守られているかぎり家族にばれることはありません

 
弁護士との約束は2つだけ。
1 毎月決まった日に、決めた金額を入金すること
2 弁護士と必ず連絡が取れる状態にしておくこと
以上の二つです。これだけ守ることができれば、間違いなく完済できます。
 
 
 

弁護士との連絡は原則的にEメールです。郵送物は局留めをご指定いただければ同居人にばれることはありません。

 
弁護士に何でもご相談くださいと言っても、なかなか相談しにくいものです。ですが、弁護士は債務者の代理人ですから、自分の置かれている状況を一番よく知っておいてもらうことが必要です。生身の人間にとって、債務整理中に何が起きるかわかりません。そういう時に返済ができないと、一人で悩まず弁護士に相談してください。返済ができない時にこそ必要になるのが弁護士です。

ヤミ金から借りてしまったら、即弁護士に相談する。

 弁護士事務所に約束した日に入金できず、一人で悩みぬき、辞任されるのではと思って、思わず闇金から借りてしまったら、それこそ大変。でも正直にご連絡ください。ヤミ金対応もばっちりです。また主婦の方に多いのが、「お金貸します」というメールがきたので借りてしまったというケース。気を付けましょう。闇金です。すぐに債務整理中だからこそご連絡ください。借金解決のための債務整理なのですから。

弁護士に一本化(おまとめ)

「おまとめローン」より確実な「ベンゴシ一本化」

おまとめローンのメリットより債務整理したほうがメリットが大きい

おまとめローンのメリットは多重債務の一本化にあります。しかしおまとめローンの借り入れは意外にハードルが高いこと、仮に借り入れができたとしても返済が遅れるとブラックリストに載ってしまいます。つまりこれ以上借り入れができない状態での一本化は、債務整理よりメリットはないことになります。
債務整理をするとブラックリストに載り、借り入れができなくなりますが、金利がカットされる借金が早くなくなります。
銀行からの借り入れにより一本化を図るより、同じ一本化でも債務整理で一本化を図った方がメリットがあるということです。

弁護士が完済するまでフォロー

 
最近は銀行でもいくつもの金融機関や貸金業者からの借り入れを「低金利で一本化しませんか」といううたい文句で「おまとめローン」の宣伝が増えました。


しかし借り入れの元金が多額になるため、保証人を求められたり審査請求人に厳しい、条件があります。それは貸付側としても、多重債務者がお客様になるため返済に窮して何度も滞納したりブラックリストに載っている方がお客様である前提条件で貸し付けるため貸し付けには慎重になります。つまり「おまとめローン」は貸付条件は厳しく借金の総額・件数・収入など借り入れのハードルは低くないのです。

また実際に「おまとめローン」の審査に通過しても、まとめると返済期間が長期になるためいくら低金利でも完済までに支払う金利は、思った以上に高額です。なんといっても債務整理は将来の金利がカットされ元金だけの返済になるので、これい上の早道の完済はありません。弁護料と金利とは比較にならないほど金利が高くつくからです。

当事務所では任意整理後の債権者への返済は、すべて弁護士が預かって各債権者に分配をするという「支払いの代行」をします。そのため返済が遅れたときも弁護士が対応するので、自分で交渉する必要は全くありません。

 

法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは女性に優しい債務整理をめざします

借金で考えがまとまらない女性

 借金以外のご相談も無料で女性の悩みに答えます。
 

債務整理をみんなやっている時代にはいりました

結婚前の女性であれば、任意整理をお勧めします。主婦でもアルバイトができるのであれば 任意整理可能。

昔は借金があると言えば驚かれもしましたが、カード社会の到来で今や斜筋の内人が少ない時代。借り過ぎたかなと思ったら債務整理をする時代です。

誰もが感じるようになった、減らない借金という漠然とした不安。リボ払いをするようになって、なかなか借金が減らないことに気がついて、返済金を増やせる方は、借金は完済できます。返済金を増やせない方は、自己破産に向かっているといっても過言ではありません。
 
リボ払いについてリボ払いについて

返済の遅れを心配せずに 任意整理(にんいせいり)始めましょう!

任意整理をすると通常、長期の分割払いとなります。弁護士に任意整理をしてもらって、「全和解後に もし返済ができなくなったら…どうしよう」という心配があります。
まさにこの心配こそ、任意整理の最大の特徴ともいえる問題です。この心配が全くないように当事務所では長期返済をしている間に、収入が下がったり、一時的に病気になり収入が少なくなったり、退職したりして、支払いができなくなってしまうことがを想定し対応できるようにしています。
全和解後に、弁護士は辞任することなく返済を代行し、返済ができないような場合の万が一に、待ってもらう・再和解交渉をする・方針を変更(個人再生・自己破産)にするなどの対応をとるのため安心して任意整理できます。

借金のおまとめは、新たな借り入れよりも弁護士に依頼して一本化を図る

借金のおまとめ一本化を図る場合、その理由として一本化を図ると金利が安くなる・面倒の返済が一本化によってラクになる・こういった理由が挙げられます。
 しかし、元金が高額になるため、いったん遅れだすと思わぬ遅延損害金のために、借金は雪だるま式に増える結果になります。
▶返済が面倒だということで一本化を図るにせよ、将来の金利を考えて一本化を図るにせよ、返済がきついと感じたら、弁護士に依頼して一本化を図るのが一番安心できます。

女性にとって ショッピングは気晴らしにもなり、ついつい支出オーバーになりがち。

反省しても、翌月になると また買い物をしてしまうのは「何とか返済できる」と思っているから。でも返済がきつくなってきたら早めの債務整理です。

自己破産という言葉が、自分の身に起きるなんてこと、考えている女性は少ないのですが、それが増加しています。
それは女性が社会進出をし、働くことにより収入を得て自分で買い物をするようになったから。
ショッピングの毎月の支払は、20年前とは大違い。今の時代はリボ払いが主流のため、シニア世代の女性の借金問題は増加しています。

便利なようで付けが怖い「おまとめローン」

たくさんある借金を一本化すること おまとめローンは便利なようで遅れるとばかにならない金利がつく

多重債務に陥って一本化する方は実に多い。しかし一本化してみて気がつくことは、遅れると金利がついて、やっぱり終わりが見えない。一度返済に遅れだすと金利がアップ。遅延損害金の利率はおまとめした元金が大きいためバカになりません。

女性に優しい債務整理

女性に優しい任意整理、始めましょう!!

債務整理に暗いイメージを持たないようにしましょう。今の時代 みんなが内緒で債務整理を始めています。一人で悩まず、「暮らしに便利な債務整理」を開始して身軽になることで自分らしい生活を実現しましょう。

女性の借金問題 事件ファイル

現実にあった女性の借金問題 事件簿ファイル

あなたと同じような体験談もあるかもしれません。

女性が悩みを抱え込むというの、借金問題が一番多いようです。問題はその借金の原因。様々なようですが似ています。

彼氏の借金を肩代わり


彼氏の借金癖を抜本的に改善しないと、また新たな借金をします。しかし彼氏の性格を変えることは無理。そうかといってその彼氏が好きで別れられないとなると…。解決策は彼氏に債務整理を勧めることです。一緒に弁護士事務所に行くしかありません。法律事務所ロイヤーズロイヤーズではそのようなカップルに対して、弁護士が債務整理を説明し、人生を借金で棒に振るようなことがないように説明します。もちろん彼女に応援(完済するまで彼氏に無駄使いさせない工夫をしてもらう)してもらいます。婚姻関係にないのであれば、結婚の時期を完済の時期にするなどの目標をもって、債務整理を応援して一度借金をリセットする方法がベストです。

婚約解消の原因になるかも


相手に高金利のいつ完済できるかわからない借金があると、たいていの人は結婚に踏み切れず破談にするでしょう。でもその借金が少額で、あと2.3年で完済できるのであれば、破談にいたることはないのではないでしょうか。つまり2.3年で完済不能な借金は債務整理することがベストです。それしかありません。
理想はできるだけ婚約前に借金を完済できればいいのですが、難しい場合は債務整理で完済の目途をつけて、婚期を遅らせるか、完済のめどが立ってから打ち明けるのがいいでしょう。

夫に打ち明けたら離婚かも・・・


借金 を夫に打ち明けるかどうかは借金の額にもよります。
借金の額が大きい場合は離婚に発展する場合もあり,打ち明けるか否かは慎重に決断する必要があります。債務整理で完済の目途をつけた状態で打ち明けるのがベストです。ご主人にも内緒で、自分の働きで得たお金で債務整理で3年かけて払えるのであれば内緒でもいいでしょう。本来自分で作った借金は自分で働いて返すのが道理。夫のお金で債務整理というのは筋が違います。しかし生活費が不足で、どうしてもやりくりがつかずに雪だるま式に借金が膨らんだというのであれば、ご主人に援助してもらいながら返済するという方法がいいでしょう。どうしても打ち明けられないという場合は、打ち明けられない理由(暴力とか)もあるでしょうから、弁護士に相談しることです。

キャリアウーマンが頑張って購入したマイホームですが・・・


今のご時世、男性でなくても若い女性でもマンションを購入する方が増えています。自己破産の場合は自宅がある方は資産を全部売却するなどして換金することになります。せっかくローンを払い続けてきた愛着のある我が家を手放すのは悲しみの極みです。家を没収されて競売で二束三文で売られるわけですから、資産のある方にとって自己破産だけは回避したいと思うのは当然です。
自宅を手放さない方法は個人再生しかありません。せっかく買ったマイホームを没収されて、もう何もかも失いと、失意のどん底で自己破産するしかなかったのですから、躊躇せず再生手続きが可能であれば国の制度は利用しすべきでしょう。当分はキャッシングカードは使えませんが、自己破産してもキャッシングカードは使えないので、それを考えたら住宅を守ることができる個人再生手続きは、利用価値があります。個人再生は誰でもできる手続きではないのと、住宅ローンも、巻き戻し期間でなければ難しいので弁護士に早めに相談することです。

許せない夫の借金


夫の借金が発覚した場合、金額がある程度大きくなると離婚ということになり、修復が難しくなる場合が多いのも現実です。借金の内容にもよりますが、夫の収入があるかないかも問題ですがとりあえず、今後再建できる見通しを考えながら、債務整理で完済の道を模索するために債務整理が最適な方法です。ご主人と一緒(ここがポイントです)にすぐに弁護士に相談し、債務整理をするのが賢明です。催促がくるとノイローゼイのようになる場合もあるので、夫婦喧嘩は後回しにして二人で相談に行くことをお勧めします。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは以前に、奥様がご主人様の借金(およそ800万円、で2回目の借金、一度目は1000万円の借金を作ってご主人の親が返済)が発覚し、もう我慢がならないと奥様が離婚を決意。それを弁護士が奥様に頭を下げて債務整理に協力をしてもらって完済。その後、奥様にあの時離婚しなくてよじゃったと感謝されたことがあります。  

彼氏の借金を肩代わり


女性は、特に若い女性はエステなどの美容におかねをかけて、ローン地獄に嵌ってしまった人は少なくありません。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでも、まだ20代の若いお嬢様がエステのローンを組んで600万円の負債を抱えた方のご相談や、かなりご高齢でも美容整形のために1000万円以上のお金をかけてしまい、それで自分の納得した美顔になったのではなく失敗して、慰謝料請求のご相談を受けたことがあります。 美容は継続的にお金がかかるので雪だるま式に借金 の金利が増えるのと、収入が少ない人は一度返済不能になると再起不能になり、家族にも迷惑をかけえしまうことになります。エステのローンも債務整理の対象になります。たいていは信販会社が入っている場合が多いのですが、注意したいのはエステに通うことになった経緯・またその内容など健康食品の内容等、お金の問題だけでなく騙されていないかをチェックする必要があります。滞納すると催促がきつくなるので、思考が止まった状態になりどうしていいかわからなくなります。弁護士に相談し、家族にばれないようにしたいのであれば一生懸命に働いて借金を完済することです。債務整理は将来払う契約の金利をすべてカットして元金だけを支払う方法に切り替えるので、一番早く完済することができます。キャッシングカードは持つことができなくなりますが、一時的な問題ですから、新たな借り入れをしない限りデメリットにもなりません。

ショッピング等による浪費でできた借金


浪費の問題は債務整理をしてカードを使えなくするのが一番いい方法です。収入アップのための仕事の問題もありますが、女性でも男性でも特に何かの依存症になってしまうと、なかなか脱出するのが難しいのが現実です。家族の協力が必要になります。やはり借金問題は債務整理でカードを強制的に使えないようにして弁護士に毎月家計簿を提出するくらいが一番いいでしょう。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、受任後3~4か月くらいは皆様に毎月の家計簿をつけてもらい提出いただきます。軌道に乗ってきたことがわかると、あとは節約する生活を続けて完済するまでがんばるコースですが、中には完済するまで家計簿の提出をしなければならないケースもあります。ですが皆さん完済の目標をめざし、途中でこけることがあっても完済する方が100%に近いです。順調に完済する方の特徴があります。それはお給料日に、〛借金返済の原資を法律事務所ロイヤーズロイヤーズに入金する方たちです。遅れずに必ず入金してくるので、法律事務所ロイヤーズロイヤーズから入金確認の通知(メール)と残金確認の通知(メール)しかいかないうちに完済という方がほとんどです。また途中で入金できなくても、弁護士が債権者と話し合って待ってもらっているうちに立ち直って完済するケースもあります。もう二度と借金をしないと決めた方が完済しています。

生活保護も断られてできた借金


NHK「クローズアップ現代『あしたが見えない~深刻化する“若年女性”の貧困~』」が放送されたころから、再び貧困問題が注目を集めている。セーフティネットからもこぼれ落ちてしまうシングルマザーが急増している現実がクローズアップされました。クローズアップされたから、どうにかなったわけではありません。まずは食糧支援と職業斡旋をしてもらえる市民団体をインターネットなどの媒体を通じて探したり、積極的に生活保護を受けられるように協力を仰ぐことが第一歩です。借金の問題はその次です。 シングルマザーの仕事の問題については当然のこと制約があるから困難な要素が多いのはわかりきったことです。当然ですが子供は保育園の問題があります。最近は子育て支援などが叫ばれだし、政府の支援もあって企業も融通のきく勤務体制で保育施設も常備しているところもでてきました。また行政でもシングルマザーに対する補助金なども複数あり、調べて申請しておくことです。借金は滞納しても仕方がありません。住まいや、食糧事情が安定してきたら、早速法律事務所に相談することです。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、仕事がなく安定しない間に受任して、貸金業者の催促をストップさせます。仕事が決まらない場合は自己破産ということになりますが、少し待って決まるようであれば(アルバイト可)任意整理という方法で解決がつく場合があります。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは多くのシングルマザーの借金の整理をしましたが、みなさん前向きで子供の成長を生きがいにされて頑張っているお母様たちでした。
 
 

家計費ゆえの借金


主婦が隠れてキャッシングすることは、珍しいことでもありません。が、やがて毎月の返済が払えなくなって自転車操業になってしまっている主婦は多いはずです。 しかも家族に内緒で借金をしてしまうと、なかなか相談することができず、精神的に追い込まれてしまいます。成人した子供でもいれば、或いは打ち明けて協力してもらうこともできるかもしれませんが、大概は一人で抱え込んでしまう主婦が大半です。解決の方策は、完済できるだけのお金を貸してくれる身内でもいれば別ですが、債務整理しかありません。弁護士に依頼すると、即日に催促はストップします。弁護士から借金整理の方法の説明を受け、完済の目途が立てば家族にも打ち明けやすいですし、毎月の返済金が自分の働きで工面できるのであれば、家族に内緒の債務整理は可能です。

介護費用も高く借金生活になった


介護離職についてはは女性だけの問題ではなく、高齢化社会にあっては明日は我が身の切実な問題です。自分の両親だけでなく、嫁ぎ先の両親なども介護対象になるでしょう。また自分の家族もあるわけですから介護問題は深刻です。特に都市部の介護費用は高いので注意が必要です。介護費用もばかにならず、十分な介護をと思うと月20万円からの費用が掛かる場合もあります。借金がかさむ前に早期に弁護士に相談することです。

親も子も自己破産ということに


多額の奨学金を抱えた人がどういった職業に就くかですがお給料から毎月4万円程度の返済であれば、数十年返済を続けていくのは大変です。保証人は親がなっている場合が多く、親子ともども自己破産をしなければならない状況となります。

彼氏の借金を肩代わり


彼氏の借金癖を抜本的に改善しないと、また新たな借金をします。しかし彼氏の性格を変えることは無理。そうかといってその彼氏が好きで別れられないとなると…。解決策は彼氏に債務整理を勧めることです。一緒に弁護士事務所に行くしかありません。法律事務所ロイヤーズロイヤーズではそのようなカップルに対して、弁護士が債務整理を説明し、人生を借金で棒に振るようなことがないように説明します。もちろん彼女に応援(完済するまで彼氏に無駄使いさせない工夫をしてもらう)してもらいます。婚姻関係にないのであれば、結婚の時期を完済の時期にするなどの目標をもって、債務整理を応援して一度借金をリセットする方法がベストです。

婚約解消の原因になるかも


相手に高金利のいつ完済できるかわからない借金があると、たいていの人は結婚に踏み切れず破談にするでしょう。でもその借金が少額で、あと2.3年で完済できるのであれば、破談にいたることはないのではないでしょうか。つまり2.3年で完済不能な借金は債務整理することがベストです。それしかありません。
理想はできるだけ婚約前に借金を完済できればいいのですが、難しい場合は債務整理で完済の目途をつけて、婚期を遅らせるか、完済のめどが立ってから打ち明けるのがいいでしょう。

夫に打ち明けたら離婚かも・・・


借金 を夫に打ち明けるかどうかは借金の額にもよります。
借金の額が大きい場合は離婚に発展する場合もあり,打ち明けるか否かは慎重に決断する必要があります。債務整理で完済の目途をつけた状態で打ち明けるのがベストです。ご主人にも内緒で、自分の働きで得たお金で債務整理で3年かけて払えるのであれば内緒でもいいでしょう。本来自分で作った借金は自分で働いて返すのが道理。夫のお金で債務整理というのは筋が違います。しかし生活費が不足で、どうしてもやりくりがつかずに雪だるま式に借金が膨らんだというのであれば、ご主人に援助してもらいながら返済するという方法がいいでしょう。どうしても打ち明けられないという場合は、打ち明けられない理由(暴力とか)もあるでしょうから、弁護士に相談しることです。

キャリアウーマンが頑張って購入したマイホームですが・・・


今のご時世、男性でなくても若い女性でもマンションを購入する方が増えています。自己破産の場合は自宅がある方は資産を全部売却するなどして換金することになります。せっかくローンを払い続けてきた愛着のある我が家を手放すのは悲しみの極みです。家を没収されて競売で二束三文で売られるわけですから、資産のある方にとって自己破産だけは回避したいと思うのは当然です。
自宅を手放さない方法は個人再生しかありません。せっかく買ったマイホームを没収されて、もう何もかも失いと、失意のどん底で自己破産するしかなかったのですから、躊躇せず再生手続きが可能であれば国の制度は利用しすべきでしょう。当分はキャッシングカードは使えませんが、自己破産してもキャッシングカードは使えないので、それを考えたら住宅を守ることができる個人再生手続きは、利用価値があります。個人再生は誰でもできる手続きではないのと、住宅ローンも、巻き戻し期間でなければ難しいので弁護士に早めに相談することです。

許せない夫の借金


夫の借金が発覚した場合、金額がある程度大きくなると離婚ということになり、修復が難しくなる場合が多いのも現実です。借金の内容にもよりますが、夫の収入があるかないかも問題ですがとりあえず、今後再建できる見通しを考えながら、債務整理で完済の道を模索するために債務整理が最適な方法です。ご主人と一緒(ここがポイントです)にすぐに弁護士に相談し、債務整理をするのが賢明です。催促がくるとノイローゼイのようになる場合もあるので、夫婦喧嘩は後回しにして二人で相談に行くことをお勧めします。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは以前に、奥様がご主人様の借金(およそ800万円、で2回目の借金、一度目は1000万円の借金を作ってご主人の親が返済)が発覚し、もう我慢がならないと奥様が離婚を決意。それを弁護士が奥様に頭を下げて債務整理に協力をしてもらって完済。その後、奥様にあの時離婚しなくてよじゃったと感謝されたことがあります。

美容にお金をかけすぎて


女性は、特に若い女性はエステなどの美容におかねをかけて、ローン地獄に嵌ってしまった人は少なくありません。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでも、まだ20代の若いお嬢様がエステのローンを組んで600万円の負債を抱えた方のご相談や、かなりご高齢でも美容整形のために1000万円以上のお金をかけてしまい、それで自分の納得した美顔になったのではなく失敗して、慰謝料請求のご相談を受けたことがあります。 美容は継続的にお金がかかるので雪だるま式に借金 の金利が増えるのと、収入が少ない人は一度返済不能になると再起不能になり、家族にも迷惑をかけえしまうことになります。エステのローンも債務整理の対象になります。たいていは信販会社が入っている場合が多いのですが、注意したいのはエステに通うことになった経緯・またその内容など健康食品の内容等、お金の問題だけでなく騙されていないかをチェックする必要があります。滞納すると催促がきつくなるので、思考が止まった状態になりどうしていいかわからなくなります。弁護士に相談し、家族にばれないようにしたいのであれば一生懸命に働いて借金を完済することです。債務整理は将来払う契約の金利をすべてカットして元金だけを支払う方法に切り替えるので、一番早く完済することができます。キャッシングカードは持つことができなくなりますが、一時的な問題ですから、新たな借り入れをしない限りデメリットにもなりません。

ショッピング等による浪費でできた借金


浪費の問題は債務整理をしてカードを使えなくするのが一番いい方法です。収入アップのための仕事の問題もありますが、女性でも男性でも特に何かの依存症になってしまうと、なかなか脱出するのが難しいのが現実です。家族の協力が必要になります。やはり借金問題は債務整理でカードを強制的に使えないようにして弁護士に毎月家計簿を提出するくらいが一番いいでしょう。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、受任後3~4か月くらいは皆様に毎月の家計簿をつけてもらい提出いただきます。軌道に乗ってきたことがわかると、あとは節約する生活を続けて完済するまでがんばるコースですが、中には完済するまで家計簿の提出をしなければならないケースもあります。ですが皆さん完済の目標をめざし、途中でこけることがあっても完済する方が100%に近いです。順調に完済する方の特徴があります。それはお給料日に、〛借金返済の原資を法律事務所ロイヤーズロイヤーズに入金する方たちです。遅れずに必ず入金してくるので、法律事務所ロイヤーズロイヤーズから入金確認の通知(メール)と残金確認の通知(メール)しかいかないうちに完済という方がほとんどです。また途中で入金できなくても、弁護士が債権者と話し合って待ってもらっているうちに立ち直って完済するケースもあります。もう二度と借金をしないと決めた方が完済しています。

生活保護も断られてできた借金


NHK「クローズアップ現代『あしたが見えない~深刻化する“若年女性”の貧困~』」が放送されたころから、再び貧困問題が注目を集めている。セーフティネットからもこぼれ落ちてしまうシングルマザーが急増している現実がクローズアップされました。クローズアップされたから、どうにかなったわけではありません。まずは食糧支援と職業斡旋をしてもらえる市民団体をインターネットなどの媒体を通じて探したり、積極的に生活保護を受けられるように協力を仰ぐことが第一歩です。借金の問題はその次です。 シングルマザーの仕事の問題については当然のこと制約があるから困難な要素が多いのはわかりきったことです。当然ですが子供は保育園の問題があります。最近は子育て支援などが叫ばれだし、政府の支援もあって企業も融通のきく勤務体制で保育施設も常備しているところもでてきました。また行政でもシングルマザーに対する補助金なども複数あり、調べて申請しておくことです。借金は滞納しても仕方がありません。住まいや、食糧事情が安定してきたら、早速法律事務所に相談することです。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、仕事がなく安定しない間に受任して、貸金業者の催促をストップさせます。仕事が決まらない場合は自己破産ということになりますが、少し待って決まるようであれば(アルバイト可)任意整理という方法で解決がつく場合があります。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは多くのシングルマザーの借金の整理をしましたが、みなさん前向きで子供の成長を生きがいにされて頑張っているお母様たちでした。
 

家計費ゆえの借金


主婦が隠れてキャッシングすることは、珍しいことでもありません。が、やがて毎月の返済が払えなくなって自転車操業になってしまっている主婦は多いはずです。 しかも家族に内緒で借金をしてしまうと、なかなか相談することができず、精神的に追い込まれてしまいます。成人した子供でもいれば、或いは打ち明けて協力してもらうこともできるかもしれませんが、大概は一人で抱え込んでしまう主婦が大半です。解決の方策は、完済できるだけのお金を貸してくれる身内でもいれば別ですが、債務整理しかありません。弁護士に依頼すると、即日に催促はストップします。弁護士から借金整理の方法の説明を受け、完済の目途が立てば家族にも打ち明けやすいですし、毎月の返済金が自分の働きで工面できるのであれば、家族に内緒の債務整理は可能です。

介護費用も高く借金生活になった


介護離職についてはは女性だけの問題ではなく、高齢化社会にあっては明日は我が身の切実な問題です。自分の両親だけでなく、嫁ぎ先の両親なども介護対象になるでしょう。また自分の家族もあるわけですから介護問題は深刻です。特に都市部の介護費用は高いので注意が必要です。介護費用もばかにならず、十分な介護をと思うと月20万円からの費用が掛かる場合もあります。借金がかさむ前に早期に弁護士に相談することです。

親も子も自己破産ということに


多額の奨学金を抱えた人がどういった職業に就くかですがお給料から毎月4万円程度の返済であれば、数十年返済を続けていくのは大変です。保証人は親がなっている場合が多く、親子ともども自己破産をしなければならない状況となります。

img20180809163048313987.png借金ストレス
 ゲゲゲ  こんなに重い
img20180817201504697540.pngもしもし わたし・・・・。(気取って電話していても心はどしゃ降りのマテ子)、法律事務所ロイヤーズロイヤーズに「毎月いくらあれば任意整理が可能か、解決のための書きこみ用紙を請求する。 img20180817201351009242.png大丈夫ですよ。解決できないことはありません。すぐに「書きこみ用紙の件用紙を送付しますので送り返してください」と言われ、後日面談したマテ子は・・・・ img20180903150242133437.png債務整理してよかった。「今でも自分で返済しているの?」「全部弁護士に任せてみたら?」と、こうなった。

法律事務所ロイヤーズロイヤーズの女性の完済体験談

年齢別に女性の完済借金の体験談をまとめてみました。読むと勇気が出ますよ!

債務整理で完済した女性の体験談

毎月の収支を見直すことから始める債務整理。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは債務整理開始と同時に生活収支を月ごとにまとめるようにしていただいてます。まさに生活の更正のための債務整理ですから。
 
体験談はこちら >>

完済者からのアドバイス

法律事務所ロイヤーズロイヤーズの完済率はほぼ100%に近い それには理由があるからです

法律事務所ロイヤーズロイヤーズの完済率はほぼ100%に近い それには理由があるからです。
▶和解後も弁護士が辞任することなく返済を代行します
▶毎月の返済に遅れた場合も弁護士が債権者と交渉するので安心です
▶債務額がいくらになったのか月初にEメールで通知されるので完済が楽しみにできます
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、毎月の返済管理を弁護士が責任をもって代行し、毎月減っていく借金の残高をお知らせすることで完済目標の意識を高めます

今ある借金ってみんなすぐに答えるけど、それって元金?毎月の返済には、当然金利が含まれているはず。ってことは「借金+金利」がホントの借金?
そうです。だから返済しても終わらないのです。サイム整理してよかったという生々しい体験談は 本になっています。

魔法の借金整理バイブル本

 
法律事務所ロイヤーズロイヤーズの「借金整理のバイブル本」は、実際にあった体験談が特集されています。ご希望の方には、もれなく差し上げています
 
債務整理のバイブル債務整理のバイブル

女性完済者からのアドバイス

消費者金融から9件で約200万円と闇金5社からの借入

ライブハウスでおこなうライブ衣装に費用がかかり借金を始めたところ,消費者金融からの借り入れが限度になり,ついに闇金にまで借り入れをしてしまった。最終的に完済できました。

相談者からのみなさまへ一言アドバイス バンド活動をするため時間に融通が利くことと,闇金への返済をするために仕方なしに歌舞伎町の風俗店で働かざるを得なくなりました。ドラマのような話ですが,金利が払えなくて,闇金の取り立て屋に対して返済を体で払ったこともあります。生き地獄でした。もっと早く先生のことを知っていたらあんなことしなくてよかったのにと思っています。
(20代 女性)

消費者金融から9件で約200万円と闇金5社からの借金

ライブハウスでおこなうライブ衣装に費用がかかり借金を始めたところ,消費者金融からの借り入れが限度になり,ついに闇金にまで借り入れをしてしまった。最終的に完済できました。

相談者からのみなさまへ一言アドバイス バンド活動をするため時間に融通が利くことと,闇金への返済をするために仕方なしに歌舞伎町の風俗店で働かざるを得なくなりました。ドラマのような話ですが,金利が払えなくて,闇金の取り立て屋に対して返済を体で払ったこともあります。生き地獄でした。もっと早く先生のことを知っていたらあんなことしなくてよかったのにと思っています。
(20代 女性 任意整理)

 

概要の説明消費者金融から7件で約280万円の借金

夫に内緒の借金。過払金を取り返したため,それを返済に充当したため,依頼してから一年以内に完済できました。

相談者からのみなさまへ一言アドバイス 主人に秘密で毎月返済していくのには非常に不安があったのですが,予期していなかった過払金というのを先生が取り返してくれたために,取引の短い債権者に対してたった一年もかからず返済できました。夫にも知られずに安堵しました。今は安心して暮らしています。
(30代 女性 任意整理)

消費者金融から13件で約380万円の借金

利息制限法で引き直し計算をした結果,任意整理で解決できそうだったのですが,本人の強い希望で自己破産の申し立てをすることになったのですが,

相談者からのみなさまへ一言アドバイス  
返済を弁護士先生が代行してやってくれたので,とても楽でした。それなのに途中何度も支払いができなかったり遅れたりしてしまいましたが,辞任されることなく,先生から励ましていただき,こんなだらしない私であっても完済することができました。息子も驚いています。ですから,今借金がある人は安心してロイヤーズロイヤーズの先生に頼んでみてください。
 
(30代 女性 任意整理)
 
 

消費者金融から7件で約230万円と闇金5社からの借金

買い物が好きということと,友人から食事の誘いがあれば見栄のためにとにかく浪費が多く,消費者金融から借り入れしてしまった件です。利息制限法の引き直し計算で元金を減らした結果,母親から多少援助してもらい,短期間で完済しました。

相談者からのみなさまへ一言アドバイス
私は洋服を買うのが好きで,少しでも好みの商品があれば見境なく買い漁っていましたが,もう買い物は飽きましたし,懲り懲りです。任意整理中私が無職なってしまったとき,先生はわざわざ一緒に仕事先を探してくれました。こんな私の為にもここまでやってくださるなんて,絶対に裏切ることはできません。ここの先生は本当に依頼者に親身になってくれます。ただ相談に乗るのではなく,行動が伴っています。他の弁護士のことは知りませんが,日本で一番親切な先生ですよ。
(30代 女性 任意整理)

消費者金融から11件で約380万円の借金

夫の会社が倒産したのをきっかけに,生活の為に借金を始めた。和解した総額は約89万円

相談者からのみなさまへ一言アドバイス 私の場合は,夫と一緒に返済していくにしても毎月の返済金額が20万円と高額で,ともて返済をしていくことは不可能でした。夫は不安そうだったのですが,私が思い切ってロイロイの先生に相談したところ,先生の「任せろ」と心強い一言にすべてを任せる気持ちになりました。夫も一緒に返済してくれたので,苦楽を共にできたし,毎月の返済金額がかなり安くなったので,借金を重荷に感じることなく完済できました。
借金は家族に内緒にしておきたい気持ちもわかりますが,配偶者や親にも相談し,一緒に悩むことが一番完済への近道だと思いますよ。
(30代 女性 任意整理)

 

消費者金融から7件で約198万円の借金

利息制限法で引き直して和解した結果,貸金業者に対して支払う和解総額は65万円まで減額できました。途中でご長男からの援助もあり,完済できました。

相談者からのみなさまへ一言アドバイス 返済を弁護士先生が代行してやってくれたので,とても楽でした。それなのに途中何度も支払いができなかったり遅れたりしてしまいましたが,辞任されることなく,先生から励ましていただき,こんなだらしない私であっても完済することができました。息子も驚いています。ですから,今借金がある人は安心してロイヤーズロイヤーズの先生に頼んでみてください。
(40代 女性)

消費者金融から10件で約220万円と闇金3社からの借入

消費者金融とはいっても,有名会社は皆無。相当厳しい取り立てを受けていたようですが,弁護士の受任通知によって請求はストップし,闇金については警察に通報したところ,最終的に逮捕されて無事に完済できました。

相談者からのみなさまへ一言アドバイス 元国会議員の先生が始めた事務所だから安心と思い,助けてほしい一心で東京の事務所に相談に行きました。おっかない先生だったらどうしようと不安でしたが,厳しいながらもやさしい先生でした。借金以外の相談も必ずロイヤーズロイヤーズに相談しようと思います。
(60代 女性)

消費者金融から10件で約390万円の借金

子供の借金を返済するために借金をした。夫にはどうしても内緒にしてほしい

相談者からのみなさまへ一言アドバイス 私は周りの環境に影響されやすく,派手な友人と外出すると食事などにホイホイとお金を使ってしまいます。今回弁護士先生の事務所に相談に行った際,友人も一緒についてきてくれたのですが,先生に生活状況を聞かれて答えようとすると,その友人が口を挟んできて「食事代なんて毎月10万円くらいかかる」「小遣いなんて最低8万円ないと人間らしい生活できないわ」と言い出したので,先生がその友人を一喝しました。それを見て,この先生は正しいこと,間違っていることをハッキリ言うことができる方だと思い,信用して依頼しました。弁護士の人間性はとても大事です。
(60代 女性 任意整理)

踏み出せない債務整理

全国多数の女性が家族に秘密で完済してます

債務整理の不安は、誰でもあります。でも法律事務所ロイヤーズロイヤーズであれば、「和解」後も弁護士が辞任することなくたとえ返済が遅れても、その時こそ弁護士が力強く債権者と交渉します。ですから直接債権者から催促を受ける心配はありません。完済するまで弁護士が悩みが解決するまであなたに寄り添います。

 
債務整理についてのよくある質問債務整理についてのよくある質問

他にも多数質問が寄せられています。ぜひ参考にしてください。直接Eメールで質問していただいても弁護士が直接回答させていただきます。


債務整理よくある質問
       借金解決の第一歩はこちら
解決の方法を無料で提案します。 法律事務所ロイヤーズロイヤーズの名前では出しません。「6161.jp」で送付します。 ご家族に秘密に解決できるように配慮しています。多数の方が解決しています。どうかあなたも解決の第一歩を踏み出してください。応援します。
 

ヤミ金対応もお任せ 心配なし

ヤミ金融に強い 法律事務所ロイヤーズロイヤーズ

闇金の取り立てをストップさせます 怖がる必要全くなし!

法律事務所ロイヤーズロイヤーズでヤミ金融と縁を切った女性

 
ヤミ金は、携帯電話一つで口座に振り込み高額な金利を脅し取る手口や、返済ができないとなると家族や職場に取り立てをすると脅したり、返済したはずが入金してないと難癖をつけたりします。携帯でやり取りするだけで店舗も顔もわからない。そういう業者はヤミ金です。  ヤミ金を取り締まる法律がありますが、まずは法律事務所ロイヤーズロイヤーズにご連絡ください。手形や小切手などを担保に高額な融資を受けてしまい、返済に窮したという場合も泣き寝入りしている場合ではありません。恐れず対処することが基本です。法律事務所ロイヤーズロイヤーズは、まず請求を止めて支払いをストップさせます。違法な金利の貸し付けは、法で禁止されていて罰則規定もあります。

■2010年の総量規制の影響

女性層にもヤミ金からの借り入れが進んでいる結果が生じています。その理由は、2010年6月に施行された総量規制の影響があるからです。総量規制により、これまで消費者金融から借入ていた主婦層などが、正規のサラ金から融資を受けられなくなった結果、返済に窮して借入を望む女性層の中でも主婦層が中心となって、ヤミ金から借りてしまうという現象が生じてしまっているのです。
それではなぜヤミ金が仕事もない主婦をターゲットにするのかを考えてみましょう。

男性の職業は会社員がその割合の多くを占めますが、主婦となるとパートなど総じて所得が少ないことがあげられます。所得が少なく信用が低い職業の場合、当然ヤミ金も回収できる金額しか貸し付けません。せいぜい1万・2万の少額融資がほとんどで、高額融資はしぶります。それでも主婦としては、今日明日に困るお金をどうするかといえば、ヤミ金に駆け込むしかなくヤミ金は「脅し」を武器に貸付を繰り返し、主婦は「脅されて」新たなヤミ金から借りて返すを繰り返すことになります。

だいたい女性は男性よりもヤミ金に対して恐怖を抱いておるわけで、男性でも恐怖を抱くヤミ金には女性の主婦が立ち向かうなど到底無理です。ヤミ金側もそれを熟知していて巧妙な脅し文句で主婦からお金を搾り取ります。

■なんといっても主婦の弱みは「夫に言う」「家族がどうなってもいいのか」と家庭崩壊をほのめかします。専業主婦の場合、勤め先よりも家庭環境を壊されることは何よりもいやなことをヤミ金は知っているからです。そのため、ヤミ金側もあえて家庭を中心に嫌がらせをして、金利を上げてジャンプ金を払わせ続けるのです。ひどいヤミ金になると、水商売で働くように教唆するなど、強引な手口でお金をむしり取ります。ヤミ金から執ような脅迫を繰り返された挙句、家庭崩壊に至るケースは珍しくありません。誰にも言えない気持ちはわかりますが、思い切って相談してほしいと思います。弁護士が受任した場合、それで問題は大きくなるのではなく解決します。
■女性特有の借金問題を口にしにくい傾向にあります。
もちろん男性にも言えますが、特に女性は交友関係や友達に知られたくないという思いは強く、それが恥の概念に結び付いて固く口を閉ざす傾向にあります。ヤミ金の脅しに従わざる得ず、未収づ商売につかって半ば軟禁状態というけーすもあります。
■ヤミ金に一度はまると泥沼状態
泥沼に足をすくわれるとなかなか抜けないように、ヤミ金は執拗に請求を繰り返します。それも脅し文句を浴びせながらです。ヤミ金から借入をした後、債務者がどれだけ返済を続けたところでいずれは必ず嫌がらせが始まります。例え一度完済をしたとしても、しばらくして再び「貸したお金を返せ」と身に覚えのない電話からまた返済が始まるケースがあります。
■嫌がらせを覚悟の上で、対処。警察110番
できることであれば、嫌がらせを覚悟の上でいかなる脅しにも乗らなと決め実行することです。ヤミ金からの脅しに屈せず、「すでに完済ずみだ」などといえば、ヤミ金からの嫌がらせは本人のみならず、まずご主人、家族をターゲットに取り立てることも予想されます。しかし借りたほうが悪いといっても相手は違法業者です。違法に貸しつけて脅しを繰り返す行為は犯罪です。
■■】法律事務所ロイヤーズロイヤーズではこういった違法なヤミ金とは闘い続けてきました。何も怖がることはありませんので、まずは一人で深刻に悩まずご連絡ください。即解決です。




 

完済までの金利をシミュレーションする

いくら返すと借金はなくなるか(借金自己診断)

元金と金利の比率

 
今後いくら払えば(返済すれば)借金がなくなるのか、考えたことはあるでしょうか。今の借金に将来金利を加算した額を払いきると借金はなくなります。では実際にいくら払えばいいのでしょうか…早速シミュレーションしてみましょう。

債務整理の秘策 絶対完済プラン

完済して喜ぶ女性

 
 
 

 

家族に内緒で債務整理ができます。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは「今月の返済金どうしよう・・・・」といったときでも弁護士が、債権者に対して支払いの遅れについて交渉するので、家族や会社にばれることはありません。弁護士との約束をきちんと守って借金をなくしましょう!    完済まで弁護士がフォローLinkIcon
                              女性の借金問題を解決

借金問題・返済の相談窓口|債務整理のやり直しも可能です
債務整理で失敗された方,歓迎します。

実際に弁護士がヤミ金と電話している場面を目の当たりにできるので、弁護士が請求を止めてくれていることを実感できます。
 

任意整理メニュー

キャッシュレス時代だからこそクレジットカードの信用を取り戻すことが大切。返済がきついと感じていたら、迷わず任意整理で、もう一度信用復活を図ることが賢明。
今の時代だから任意整理

家族にばれない前に、結婚する前に借金を完済しましょう
バレナイうちに債務整理

債務整理専門のテクニック

借金問題を解決する方法に、任意整理(にんいせいり)という方法があります。収入があり、毎月の返済金が減ってほしいとお考えの方に適しています。任意整理についてLinkIcon
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは債務整理を失敗させないために「絶対完済プラン」をご用意しています。絶対完済プランLinkIcon

自分で返済しているよりも、メリットは多いです。

任意整理をして不利な点は、新たな借り入れができなくなるということくらいです。そもそも借金漬けに懲りているわけですから、新たな借り入れができなくても一度生活をリセットするいいチャンスです。
 

任意整理でいいのかなと悩む女性
まずは請求をストップ!それから考える。受任時は、自分でも考えがまとらないのも当然。まずは目標とする毎月の返済額をご依頼者自身でお決めください。 (自己破産・任意整理・個人再生手続きのボーダーラインを提案します)
                                  任意整理の条件LinkIcon

最速で請求を止めることから始めます。最速で受任が可能になるのは
まずはメールする。
LinkIcon今すぐメールで無料相談

任意整理を教えてくれる弁護士 

家族に知られるのではないか?とか、返済金ができなくなったらどうしよう、などなど・・・。皆さんからよくある質問をピックアップしてみました。
 

 
 

はさみを入れたクレジットカード
受任から完済(借金がなくなるまで)の手続きの流れについての説明です

 
 

競売寸前でも間に合う場合があります。再生手続きという方法です。
 

 

自己破産と一人合点しないことです。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、現在収入がなくても、受任して数か月の間に就職(アルバイトでもOK)ができる場合もあるので、すぐに自己破産と決めてかかりません。収入があっても扶養家族が多く、自己破産しか生きる道がない場合もあります。まずは借金 専門の弁護士にご相談ください(無料)
 

 
個人再生メニュー
自己破産メニュー
やり直しメニュー
債務整理の関連ページ
住宅ローンの滞納

住宅ローンなどの滞納により、せっかく購入した家が競売に。再生手続きという方法であれば住宅を手放さなくても債務整理が可能になります。条件があるので早急に弁護士に相談してください

自己破産に追い込まれた男性
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは仕事がなくて自己破産しかないという場合でも、受任後、就職活動をしてそれでもダメと判断した時「自己破産」に方針を決定します。また返済途中でも返済原資を生み出せない状況に陥った場合自己破産に方針を変更できます          自己破産について
 
マンション投資

サブリース契約による借金問題は、不動産専門・借金問題解決専門弁護士にお任せ
 

 

[借金問題 関連記事 ]

  1. 相談しにくい借金の悩みLinkIcon
  2. 借金返済滞納による差押LinkIcon
  3. リボ払いは終わらない借金の入り口LinkIcon
  4. 今抱えている借金のシミュレーションLinkIcon
  5. 借金おさらばバイブル本LinkIcon
  6. 債務整理の概要LinkIcon
  7. 債務整理関連の法律LinkIcon
  8. 過払い金の実情LinkIcon
  9. 借金問題判例特集LinkIcon
  10. 借金整理用語集LinkIcon
  11. 元金分割 最短で完済LinkIcon
  12. 女性に優しい債務整理LinkIcon
  13. 絶対完済プランLinkIcon
  14. 債務整理やり直しLinkIcon
  15. ヤミ金LinkIcon
  16. 解決までの流れLinkIcon
  17. 教えて債務整理Q&ALinkIcon
  18. 債務整理の定番/任意整理LinkIcon
  19. はじめての債務整理LinkIcon
  20. 令和になったら借金完済LinkIcon
  21. みんなやってる暮らしに便利な債務整理LinkIcon
  22. バレナイないうちに完済LinkIcon
  23. リボ払いの限界LinkIcon
  24. カード社会の対応策は任意整理LinkIcon
  25. キャッシュレス対応のための任意整理LinkIcon
  26. 今時の債務整理LinkIcon
  27. 弁護士によって違いが出る債務整理の方法LinkIcon
  28. 完済するまで辞任しない弁護士を選ぶLinkIcon
  29. 債任意整理もいろいろLinkIcon
  30. メタボ家計のダイエットLinkIcon
  31. 債務整理の実情|任意整理の落とし穴LinkIcon

自己破産を考える前

  1. 競売寸前の家を守るのは個人再生手続きLinkIcon
  2. シニア世代の自己破産LinkIcon
  3. 自己破産を考える前に|自己破産をしなくてすむ方法LinkIcon
  4. 自己破産をしたくない|絶対完済プランLinkIcon
  5. 債務整理を成功させるLinkIcon
  6. あなたも絶対完済コースLinkIcon
  7. 自己破産してももう一度債務整理は可能LinkIcon
  8. 女性の借金問題を解決LinkIcon
  9. 自己破産のデメリットLinkIcon
よくある質問
刊行物・債務整理のバイブル本
お電話での予約
電話預託受付時間

24時間土日祝日受け付けます
メールでの相談予約

法律事務所
ロイヤーズロイヤーズ

〒107-0051
東京都港区元赤坂1-1-15ニュートヨビル6F