法律事務所によって違いがある債務整理の方法

HOME | 債務整理の実情

債務者にとって、受任後に費用積立、和解後に弁護士(司法書士)辞任は、果たして債務整理の成功と言えるのか。

そもそも、債務整理の眼目は、債務者の生計の立て直しにあるのは当然のこと。だから債務整理にラクも手間も考える方がおかしい。
でも実際に、手間いらずでラクな方法であることは確かである。
しかし、司法書士や弁護士が和解後すぐに辞任する方法は、法律事務所にとって一番手間いらず。受任時に費用を積み立てていただき、費用積立の最後の月に「和解成立」後に「辞任」すれば終わりになる。債務者にとってありがたいはずの費用積立は、果たして本当にありがたいのか。

債務整理は債務者の生計の立て直しにある。そのはずが、なぜその後に債務者が、また司法書士や弁護士を変えなければならないのか。
答は簡単である。
借金が残ったまま返済が遅れてしまい、その時に司法書士や弁護士がいないという状態だからである。
だからこそ、返済に遅れたときに弁護士が役立つ状況でなければならない
和解後に弁護士や司法書士が辞任すると、あとは債務者が自分で返済しなければならない。約定日に約定金を返済することができなければ、そこからまた生計が成り立たなくなる。返済の遅れないことを、債務者が自覚しなければせっかくの債務整理は成功しない。

法律事務所によって違いがある債務整理

借金地獄のような生活から、果たして債務者は抜け出せるのか。
弁護士が必要とされるのは、多重債務に苦しむ債務者の生計をたてなおすことにある。どこの法律事務所でも債務整理は同じと思われるが、その違いは大きい。

債務整理を扱う法律事務所は数えきれない。弁護士によって債務整理に違いがあるのは、弁護士の考え方による。
意外と自己破産のリスクが高まる、受任時の弁護士(司法書士)費用の積み立て方式
1 弁護士費用を先に積み立てる方式→和解後は債務者が自分で支払っていく方法
  リスクは、和解後に弁護士が辞任するので 返済が遅れた場合は債務者が自分で債権者と交渉するしかない。
 この時、取り立てがきつい債権者にお金を借りて(当然借り入れができないため、闇金から借りることになる)も返済すると、借金は増えてしまう。返済が遅れると、遅れた月数の分だけ一時に返済しなければならない金額が増加するため、自己破産に追い込まれるリスクが高まる。
2 弁護士費用を先に積み立てる方式→和解後は弁護士が管理する
弁護士、あるいは司法書士に費用を先に積み立てる方法は、積立期間の遅延損害金が上乗せされることも無視できない。積み立て期間が6か月もあれば、それだけ遅延損害金もバカにならない。積み立て期間後、返済金ができなくなった場合は、裁判になるケースが多く、弁護士から「辞任」され裁判所には債務者自身が対応することを余儀なくされるケースが多い。そこまで悠長に債権者も待ってはくれない。結局また弁護士に費用を払い、今度は自己破産になる。

債務整理の実情 ①生活状況を無視した「和解」。和解後に弁護士が辞任する場合

辞任されて弁護士を何人も変えてしまうケース

債務整理の眼目は「生計をたてなおすこと」につきます。生計をたてなおすとは、身の丈に合った生活ができるようにするということ。

弁護士や司法書面に、債務者自身ができるだけ生活の収支を把握してもらえるように、収入と支出の状況をありのままわかってもらうことが大事になります。
 


法律事務所にとって送金業務も弁護士が管理する方法は、一番手間がかかるが債務者にとって安心

返済遅延の時こそ、必要になる弁護士

法律事務所にとって和解後も、弁護士が返済代行するというのは、債務者にとって、万が一返済が遅れたときに弁護士または司法書士が、債権者と債務者の間の壁になってくれるため、一括請求から身を守れるメリットがあります。

債務者にとってのメリットが大きい分、弁護士や司法書士はその対応に追われることになります。
そのため、弁護士や司法書士は契約違反(毎月決まった金額を入金すること)を理由に辞任してしまうケースもあります。
そうなると、債務者自身に一括請求がきてしまい、裁判になってしまう場合もあります。

 


弁護士や司法書士に辞任された後は自己破産か。

辞任されると、返済は債務者自身が支払っていく。滞ると一斉に催促がくる現実

債務整理をすることになる理由は、借金の返済がきつくなる、できなったことが原因。債務整理の期間中でも、返済日に返済金ができることが大事です。万が一返済が遅れた場合、弁護士が債権者と交渉してくれたら債務整理も安心です。

しかし弁護士が和解後に「辞任」していたとしたら、返済のおくれには自分で対処しなければならないのが現実です



 


債務整理の失敗のリスクを減らす

債務整理を成功させるには 弁護士が辞任しない

債務整理の相談を受けてみると他の法律事務所で債務整理をやっていたご相談者が増加しています。
なぜ弁護士 が再び必要になるのでしょうか。
弁護士が和解してくれた返済金ができないからです。
債務整理は生計の立て直しが目的ですから、債務整理(任意整理)によって日常経費、そして借金 の返済金が収入内で賄われるようにならなければなりません。決して楽ではありませんが、ムダをなくしたスリムな生活を実現できます。

 


安心の債務整理は、借金問題が解決するまで弁護士が寄り添うこと

務整理の失敗リスクをゼロにするために!

債務整理は、どこも同じと思っていませんか?それは大きな間違いです。
まず弁護士の解決の目線が違います。
弁護士から見て「和解成立」したら辞任する場合は、和解成立時が解決です。
しかし債務者にしてみれば、借金がなくなっていないので和解してもらっても返済していかなければなりません。
つまり和解成立後に弁護士が辞任した場合はその返済が遅れた場合は、一人で対処しなければならないのです。

相談しても、毎月の返済金がすくないと、「自己破産」を言い渡され、弁護士が受任すると、自己破産のための費用の積み立てが始まるケースもあるでしょう。

当職の場合は、自己破産をどうしてもしたくないと頑張る方を応援する法律事務所です。
ですから、受任後も家計簿を毎月つけてもらい、節約できるところは節約し、収入を増やせないかを模索し、返済の可能性(任意整理)を模索します。その間に仕事がなかった方でも、就職して自己破産になることなく、任意整理(弁護士が債権者と個別に和解して返済していく方法)という方法で借金を返済した方が大勢います。

しかも任意整理の方法として、弁護士が完済するまで「返済できずに困った」という状況に陥っても、債権者と交渉を勧め完済するまで見放すことはしません。
ですから、弁護士が辞任しないので、仮に返済が遅れても債権者から直接請求を受けることはありません。

債務整理を失敗させない工夫

返済金優先、残りを弁護士費用。完済するまで辞任なし

返済が遅れてしまうことは、誰にでもあります。ですが債権者が多いと、約定日にきちんと返済するのも手間です。

法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、毎月の入金額に返済金・弁護士費用・返済手数料すべてが含まれています。
入金日をお給料日の当日か、翌日に設定し、返済金を優先する生活スタイルをとっていただきます。つまり返済金を確保していただき残ったお金でやりくりするようにします。毎月の金額は、その方の生活状況から計算します。もちろんご本人の希望金額は無視できませんが、債務整理は節約した毎日が続くためダラダラした年数がかかると自己破産になってしまう場合が多いため、多少きつくても生活費を節約していただき債務整理をできるだけ早く終わらせることを考えます。もちろん生活にかかるお金は確保するのですが、生命保険や携帯電話料金などが返済金に比べて高額な場合は解約です。

 


住宅ローンの滞納

住宅ローンなどの滞納により、せっかく購入した家が競売に。再生手続きという方法であれば住宅を手放さなくても債務整理が可能になります。条件があるので早急に弁護士に相談してください

自己破産に追い込まれた男性
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは仕事がなくて自己破産しかないという場合でも、受任後、就職活動をしてそれでもダメと判断した時「自己破産」に方針を決定します。また返済途中でも返済原資を生み出せない状況に陥った場合自己破産に方針を変更できます          自己破産について
 
マンション投資

サブリース契約による借金問題は、不動産専門・借金問題解決専門弁護士にお任せ
 

 

キャッシュレス時代だからこそクレジットカードの信用を取り戻すことが大切。返済がきついと感じていたら、迷わず任意整理で、もう一度信用復活を図ることが賢明。
今の時代だから任意整理

家族にばれない前に、結婚する前に借金を完済しましょう
バレナイうちに債務整理

債務整理専門のテクニック

借金問題を解決する方法に、任意整理(にんいせいり)という方法があります。収入があり、毎月の返済金が減ってほしいとお考えの方に適しています。任意整理についてLinkIcon
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは債務整理を失敗させないために「絶対完済プラン」をご用意しています。絶対完済プランLinkIcon

自分で返済しているよりも、メリットは多いです。

任意整理をして不利な点は、新たな借り入れができなくなるということくらいです。そもそも借金漬けに懲りているわけですから、新たな借り入れができなくても一度生活をリセットするいいチャンスです。
 

任意整理でいいのかなと悩む女性
まずは請求をストップ!それから考える。受任時は、自分でも考えがまとらないのも当然。まずは目標とする毎月の返済額をご依頼者自身でお決めください。 (自己破産・任意整理・個人再生手続きのボーダーラインを提案します)
                                  任意整理の条件LinkIcon

最速で請求を止めることから始めます。最速で受任が可能になるのは
まずはメールする。
LinkIcon今すぐメールで無料相談

任意整理を教えてくれる弁護士 

家族に知られるのではないか?とか、返済金ができなくなったらどうしよう、などなど・・・。皆さんからよくある質問をピックアップしてみました。
 

 
 

はさみを入れたクレジットカード
受任から完済(借金がなくなるまで)の手続きの流れについての説明です

 
 

競売寸前でも間に合う場合があります。再生手続きという方法です。
 

 

自己破産と一人合点しないことです。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、現在収入がなくても、受任して数か月の間に就職(アルバイトでもOK)ができる場合もあるので、すぐに自己破産と決めてかかりません。収入があっても扶養家族が多く、自己破産しか生きる道がない場合もあります。まずは借金 専門の弁護士にご相談ください(無料)