自己破産を考える前に|シニア世代の自己破産

他人事と思っていませんか?自己破産。銀行のカードローンと高をくくっていても返済が苦しくなったら生活収支のバランスは正常とは言えません。信販系や銀行系と思っていても安心はできません。

HOME | シニア世代の自己破産

シニア世代に増加する自己破産

1:どうしてそこまで借金が膨らんだのか、

 

若いときのクレジットやキャッシングの付けが、定年後に重くのしかかる

シニア世代ともなると、家族で旅行に行ったり、孫におもちゃを買ってあげたり退職後は悠々自適の生活のハズ。ところが今高齢者に自己破産が広がっています。クレジットカードやキャッシングがきっかけで膨らみ続けた借金が気が付いてみると500万超えに。

2:シニア世代でもカードローンを使いまくっている

 
多重債務は無計画な若い世代の問題とされていたというのは、昔の話。今は、働き盛りの中年や退職したシニア世代でも、息子や娘のために、ついつい使ってしまったというカードローンが膨らみ、返済しきれない状況に。若い世代を馬鹿にできないシニア世代の自己破産は意外に増えています。

3:銀行からと安心して借り入れをした結果・・・・

銀行からの借入と思って安心したが、収入が追い付かないとやはり自己破産

クレジットカードの借入で、知らない間に借金が膨らみ、消費者金融からも借り入れができないほどに。そこでテレビのコマーシャルでも見かける銀行から借り入れをして一本化に。ところが定年ともなると収入はそれほどなく、銀行ローンの返済も遅延するように・・・。気が付いてみれば自己破産しかなくなっているというケースは、どこにでもありようなケースになっています。

 

総量規制の弊害か?なぜか増えたシニア世代の自己破産

70歳を超えてから、裁判所へ行って自己破産手続きを取る方が多い理由は、家族に迷惑をかけるよりひっそりと自己破産をした方がいいという考えからです。もちろん返済のために働くということは、肉体的にも精神的にも負担が大きいからという点はあります。  

自己破産者が増加した理由としては、銀行が個人向けのカードローンに力を入れたことが社会情勢として理由の一つにあげられます。

街を歩いていると、昔の武富士やプロミス、アコムが一時姿を消して銀行の貸し付けの看板を見かけるようになったと思いませんか。それからまた数年たって、銀行傘下の貸金業者などの看板が目立つようになりました。
実際に、債務整理の相談をしていると、銀行のカードローンを複数利用している方が増えました。

そして和解交渉をしてみて思うことですが、銀行から代位弁済した会社は、36回以内でなければだめだとか、遅延損害金は絶対負けられないとか、そういった会社ばかりが目立ちます。
 しかし、明らかに過剰融資だと思われるケースも多く、支払い可能であるかの審査をちゃんとおこなっているのかと、思えるような貸付です。
 

督促状が来て震える女性
途方に暮れるばあさん

シニアになってもあきらめない。人生100歳時代を自分の責任で生きるべし!

リード文を入力します。

意外と自分だけが・・・と悩んでいませんか。
シニア世代でもご夫婦が協力し合って完済している方も結構多いものです。借金の理由よりも、心を切り替えて法的手続きにより解決がつく場合があるということです。
むかしは「弁護士に相談している」ということが引け目となり債務整理に暗いイメージがついていました。でも今の世の中は「返済に困ったら弁護士に相談して債務整理する」という人が増加しています。一人で悩まずまずは相談です。
 

低金利で便利に使えるってホント?

60才~80才をターゲットに。なぜターゲットにされるのか。

公的な融資ももちろん存在します。年金を担保に融資を受ける「年金担保貸付」だとかなり低金利で融資を受けることが出来るのはみんな知っていること。
ただし、意外と利用条件も厳しくなります。しかし年金を担保に入れるなどに抵抗感はないのでしょうか。そこで「無担保・無保証人で本人の契約だけで利用できるローン」であれば、誰もが借り入れを考えると思いませんか。でもリスクは本当にないのでしょうか。
結局借金 には変わりはありません。金利が問題です。返済できなければ自己破産になってしまいます。シニア世代は、若いころと違って体を張って働くなんて言うことはできません。

誰にも言えない借金。でもみんながやってる債務整理。

シニア世代となれば、若いころのカードローンが膨らんで、カードローンの借り入れに歯止めが止まらない結果自己破産になるとか、手放したくないマイホームの住宅ローンに充てるための借入であったりとか、病気で働けないなど、シニア世代ともなれば、こういった理由が多いものです。しかしいえることは収入より支出が多かったからこういう結果になったということ。

意外と知られていないようですが、借金を家族に打ち明けることができず、ストレスが高じて精神病になるとか、パニックなるとかこういったことが原因で自己破産が増加しています。
誰にも言いたくないヒミツにしたい借金ですが、昔は、家族で借金をどうしようかと相談する光景もあったのですが、今は夫婦でも「絶対に言えない」と言った関係から自己破産は広がっています。

債務整理に直結する

すぐに債務整理を始めたい方は、LinkIcon今すぐメールで無料相談 
開けなかった方は>>今すぐ債務整理希望

0120-316-018

 資料請求|fax03-3402-5411

資料請求(PDF版)

 

資料請求|soudan@6161.jp

資料請求(エクセル版)
 


家族にばれない前に、結婚する前に借金を完済しましょう
バレナイうちに債務整理

借金問題を解決する方法に、任意整理(にんいせいり)という方法があります。収入があり、毎月の返済金が減ってほしいとお考えの方に適しています。任意整理についてLinkIcon
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは債務整理を失敗させないために「絶対完済プラン」をご用意しています。絶対完済プランLinkIcon

自分で返済しているよりも、メリットは多いです。

任意整理をして不利な点は、新たな借り入れができなくなるということくらいです。そもそも借金漬けに懲りているわけですから、新たな借り入れができなくても一度生活をリセットするいいチャンスです。
 

任意整理でいいのかなと悩む女性
まずは請求をストップ!それから考える。受任時は、自分でも考えがまとらないのも当然。まずは目標とする毎月の返済額をご依頼者自身でお決めください。 (自己破産・任意整理・個人再生手続きのボーダーラインを提案します)
                                  任意整理の条件LinkIcon

最速で請求を止めることから始めます。最速で受任が可能になるのは
まずはメールする。
LinkIcon今すぐメールで無料相談

任意整理を教えてくれる弁護士 

家族に知られるのではないか?とか、返済金ができなくなったらどうしよう、などなど・・・。皆さんからよくある質問をピックアップしてみました。
 

 
 

はさみを入れたクレジットカード
受任から完済(借金がなくなるまで)の手続きの流れについての説明です

 
 

競売寸前でも間に合う場合があります。再生手続きという方法です。
 

 

自己破産と一人合点しないことです。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、現在収入がなくても、受任して数か月の間に就職(アルバイトでもOK)ができる場合もあるので、すぐに自己破産と決めてかかりません。収入があっても扶養家族が多く、自己破産しか生きる道がない場合もあります。まずは借金 専門の弁護士にご相談ください(無料)