HOME > サブリース被害の借金整理

サブリース被害からくる借金問題

相続税対策・副収入...安定収入のためのサブリース契約にも落とし穴が

サブリース契約の前に不動産専門弁護士に相談するのが安全対策

近年増加の一括借り上げサブリース契約。相続税対策のつもりが…ホントに大丈夫?

サブリース契約をしてアパートを建てようかと迷っている女性

 
近年サラリーマンの方や定年を迎えたる方を中心として、相続税対策としてアパート経営を始める人が増えてきています。目的は副収入や定年後の安定収入を得る、相続税対策があります。
「アパートを建てて相続税を減らせます」などとよく耳にした方も多いはず。大手建設会社のCMで一括借り上げの賃貸契約を紹介しているところもあります。テレビやインターネット広告でもよく見かけますが、一体どういった仕組みで相続税を減らせるのかを知っておく必要もあります。
遺族が資産を相続する場合、現金で相続すると相続税に対する減額効果がありません。
相続税は100%かかってしまいます。
★しかし、土地や建物などの不動産の形で相続した場合には相続税は不動産の価値により決定され、
★★アパートなど賃貸物件の形にした場合にはさらに相続税を下げることが出来ます。

相続税が減額できて相続後の家賃収入も得られるアパート経営を」各種不動産投資セミナーなどでも頻繁に講義が開催されていますが、デメリットに留意しなければなりません。
相続税が下がる理由は当たり前ですが「資産評価の低下」と減税の特例です。
  • 小規模住宅用地の減額の特例
  • 貸家建付地での土地の評価額が低下する
  • 建物の評価額が低下する
これらが組み合わさることで3割近くも相続税の評価額を下げることが可能になります。
 

 

サブリース契約は、近年賃料減額をめぐるトラブルが急増

法律事務所ロイヤーズロイヤーズはサブリース被害による債務整理は特別措置として着手金は経済的利益の1%報酬金は2%にして対応中。

平成30年3月27日、国土交通省と消費者庁はサブリースをめぐるトラブルについて、勧誘に関する相談・費用負担等に関する相談・家賃の減額に関する相談・サブリース会社との対応についてのご相談窓口を開設しました。■法律事務所ロイヤーズロイヤーズの弁護士竹内俊雄は、国土交通省窓口である地方整備局のエキスパートに対して国土交通大学校で指導しています。

サブリーストラブル要注意

 
サブリース契約をする場合は、契約の相手方から説明を受けて、契約内容や賃料減額などのリスクを十分理解することが大切です。
 しかしこれまで寄せられているご相談内容をみると■、「家賃保証」と謳われていても、入居状況の悪化や近隣の家賃相場の下落により賃料が減額する可能性があります。また■「30年間一括借り上げ」と謳われていても、、契約書でサブリース業者から解約することができる旨の規定がある場合は、契約期間中であっても解約の可能性があります。さらに契約時には考えもしなかった修繕費が問題になる場合があります。オーナーにサブリース会社から修繕費用を求められるケースなどもあり、老朽化にともない建物設備の修繕費用が必要になるなど、サブリース契約をするときは、修繕費用などオーナー負担となる固定資産税もふくめ、長期目線でサブリース契約の賃料を考える必要が大切です。
 

借金整理 法律事務所ロイヤーズロイヤーズの取り組み

法律事務所ロイヤーズロイヤーズだからこその債務整理方法

法律事務所ロイヤーズロイヤーズは、何度でも相談無料、そして借金問題が解決する(借金がなくなる)まで、フォローすることをお約束します。
債務整理のやり直しも可能です。債務整理で失敗された方,歓迎します。

 創業当時から借金問題の本格的法律事務所として過払い金・一元管理で返済する解決方法・完済するまで弁護士がフォローすることに徹底する方針を取る。・債務整理のサービスが充実・弁護士乗り換えも歓迎している。おすすめの絶対完済コースは友人・家族の紹介も多数あり全国多数の方が完済している実績を誇る。
①受任実費1万円で催促ストップ。元金返済だから低金利でおまとめするより最短で完済できる。
②借金ゼロ円になるまで弁護士がフォロー。
➂返済が滞った時でも弁護士が何度でも交渉。

「和解したから、あとはご自分でお支払い」ということはいたしません。だから完済率がぐっとアップ。その実績は、100%に近い。
■ご依頼者の目線で考えると、借金はなくなってこそ解決です。そのため一番大事と考えているのは「返済の継続」です。法律事務所ロイヤーズロイヤーズは、返済管理を充実しているため借金残金の通知・入金の通知がスピーディに対応でき、完済までの予定表をお渡しすることで「完済までの見える化」が明瞭です。誰にも知られず完済できた方は全国多数です。

▶法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは不動産研究に特化し長年研究を続けてきた不動産弁護士が、サブリース被害対策の一環としてサブリース被害に関する問題(賃料減額等)及びサブリース被害により生じた借金問題について本格的に取組中!


 
詳しくはこちら >>
 


任意整理は借金整理のいくつかある方法の一つです
借金を何らかの方法で解決することを債務整理といいます。すなわち任意整理、再生手続、自己破産を含めて債務整理というのですが、最近では任意整理のことを債務整理という方が増えております。

さて、任意整理はみなさんがイメージする通常の債務整理のことです。当事務所も借金の相談の際にはまずは任意整理の解決を考えます。

【任意整理】
弁護士が依頼者の代理人として各債権者(貸金業者など)と和解交渉して、和解を成立させます。和解に則って返済して借金の解決をする方法です。再生手続や自己破産と違って裁判所という公的手段を用いません。
返済する内容の和解を貸金業者と結び(契約締結)、以後この和解内容に従って返済を続けることで、借金を整理する手続きです。
任意整理は、自己破産や民事再生などのデメリットを避けながらも、過去の取引に過払い金があれば取戻して残金を減らします。さらに将来の金利のカットなどにより、そのまま返済を続ける場合に比べて実際に返済する金額を減額します
任意整理をすると、まず過払い金がないかを調査します。債権調査といって残元金・遅延金利を確定させ、原則として取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算すること(引き直し計算)で払いすぎた金利があればカットさせます。減額された元本のみを分割して返済すればよく、将来の金利や遅延損害金を返済する必要がなくなります。また、月々の返済額も、生活に支障のない範囲に減額することが可能です
2010年以降にできた借金は、法定利息以上の金利は取っていけませんよという法律に代わっているので、過払い金はヤミ金でもなければありません。 つまり貸金業者が利息制限法の上限金利内の金利を設定している場合、引き直し計算を行っても借金は減額されません。。しかし、この場合でも今の支払いが苦しくそのために毎月の返済額を減らす場合、そのまま払っていれば将来の金利は今まで以上に増え続けるところ、将来金利のカットなどが見込めるため、弁護士に依頼するメリットは大きいといえます。ただしいったん和解した返済通りに支払えばメリットは大きくなります。当事務所の場合は、返済が遅れても完済するまで、弁護士が何度でも債権者と交渉し完済できるようにフォローします。ですから返済に遅れた場合債権者から直接請求を受けることはありません。

・大きなメリット それは遅延損害金がカットされ減額するだけではありません。より大きなメリットは将来金利の0% すなわちカットです
例えば現在200万円の借金があって金利18%で毎月5万円ずつ返済すると完済するまでに支払う総額は310万円(内訳:元金…200万円 金利…110万円)となります。

・当事務所の大きな特徴…返済代行して完済書を取り付ける
和解をしたら、それで「解決」ということはしません。人生には何が起きるかわかりません。途中で病気になったり、会社が倒産したり。クビになったり。しかし法律事務所ロイヤーズロイヤーズであれば安心です。返済ができない場合は、まず弁護士が債権者に遅れた理由説明しまってもらったりします。毎月の支払いは法律事務所で管理します。ですから、ご依頼者様が弁護士とのお約束で決められた日に決めた金額をまとめて入金するだけで自分で貸金業者などに対して振込をしなくても済むのでとても楽です。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは債権者に返済する送金業務は月末に決め、返済が完了した後の残金をメールで通知知します(郵送可)。完済者からもその点が特にご好評です。
・完済するまですべてフォローします
完済した場合は完済の証となる「借用書」「完済書」などを各債権者から取り寄せて、ご依頼者にお渡しすることで委任契約が終了します。
また任意整理中に、失職など何らかの問題が起こってしまい毎月の返済ができなくなった場合はすぐに弁護士に相談してください。

 

債務の情報がわかれば解決策をご提案させていただきます(無料)


借金の額を少なくして解決を図ります。裁判所に申し立てますが破産とは違います。

個人再生
・概要
再生手続(正しくは「個人再生手続」)は、裁判所にお願いして、返済総額を大幅に減額してもらい、原則3年間で分割返済して借金を解決する方法です。
・減額一覧表
0円~100万円→返済額は減りません
100万円~500万円→返済額は100万円になる
500万円~1,500万円→借金額の5分の1に減額になる
1500万円~3,000万円→返済額は300万円になる
3,000万円~5,000万円→借金額の10分の1に減額になる
・条件
再生手続きは住宅ローンを除いて5,000万円以下の借金の方が対象となります。5,000万円以上の方は個人再生手続が認められません。
ここでいう借金とは、消費者金融、カード会社、銀行からの借り入れは当然のこと、友人からの借入、家族からの借入、自動車ローン、誰かに対する未払金も含めます。
・利点
返済総額が少なくなるので、自己破産を回避することができる。
自分自身で住宅ローンを支払っていくことができるため家を所持していられる。
弁護士が住宅ローンの毎月の返済額を減額するなどの交渉をする(住宅ローンのリスケジュール)ことができる。
・注意点
借金が400万円の場合を例にします。返済額は100万円になりますが、借金自体を100万円にしてもらうわけではありません。どういうことかというと、再生手続は3年かけて予定通りきちんと100万円支払った場合は残りの300万円を免除するという方法なので、返済を怠るなどした場合、「100万円支払った場合は残りの300万円を免除してもらう」という特約がなくなるので、もともとあった400万円を支払うことになるのです。

 

債務の情報がわかれば解決策をご提案させていただきます(無料)


生きていくための法律です。100%免責になれば返さなくてもよくなります。しかし競輪や競馬・パチンコといった遊興費のために借金ができたという場合は免責になりません。

自己破産
・目的
自己破産の目的は裁判所にお願いして、借金を帳消し(0円)にしてもらうことです。
・意味
自己破産の手続きは「破産」と「免責」があります。
「破産」について
破産とは、持っている財産(土地・建物・現金・預金)をお金に換えて、そのお金を借金額に応じて各債権者(お金を貸した会社や人)に返済することです。このような財産の精算をすることを「破産」といいます。おそらく皆さんが考える破産とは意味が違っていたのではないでしょうか。
「免責」について
「破産すると借金を払わなくてもよくなる」と思っている方がいますが、上記で書いたように破産は財産の精算をすることなので、破産しても借金は残ったままです。それでは意味がないので、どうするのかというと、破産した後に裁判官から「免責」の許可をもらう手続きを行います。免責によって借金が帳消しになります。
自己破産は「破産」→「免責」という順を追って借金を帳消しにしてもらう制度です。破産したけれども免責の許可が出ない場合は、破産したまま借金を返済するという事態になってしまいます。
・注意点
消費者金融、カード会社、銀行からの借り入れは当然のこと、友人からの借入、家族からの借入、自動車ローン、誰かに対する未払金そして住宅ローンなどすべての借金を対象とします。ですから、家や自動車を手放すことになります。
また、住宅ローンを払いきっていたりして住宅ローンが無い場合でも、家の名義が自分であれば「破産」で説明したとおり、家と土地を売ってお金に換えて債権者に返済する必要があるので、住宅を手放すことになります。
・当事務所の方針
最近は「自己破産はこわくない」などと借金の解決方法として自己破産を推奨する傾向があります。しかしながら法律で決められているとはいえ破産を正当化することは日本古来の秩序観念を乱すものとなるのではないかという懸念があってなりません。
そこで当事務所では「借りたお金を返すのは当然のこと」をスローガンにして、ご相談者が自己破産を希望してもまずは任意整理、もしくは再生手続ができないかを検討します。そして現在の生活のまま、あるいはちょっとの節制を行うことで任意整理ができる債務状況であるにもかかわらず自己破産を希望するご相談者からの依頼はお受けしないこともあります。
債権者(貸した側)の味方をするわけではありませんが、仮にみなさんがお金を貸した相手がいとも簡単に自己破産をしたならば怒りが頂点に達することを想像するのは容易いため、債権者の身に置き換えてみると、自己破産は検討を重ねた挙句の最終手段であるということに帰結するものであり、それが当事務所の自己破産に対する方針です。

 

債務の情報がわかれば解決策をご提案させていただきます(無料)


       借金解決の第一歩はこちら
解決の方法を無料で提案します。 法律事務所ロイヤーズロイヤーズの名前では出しません。「6161.jp」で送付します。 ご家族に秘密に解決できるように配慮しています。多数の方が解決しています。どうかあなたも解決の第一歩を踏み出してください。応援します。