HOME | 任意整理もいろいろ

任意整理の方法は弁護士によって様々

弁護士費用を最初につ見立てる方式だと、積立期間中に「辞任」されたら借金が膨らむ結果に
 毎月の金額ができないから辞任される。それなら弁護士と決めた毎月の金額をまず入金してみて、生活ができない場合は弁護士から返金してもらえれば問題ないですね。
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは
まず任意整理が可能な毎月の金額を提示します。
そしてお給料の次の日に、お約束の【任意整理が可能な毎月の金額】をご入金いただきます。
そして翌月のお給料までに、どうしても不足した場合は正直に申し出ていただきます。もちろん家計の状況を説明いただいたうえで、弁護士が
【任意整理が可能な毎月の金額】はムリだったと判断した場合は返金します
事情によっては翌月から再度【任意整理が可能な毎月の金額】を挑戦してみるかどうかは弁護士との話し合いで決めます。
こうやって、任意整理が可能かどうかを判断し、弁護士は交渉を開始します。
 
▶和解後に、お約束の【任意整理が可能な毎月の金額】ができない事情が発生した場合は、速やかにご相談を受け付けます。どうしたらいいのかを弁護士が考えます。
▶相談されずに一人で悩むことだけはしないでいただきます。あくまでも弁護士は完済させるために債権者と話し合いを続け、ご相談者(債務者)の状況から判断して、再和解交渉をするか、再生手続きをした方がいいか、自己破産かを考えます。自己破産は最終手段です。
完済は、債務者自身が目指すものですが、弁護士及び法律事務所スタッフ全員が一丸となって借金解決を目指します。
 

高齢者の借金問題
借金で青息吐息
元金だけの返済なら完済できる
家計簿をつけて計画的な生活を実現

家計収支を重視する債務整理

何とか借金地獄から抜け出そうとする方にとっての救世主になろうと努力しています。

任意整理を扱う弁護士は多いと思いますが、家計簿にうるさい弁護士も嫌がられます。でも完済するためには、ムダを省き、浪費しないように生活習慣を見直し「決して見栄を張らない生活」が大事なのです。

長期化する任意整理期間を、法律事務所と本音で付き合う

任意整理で毎月必要となる原資の捻出こそ、最優先。それはそうだと、思えるのであれば完済できます。

任意整理は、毎月弁護士と約束したお金の捻出が可能かどうか。そこで足踏みをしてしまうのは実にもったいない。そこで最初にまず、
1 任意整理がギリギリできる金額を、まず決めてお給料日の翌月までの入金いただきます
2 しばらく緊張して、無駄のないやり繰りをしていただき、翌月の給料日までに「財布が底つきた場合は」仕方がありません。弁護士が返金します理由如何により、方針を自己破産にすぐに切り替えることはしません。滞納がある場合もあるからです。なるべく最初のご相談時に弁護士に話をしていただければ、毎月同じ金額の設定ではなく、滞納などの問題も含めてご相談にのることができます。

借金問題を必ず解決して、自分らしい人生を取り戻す

あなたにとって「任意整理」で充実した人生を

完済する人に見る共通点
1 見栄を張らない
2 お給料日の翌月に必ず弁護士と決めたお金を入金する【その残りで生活をしている】
3 「毎月決まった入金金額」を完済が近くなると楽しみにして入金する

債務整理に直結する

すぐに債務整理を始めたい方は、LinkIcon今すぐメールで無料相談 
開けなかった方は>>今すぐ債務整理希望

0120-316-018

 資料請求|fax03-3402-5411

資料請求(PDF版)

 

資料請求|soudan@6161.jp

資料請求(エクセル版)
 


キャッシュレス時代だからこそクレジットカードの信用を取り戻すことが大切。返済がきついと感じていたら、迷わず任意整理で、もう一度信用復活を図ることが賢明。
今の時代だから任意整理

家族にばれない前に、結婚する前に借金を完済しましょう
バレナイうちに債務整理

債務整理専門のテクニック

借金問題を解決する方法に、任意整理(にんいせいり)という方法があります。収入があり、毎月の返済金が減ってほしいとお考えの方に適しています。任意整理についてLinkIcon
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは債務整理を失敗させないために「絶対完済プラン」をご用意しています。絶対完済プランLinkIcon

自分で返済しているよりも、メリットは多いです。

任意整理をして不利な点は、新たな借り入れができなくなるということくらいです。そもそも借金漬けに懲りているわけですから、新たな借り入れができなくても一度生活をリセットするいいチャンスです。
 

任意整理でいいのかなと悩む女性
まずは請求をストップ!それから考える。受任時は、自分でも考えがまとらないのも当然。まずは目標とする毎月の返済額をご依頼者自身でお決めください。 (自己破産・任意整理・個人再生手続きのボーダーラインを提案します)
                                  任意整理の条件LinkIcon

最速で請求を止めることから始めます。最速で受任が可能になるのは
まずはメールする。
LinkIcon今すぐメールで無料相談

任意整理を教えてくれる弁護士 

家族に知られるのではないか?とか、返済金ができなくなったらどうしよう、などなど・・・。皆さんからよくある質問をピックアップしてみました。
 

 
 

はさみを入れたクレジットカード
受任から完済(借金がなくなるまで)の手続きの流れについての説明です

 
 

競売寸前でも間に合う場合があります。再生手続きという方法です。
 

 

自己破産と一人合点しないことです。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、現在収入がなくても、受任して数か月の間に就職(アルバイトでもOK)ができる場合もあるので、すぐに自己破産と決めてかかりません。収入があっても扶養家族が多く、自己破産しか生きる道がない場合もあります。まずは借金 専門の弁護士にご相談ください(無料)
 

 
住宅ローンの滞納

住宅ローンなどの滞納により、せっかく購入した家が競売に。再生手続きという方法であれば住宅を手放さなくても債務整理が可能になります。条件があるので早急に弁護士に相談してください

自己破産に追い込まれた男性
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは仕事がなくて自己破産しかないという場合でも、受任後、就職活動をしてそれでもダメと判断した時「自己破産」に方針を決定します。また返済途中でも返済原資を生み出せない状況に陥った場合自己破産に方針を変更できます          自己破産について
 
マンション投資

サブリース契約による借金問題は、不動産専門・借金問題解決専門弁護士にお任せ