債務整理の定番|おすすめは任意整理

債務整理の成功率が高いのは、返済が遅れた時こそ弁護士が債権者と交渉するから

債務整理は人生にとって損ではない

あなたも債務整理。返済どうしようかと迷よったら、債務整理です。
 

債務整理の定番|ロイヤーズの絶対完済コース(任意整理)

債務整理は完済まで完全フォロー
 

 返済に遅れた時こそ弁護士が力になる。完済するまで見放さない依頼者参加型の実行金設定。

債務整理の概要

HOME | 債務整理の定番

法律事務所ロイヤーズロイヤーズの定番(任意整理)とは、依頼者参加型の毎月の実行金

相談から受任まで

闇金は相談した日に請求STOP

全部話してほしい闇金件数。

●闇金から請求されて困っている相談を受けます。たいてい初めは「2件だけです」とか言うのですが、すぐに請求がピタッと止まると「実はもう1件あります」とか、翌日も「もう3件受任してもらえますか」と続きます。こういったことはよくあることですが、きっと全部言うと受任してもらえないと思ってしまうのか、はじめから全部言う方は少ないのが現実です。
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは10件でも30件でも100件でも受任しますので、臆せずご相談いただきたいと思っています。

 
闇金についてはこちら闇金についてはこちら

闇金も含め請求を止める。債務整理の方針(自己破産・任意整理・個人再生)は生活収支が基本

ご相談時に債務情報をお伺いします。債務がいくらあるのか、受任後「債権調査」により債務額を確定します。しかしいくら調査したところで、借金を払っていく返済原資(お金)が捻出できなければ自己破産に決まりです。しかし相談した時は、闇金があったり、収入と支出が自分自身でよくわかっていない方もいます。
●ご相談時にまず自己破産・任意整理・個人再生のボーダーラインを提示します。受任は、2000円~1.800円の範囲でご入金いただきます。
●翌月は、任意整理の可能なボーダーライン額を目標にお給料日の翌日に入金いただくことにします。翌月もです。この時点で債務額も確定しますので、ボーダーラインより少し少なくていいとか、少し多めに支払えるとかそういった話をします。
何より依頼者自身が、ボーダーラインを意識して、積極的に毎月の実行金(返済原資)を決定することができるので法律事務所ロイヤーズロイヤーズと一体になって完済を目指すことができるのです。

 
絶対完済コースはこちら絶対完済コースはこちら

依頼者参加型の「毎月の実行金」とは

法律事務所ロイヤーズロイヤーズと一体となって借金が確実に無くなる日を目指す

法律事務所ロイヤーズロイヤーズの借金(サイム整理)は、依頼者参加型です。どういうことかというと、「自己破産をしたくない」という方が多いからです。ですから自己破産にならないためには「毎月この金額は確保しなければ危ない(自己破産)という自己破産突入のボーダーラインを提示します。

自己破産にならないための原資目標が捻出できるかどうかを、ご依頼者の方が目標意識をもって受任の翌月から2か月かけて実行日(受任時に決める毎月のお金の入金日=お給料日の翌日)に実行金(目標金額)を入金します。

〈最終入金日には、全部の借金が消える?〉
・法律事務所ロイヤーズロイヤーズの絶対完済コースの任意整理は、借金が5件あっても10件でも、一度に借金が消えてなくなる日を設定します。イレギュラーもあるのですが、みなさんそれで完済してます。
 
今すぐ債務整理はこちら今すぐ債務整理はこちら

借金解決のためのスピード提案をご希望さる方(無料)

もっと具体的な親身になった相談を希望される方は資料請求を希望してください。

借金問題を最短でスピード解決

 
 
借金情報の書き込みはこちら借金情報の書き込みはこちら

絶対完済コースの具体的な流れ

借金の相談です。無料と書いてあったのですが…

相談内容は借金ですから、 借金件数と具体的な 残高(おおよそでいいです)を全部教えていただけますか?それとご自身が借金整理に 捻出可能な毎月のお金はいくらくらいですか?

お金がないから相談することをよく理解しています。ご安心ください。ご相談時から絶対完済コースの開始です。
 

気になる弁護士費用は、翌月から。受任時に必要となるのは10,800円(分割可)

受任時からお金がある方はいません。受任実費として10,800円をご入金にいただきますが、分割でも構いません。

お金がないのに、いくら払えるのかなんてわからなくて当然です。債務整理の開始時には受任実費として10800円が必要となります。まったくお金がない場合でも、ご相談ください。2000円から受け付けています。主婦の方で、全く手元にない方でも闇金の請求が激しく生きていけないという方は、状況をご説明ください。状況によって、後日入金でもお受けします。
 

受任月は10,800円(分割可能)、2か月目、3か月目、ALLゼロ円であれば自己破産。

依頼者参加型の毎月の実行金を実現

ご相談時に、債務情報をいただければ、自己破産にならないボーダーラインをご提示します。 債務情報の書きこみはEメールでこちらから>>ボーダーラインの金額が可能かどうかはやってみてください。目標金額です。誰でも、相談時はパニクッテいるものです。貸金業者からの請求がSTOPして初めて落ち着いた生活が取り戻せるものです。落ち着いた生活の中で、健康に気遣い、知的ない食生活を心がけ、毎月の目標金額捻出に専念してみてください。もちろん、「家計簿」は重要です。お給料日を起算日にして次のお給料日まで、一か月間家計簿の記録をしてみてください。法律事務所ロイヤーズロイヤーズに提出するというよりは、生活の反省点を自分で見つけてもらうためです。
 

3か月間の収入状況を見てから 決める?

「生活状況(毎月の家計簿)」の提出は、優等生は3か月で打ち切り。

収入と節約した最低限の支出によって、残ったお金が債務整理に充てられるお金です。ですが自己破産にならないで済む任意整理可能金額がクリアできたら、不測の事態を想定し貯金してください。
 

法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは完済目標月の「予定表」をお渡しします

自己破産のボーダーラインをクリアできれば確実に完済できる

長期の和解を試みます。万が一、任意整理可能金額が捻出できない場合を想定するからです。着々と毎月の実行金が計画通りご入金されると、いつの時点で借金が全部なくなるのか、借金消滅日がはっきりします。最終入金月の「あなたの実行日」の翌月までに、残金一括和解を組み直し、最終入金月の翌月に完済できます(実行日が月末の方の場合は、翌翌月の再和解くみ直しのために翌翌月の完済になる場合があります)。
um.

予定表どおりに完済。完済月は最終入金月の翌月

完済書をお渡しして債務整理事件の終了です。債務のお勉強期間の終了(卒業)です。

完済書は「これであなたの債務はありません」という証明書です。完済書を取り付けたら、全業者の分を求めて送付しますので、しっかり保管するなりしてください。ご自身の債務整理の研修期間終了の卒業証書ですね。
 

 
債務整理中のよくある相談 Q&A 
弁護士に相談するマテ子

何でも聞かなきゃ心配

行方不明にならない限り、見放しません。

返済ができない時こそ弁護士の出番です。ご相談ください。

返済できない、実行金ができないという場合は、どういった事情でできなくなったのかを教えてください。弁護士が債権者に交渉して、「返済日が遅れてすみません。もう少しお待ちいただけないでしょうか?」と交渉を始めます。その時重要なのが、翌月の実行日まで実行金が捻出できる場合と、できない場合があるということ。できない場合こそ、弁護士に事情を話してください。これによって「辞任」することはありませんが、場合(病気とか)によっては自己破産になる場合もあるからです。ただし失業したからといってすぐに自己破産にはしません。求職活動をしてみて状況によって方針を検討しなおすこともあり得ます。

改めての着手金はありません

任意整理の途中で再生手続きになった場合とか

よくあることではありませんが、たとえば任意整理の着手金が20万であったのに個人再生では30万円という場合は不足金の10万円が追加になります。任意整理事件でダメになり改めて弁護士を探すことはないので、弁護料のムダはありません。残念なことに他の法律事務所で債務整理をしてもらっていて、途中で辞任された方がよくいらっしゃるのですが、気の毒に思います。
 

基本はお給料日の翌月です

何より優先して実行金を確保する意識を完済するまで保ち続けましょう!

お給料日が変わることもあるし、その辺の事情はご相談いただければ変更は可能です、実行金を毎月確保することが目的の実行日です。
収入があったときに入金するという方は、毎月数回に分けてご入金される方もいます。

UPは可能です。完済が早まります。DOWNはどこまで任意整理が進行したかによります。自己破産ボーダーラインすれすれの方は残念ですが、自己破産になる可能性が高まるのでご相談ください

自己破産ボーダーラインすれすれの方は残念ですが、自己破産?

そう決まったものでもありません。受任後すぐに実行金ができないという場合でも、ボーナス入金が可能な方は、絶望する必要はありません。ボーナス時に、多めの入金によって自己破産が回避できる場合もあります。
また、会社が変わりお給料日が変わる方もいます。当然の実行日の変更ですから、安心して申し出てください。
 

債務整理についてのよくある質問です

みんながよく質問することを載せました。

自分には関係ないと思っていても、「借金がなかなか終わらない」とか、「結婚する前に借金をなくしたい」とか「ブラックリストになると、借り入れができないのでは」・・・などよくある質問に弁護士が答えます。ぜひ参考にして債務整理の不安を解消してください。

 


「家や車を手放したくないから債務整理はしたくない」と思われている方もいますが早めの手続きで財産を残すことができます。今現在、返済ができているご状況であれば財産を残して債務整理ができる[任意整理]の手続という方法があります。


任意整理は裁判所を経由せず弁護士が「元金を返済することを条件に返済を軽減してもらえるように和解交渉をする」手続きになります。ですから返済が続いてないとできません。今現在の返済金より減額できれば続くという方も「任意整理」が可能になります。


「持ち家をそのままで、持ち家に住宅ローンがついている場合でも、他の借金の整理はできます」個人再生という手続きで可能になります。もっとも、条件はあるのですが、家を確保しつつ借金整理が可能になります。「任意整理」や「特定調停」の手続きを行っても返済が難しいという場合に「個人再生」を検討します。


貸金業者に対して、法定金利を超える払いすぎた利息分の返還を行う手続きです。今は法律も2010年の改正でされて、法定金利以上の金利を取って貸し付けている業者はいなくなりました。ヤミ金はありますが) 。
2010年以前から借りているような長期間のキャッシングをされていたケースであれば、過払い金が発生している可能性があります


信用情報機関の信用情報に事故情報(いわゆるブラックリスト)が載ります。つまりお金が借りられなくなります。 完済から5~7年で消るようですが貸金業者によって違うようです。


確かにブラックリストになると新たな借り入れは難しいでしょう。しかしブラックリストの本質は「融資(ローン)が受けづらくなる」ことです。返済が遅れるとブラックリストに載るので債務整理を開始するのが賢明です。


基本的には一度だけ事務所にお越しいただければ大丈夫です 。わざわざ何度も来ていただく必要はございません。 後は電話やメール、郵送でのやりとりとなります。


ありません。弁護士が受任した時点で、貸金業者から直接債務者へ連絡することは禁止されているからです。


弁護料を含めても楽になります。楽になった分返済回数も増えるかというと、金利がカットされるので現状よりずっと早く完済できます。弁護士があなたに最適な債務整理の方法をご案内します。


借金整理をしても、ご家庭や会社に貸金業者から連絡がくることは一切ありません。弁護士が受任すると請求はぴたりと止まります。借金(債務)整理は、原則としてご家族や勤務先に秘密で進めることが出来ますので、ご安心下さい。


ありません。ご家族が保証人になっていれば別ですが、そうでなければ債務整理の対象になるのはご「本人」だけです。配偶者の方や子供には原則影響はでませんので、ご安心ください。


毎月の返済で元金に充当されず、利息にかかっているからです。例えば利息が1万の場合、「1万円返済して返済できている」と認識されている方は返済しても借金は減りません。元金が全く減っていなくても貸金業者は利息で売り上げを立てていますので、利息さえ入ればいいわけです。困るのは借金が減らない「あなた」です。

大切な人に知られないうちに完済しましょう

両親と同居されていたり、恋人と同棲していても借金問題だけは内緒にしていたいのが人情。でも返済ができないと貸金業者からの催促でばれてしまうこともしばしば。
債務整理をしたら、家族にばれてしまうと思われている方もいらっしゃると思いますが、法律事務所ロイヤーズロイヤーズであれば、Eメールでやり取りするので知られないうちに完済される方がほとんどです。

 

バレナイうちに債務整理

債務整理よくある質問
       借金解決の第一歩はこちら
解決の方法を無料で提案します。 法律事務所ロイヤーズロイヤーズの名前では出しません。「6161.jp」で送付します。 ご家族に秘密に解決できるように配慮しています。多数の方が解決しています。どうかあなたも解決の第一歩を踏み出してください。応援します。
 
サブリース被害の手引き
       サブリース被害お悩み相談はこちら
解決の方法を提案します。そのためには、情報が必要になります。その情報を「書き込む用紙」を送付するのでご記入の上ご返送ください。届き次第、具体的な解決方法を無料で提案します。法律事務所ロイヤーズロイヤーズの名前ではなく 「6161.jp」で郵送いたします

キャッシュレス時代だからこそクレジットカードの信用を取り戻すことが大切。返済がきついと感じていたら、迷わず任意整理で、もう一度信用復活を図ることが賢明。
今の時代だから任意整理

家族にばれない前に、結婚する前に借金を完済しましょう
バレナイうちに債務整理

債務整理専門のテクニック

借金問題を解決する方法に、任意整理(にんいせいり)という方法があります。収入があり、毎月の返済金が減ってほしいとお考えの方に適しています。任意整理についてLinkIcon
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは債務整理を失敗させないために「絶対完済プラン」をご用意しています。絶対完済プランLinkIcon

自分で返済しているよりも、メリットは多いです。

任意整理をして不利な点は、新たな借り入れができなくなるということくらいです。そもそも借金漬けに懲りているわけですから、新たな借り入れができなくても一度生活をリセットするいいチャンスです。
 

任意整理でいいのかなと悩む女性
まずは請求をストップ!それから考える。受任時は、自分でも考えがまとらないのも当然。まずは目標とする毎月の返済額をご依頼者自身でお決めください。 (自己破産・任意整理・個人再生手続きのボーダーラインを提案します)
                                  任意整理の条件LinkIcon

最速で請求を止めることから始めます。最速で受任が可能になるのは
まずはメールする。
LinkIcon今すぐメールで無料相談

任意整理を教えてくれる弁護士 

家族に知られるのではないか?とか、返済金ができなくなったらどうしよう、などなど・・・。皆さんからよくある質問をピックアップしてみました。
 

 
 

はさみを入れたクレジットカード
受任から完済(借金がなくなるまで)の手続きの流れについての説明です

 
 

競売寸前でも間に合う場合があります。再生手続きという方法です。
 

 

自己破産と一人合点しないことです。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、現在収入がなくても、受任して数か月の間に就職(アルバイトでもOK)ができる場合もあるので、すぐに自己破産と決めてかかりません。収入があっても扶養家族が多く、自己破産しか生きる道がない場合もあります。まずは借金 専門の弁護士にご相談ください(無料)
 

 

 

家族に内緒で債務整理ができます。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは「今月の返済金どうしよう・・・・」といったときでも弁護士が、債権者に対して支払いの遅れについて交渉するので、家族や会社にばれることはありません。弁護士との約束をきちんと守って借金をなくしましょう!    完済まで弁護士がフォローLinkIcon
                              女性の借金問題を解決

借金問題・返済の相談窓口|債務整理のやり直しも可能です
債務整理で失敗された方,歓迎します。

実際に弁護士がヤミ金と電話している場面を目の当たりにできるので、弁護士が請求を止めてくれていることを実感できます。
 

完済までの金利をシミュレーションする

いくら返すと借金はなくなるか(借金自己診断)

元金と金利の比率

 
今後いくら払えば(返済すれば)借金がなくなるのか、考えたことはあるでしょうか。今の借金に将来金利を加算した額を払いきると借金はなくなります。では実際にいくら払えばいいのでしょうか…早速シミュレーションしてみましょう。

債務整理の秘策 絶対完済プラン

完済して喜ぶ女性

 
 
 
住宅ローンの滞納

住宅ローンなどの滞納により、せっかく購入した家が競売に。再生手続きという方法であれば住宅を手放さなくても債務整理が可能になります。条件があるので早急に弁護士に相談してください

自己破産に追い込まれた男性
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは仕事がなくて自己破産しかないという場合でも、受任後、就職活動をしてそれでもダメと判断した時「自己破産」に方針を決定します。また返済途中でも返済原資を生み出せない状況に陥った場合自己破産に方針を変更できます          自己破産について
 
マンション投資

サブリース契約による借金問題は、不動産専門・借金問題解決専門弁護士にお任せ
 

 

資料請求から始める借金問題の解決

弁護士がメールで回答(soudan@6161.jpからメールで回答)

「6161.jp」で郵送します。同居人に知られる心配なし。
解決のために借金の情報を「書き込む用紙」が同封されていますので、記入してご返送いただくか,FAX(03-3402-5411)してください。                               資料請求 債務情報送信用(スピード解決) 

 債務整理のやり直し応援します。

                                                                                       資料請求はこちら>>

いきなり債務整理 >> 問い合わせメール
開けなかった方は>>今すぐ債務整理希望
メール送信後、

soudan@6161.jp から確認メールが届かない場合は、着信拒否になっている可能性があります。弁護士がメールで回答させていただくため、ご確認ください(0120-316-018までご遠慮なく確認ください)