自己破産を考える前に|自己破産しなくてすむ方法

財産をすべて失う自己破産。自己破産せずに解決できる方法(個人再生・任意整理)を検討する価値はあります

借金整理の問題は専門家の目線で検討することが重要です。返済の期限が過ぎてしまい、あわててお金を借りるところを探し手もみから図万策尽きて相談される方も大勢います。まずは、費用のことは二の次にしてまずは弁護士に相談することです。(債務の相談は無料でお受けします)
 

 法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、ご相談時に収入がないかたでも、健康であれば就職活動を継続してみるなどして、すぐに破産の申し立てをするという方針固めをしません。破産は最終手段です。借りたものは返すのは当たり前ですが、毎月の返済額が不足したり払えなかったりすることに問題があります。自己破産だと決めてかかる前に、ぜひご相談ください。たいていの方は自己破産せずに解決がついています。

自己破産を考える前に

HOME > 自己破産を考える前に|自己破産しなくてすむ方法

自己破産は最終手段

リボ払いが普通になったカード社会。毎月の返済額の見直しには注意が必要です

リボ払いは、自分の都合で返済額の調整ができるので、ありがたいと思いがちですが、それこそ元金がなかなか減っていかない、つまり金利だけを返済しているような借金漬けの生活の始まりなのです。

毎月返済をしているのに10年たってもなかなか借金が減っていかないと思われている方は多いはづです。それはその筈。誰でも、欲しいなと思う商品をすぐに購入したいと思うのは同じです。でも以前であれば、自分の財布の中身と相談して衝動買いを控えることができましたが、今のご時世カードがあれば何でもすぐに手にはいるのですから、気が付いてみるとあっという間に借金が膨らんでしまいます。でもそれも払いきる前にまた、新たにカードで購入するということを繰り返すと、いくら毎月返済していても、返済額を増やさない限り借金は一向に減ることはありません。しかし、自分が購入した商品に、いくらの金利がプラスされるのかを購入時に考える人は少ないかもしれませんね。現在借金を抱えている方で、返済がきつく感じ始めていたら、それは一度返済が終わってしまうまでに支払わなければならない金利合計を計算してみることをお勧めします。つまり自分では自覚がなくても、債務整理は他人事のように感じていても他人事でない状況に陥っているかもしれません。むしろ債務整理が必要な時期と考えていいでしょう。

 

自己破産しなくてすむ方法

任意整理という方法

裁判所を介さず弁護士が債権者と交渉して今後の返済方法を取り決める

①債権調査
弁護士が、債権者に直接「取引履歴」を開示させて過払いがあれば取戻し、元金を確定
②和解
弁護士が、債務者の生活の窮状を債権者に理解してもらい、貸し手としての社会的責任として将来の金利をカットし、毎月は可能な範囲の返済額に応じてもらう協力をいただく→和解成立
➂和解条項にそって返済を開始!

弁護士と一緒になって完済を目指す

 
任意整理という言葉は同じでも、違いがあるって知ってました?
法律事務所ロイヤーズロイヤーズの任意整理の流れはこうなります。

▶ご相談時・・・まず任意整理の要件に合うかどうかを検討。要件は借金の元金を3年乃至4年程度で払いきれるかどうかということ。毎月の収入があるか毎月でなくても定期的に収入が見込めないと要件を満たしませんよね。仮にご相談時に要件を満たさなくても、アルバイトをしたり、生命保険を解約したり(自己破産になれば解約です)、生活費を見直すことで任意整理をが可能になる場合が多々あります。
そういった場合は、ご依頼者とご相談の上、節約をするなりアルバイトをするなりして自己破産を回避できるように努力してみることとし、できなければ自己破産になってしまうことを説明します。逆にできるようであれば任意整理という方法で解決できます。
法律事務所によっては、一定期間帳簿付け(家計簿)をさせないところがほとんどのようです。ロイヤーズロイヤーズは、ここが一番の肝心と考えています。任意整理の時と同じです。生活収支にあった解決方法を選択するためです。そうでなければ、返済に躓いてしまい、せっかくの再生手続きも破産になってしまいます。
▶受任・・・3か月程度は、毎月借金のために捻出可能な金額を確定するために、苦しいでしょうが家計簿をつけていただきます。毎月必要となる、個人再生に必要となる毎月のお金を確保かどうかを確認します。

▶裁判所に申立・・・個人再生手続きの場合は申し立て後裁判所から、個人再生委員が選任されます。弁護料(10万円~20万円程度)必要になります。個人再生手続きが妥当かどうか、再生委員の口座に、毎月決まったお金を入金することになります。緊張しますね。
▶ 裁判所の決定「再生計画を認可する」がでたら
▶返済開始・・・毎月決まった額を決った日にちに入金していただきます。
◎ここからはロイヤーズロイヤーズは任意整理と同様の方法で解決するまで辞任しません。
◎仮に返済が遅れるようなことが生じた場合、弁護士が辞任していると債権者から激しい取り立てを受けることになります。この点ロイヤーズは、仮に返済が遅れるようなことがあっても弁護士が交渉します。


 
任意整理についてのクリックボタン任意整理についてのクリックボタン

個人再生手続きという方法があります

個人再生手続きには要件があります。要件に合えば、裁判所に対して申し立てをします。

任意整理という方法は、裁判所を介しませんでしたは、個人再生手続きという方法は裁判所を介します。法的手続きにより債務をぐっと少なくすることで自己破産しないで済む方法です。毎月返済しなければならないので収入がないとできません。3年という返済期間がありますが場合によっては5年にすることも可能。自己破産とは違って財産を維持したまま債務整理ができます。

家の差し押さえを免れた

 
個人再生手続きという方法は法的解決手段です。ですから、法律事務所でやることはどこも同じと思うかもしれませんが、違いがあります。
法律事務所によって、申し立て前、と返済計画決定後の解決方法が違います。

法律事務所ロイヤーズロイヤーズの個人再生の流れはこうなります。

▶ご相談時・・・まず任意整理の要件に合うかどうかを検討。できない場合は個人再生の検討をします。要件は再生手続きをする場合の必ず返済しなければならい借金を返済できる能力があるかどうかです。ちなみに再生手続きとは、借金が100万~500万の場合は100万円を返済すれば残りの借金を免責にしてくれます。借金が500万円を上回る場合で1500万円以下の場合は、借金の1/5を返済すれば残りの借金を返さないで済みます。残りの借金が免責なるということ。借金が1500万円を上回り3000万円以下の場合は、300万円だけ返済すれば残りの借金を免責にしてもらえます。借金が3000万円を上まわり5000万円以下の場合は、その借金の1/10を返済すれば残りの借金が免責になります。ずいぶん虫のいい話ですが、こういう法律が日本にはあるのです。問題は免責にならない借金を3年乃至4年程度で払いきれるかどうかということ。毎月の収入があるか毎月でなくても定期的に収入が見込めないと要件を満たしませんよね。ここからは任意整理と同様の検討に入ります。仮にご相談時に要件を満たさなくても、アルバイトをしたり、生命保険を解約したり(自己破産になれば解約です)、生活費を見直すことで個人再生が可能になる場合が多々あります。
そういった場合は、ご依頼者とご相談の上、節約をするなりアルバイトをするなりして自己破産を回避できるように努力してみることとし、できなければ自己破産になってしまうことを説明します。逆にできるようであれば個人再生という方法で解決できます。また個人再生と思っていても任意整理が可能になる場合があります。個人再生は任意整理と違い裁判所から免責をいただくということになるため倒産法の一種と考えてください。自己破産一歩手前の法律です。
法律事務所によっては、一定期間帳簿付け(家計簿)をさせないところがほとんどのようです。ロイヤーズロイヤーズは、ここが一番の肝心と考えています。個人再生手続きが、果たして生活収支にあった解決策であるのかどうかを確認するためです。。そうでなければ、返済に躓いてしまい、何のための個人再生の申し立てなのか努力の甲斐がなくなります。
▶受任・・・ここは任意整理と同じです。3か月程度は、毎月借金のために捻出可能な金額を確定するために、苦しいでしょうが家計簿をつけていただきます。毎月必要となる、個人再生手続きに可能な金額が確保できるようであれば弁護士は申し立ての準備をします。

▶申立
▶再生計画の認可が下りると・・・
▶返済開始・・・毎月決まった額を決った日にちに入金していただきます。
◎仮に返済が遅れるようなことが生じた場合、弁護士が辞任していると債権者から激しい取り立てを受けることになります。この点ロイヤーズは、仮に返済が遅れるようなことがあっても弁護士が交渉します。


 

破産者になって後悔する方がいること

働き盛りを前にして、また働き盛りであればなおのこと安易な破産選択は後悔の元

人生にやり直しがきかないように、自己破産も決定すれば取り下げがききません。一度ですが、会社社長の息子の自己破産を他の法律事務所でやって当職に「破産」を取り下げてもらえないかという相談が来ました。すでに免責の決定も出て2か月か3か月経過していて、どうして「自己破産」についてどうなるのかを弁護士に聞かなかったのか、あとのまつりです。20代の若者でした。父親と息子からのご相談でしたが、自分一人で悩まず、親に隠したい一心での自己破産は一生後悔します。

40歳~50歳という若さで自己破産した場合、少なくても働き盛りの時代が台無しです。自己破産は官報に掲載されますので調査しようと思えばすぐにばれるからです。70歳以降で自己破産した場合は、別にリスクを気にする必要はないでしょう。孫の世話とか、そういった程度で事業を起こそうという方はそうそういないでしょう。文筆活動やそういったことには支障はきたしません。むしろ760代後半以降の借金整理は自己破産という手段はいいかもしれません。せっかくの老後が借金の返済できつくなるより、自己破産して生活を楽にしたほうがいいでしょう。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは年齢によって、若い方には多少きつくても自己破産をなるべくしないで返済する方法を推奨します。そこで若者で仕事がないという方でも、ロイヤーズロイヤーズではある一定の期間に就職活動をやっていただきます。仕事をせ余などといわなくても、ロイヤーズロイヤーズに依頼される方は積極的に仕事を探してアルバイトでも継続して働き3年から5年かけて借金を返済しています。やればできるのです。でも病気では仕方がありませんよね。そういった場合でも治療や病気の症状によってご依頼者の希望を聞きながら最終的に解決方法を決めます。ですから相談を受けて「自己破産を希望ですか?」「ではそのようにしましょう」などということはないのです。
 


借金整理を恥ずかしいことと思っても限界を感じたら早めの相談

債務整理を他人事のように思いたくても、返済がきついと感じたら債務整理の時期が来ているのかも?

返しても返してもなかなか減らない借金。借金整理は自分には無関係と思われていませんか?自分では返済ができていると思っていても、金利が増えていれば返済が追い付いていない証拠です。つまり返済額が少なすぎるのです。返済額をアップできるうちはいいでしょう。でも今までのように、あれもこれもとカードで購入するのを自制しなければ無理です。いつの間にか自己破産ということになるのは、こういった時期からあっという間に自己破産状態に陥るのは、誰でもそうですが自制がきかないということに原因がありそうです。


 
一人生活者がむしろ普通になってしまっているくらいの現代社会。隣人が何をしているのか、何人家族なのかということも知らずにマンションやアパートに暮らしている方も多いのではないでしょうか。ところで一人で住んでいると、新たに何かを購入するにも相談することもなく自分で決めてほしいと思ったら購入するのも普通のこと。収入が一定である限り、支出にも当然限度があります。その限度を超えて、クレジットカードをあてにして次々購入していたら、それこそ借金まみれになって当たり前。でも、返済して借金がゼロになるのを繰り返しているうちはいいのかもしれませんが、いつも借金がついて回る生活を見直したとき、毎月の返済額を少しでも楽にしたいと考えたとき、安易に返済額を減額できるリボ払いの場合は要注意です。この時こそ毎月の返済額を増やさな限り借金が減らないと気付くべきです。そろそろ借金整理を始めたほうがいいかもしれませんよ。借金整理なんて「恥ずかしい」と思っていても自己破産になるよりいいと思いませんか?元金だけの返済にして借金を完済してしまい、一度生活をリセットするということが大事です。
 

法律事務所によって違う債務整理の解決方法

どこの事務所も費用に違いはあっても債務整理の方法は同じと思っていませんか?違いがあります

自己破産というえば借金免責が目的。たしかに借金を払わなくてすむために(ギャンブルなど借金が免責ならない場合があります)、自己破産の申し立てをします。ですが、仕事がなくて自己破産しかないと思われた方でも、弁護士に相談しているうちに仕事にありつけたという場合もあります。そういった場合は任意整理あるいは個人再生手続きで解決がつく場合もあるので、弁護士とじっくり相談することが肝要です。

40歳で自己破産をした場合を考えてみましょう。自己破産をすると、社会的信用はすべて失うことになりますので、まず10年は新たな借り入れはできません。社会的信用は生きていくうえでとても大切なことです。ロイヤーズロイヤーズは、まず裁判所を経由せず弁護士が交渉して毎月の返済方法を取り決める任意整理という方法で解決ができないかを検討します。それがダメであれば個人再生手続きを検討するというように、すぐには自己破産だと決めてかかりません。生活収支をみて支出を抑える工夫をしてみたりして、まずは生活の支出面から検討します。自己破産はあくまで最終手段です。


 
自己破産のデメリット自己破産のデメリット

弁護士にまず相談

サブリース被害からくる借金問題&住宅ローン返済ができずに借りてしまった借金問題

老後の収入のためにマンション投資 |サブリース被害

サブリース会社に言いくるめられてマンションを建ててみたがサブリース会社から契約した賃料が入らないための借金

一括借り上げ30年間保証のうたい文句で、マンションを2頭も立てた方。もちろん銀行から億単位の借り上げをしてしまった。しかし…その後サブリース会社から賃料減額の申し入れがあり、税金などの支払いを含めると赤字になっていることが判明。早速近隣の不動産会社にマンション売却の話を持ち込んでみたが、査定額は低額に

サブリース被害といっても、サブリースは悪い契約でもなんでもありません。むしろ、毎月決まったお金が入金されるのであれば表向きは損をする契約でもなさそうです。
問題はお金を借りてマンションやアパートを建ててしまった場合、返済金ができなければ(サブリース会社の倒産・サブリース会社の契約不履行等)、その借金をどうやって返済していくのか。売却しても負債が残るのこるのであれば、破産しかないのかということです。サブリース会社を介さずに自分で入居者と契約しなおすにしても修繕費など今後必要となる経費を含め考え直さなければなりません。

 

住宅論の返済

住宅ローンの滞納をどう乗り切るか

住宅ローンのリスケジュールをする

毎月の返済がきついとお考えの場合、住宅ローン会社と直接交渉して毎月の返済額を少なくしてもらうことは可能です。債権者が合意すればです。再生手続きでは住宅ローンの借金以外に借金がなくても、住宅ローンのリスケジュールをするために個人再生手続きの申し立てをすることができます。そういった場合は個人再生手続きの住宅資金特別条項を使います。

住宅ローンの債務者そのものは一切減額されません。当然ですよね。家を建てて人が全員個人再生手続きでお家のローンを少なくしてもらえるなんて法律があったら、国民がこぞって個人再生手続きを申し立てます。そういったことはできませんが、個人再生手続きを利用して期限の利益を回復したり(債権回収会社に回ってしまった債権を元の銀行に戻すなど)、弁済期間を延長することは可能です。もともと住宅ローンの債権者には議決権がないから住宅資金特別条項を利用する場合は、一般の再生債権者がいない場合は議決することがいらないということになる(給与所得者等再生の場合は、決議なし)。
 

住宅ローンも税金も滞納、他にも借金がある場合は、やっぱり自己破産?

自己破産と決めてかかる必要はありません。個人再生書き込み用紙の件任意整理という打つ手があるかも!

任意整理という方法は、収入のある方すべてに可能性があります。そうはいっても借金の額と件数にもよりますが。再生手続きは裁判所に申立てをするので7年以上は新たに借り入れができませんが、任意整理は新たに借り入れをするには、債権者によって違いがありますが3年から5年でまた借入ができるようになります。つまりブラックリストから名前が消えます。

自分ではもうダメ(自己破産)なんて考えていても、意外と任意整理という方法で意外と解決しているのが現実です自己破産か…と思うと気も滅入りますが、自分の完済できる(返済して借金をゼロにすることができる)と思うと少し元気になりませんか?金利を払わず借金を返済する方法で完済するので最短で完済が可能になります。
 

完済できた男性

       サブリース被害お悩み相談はこちら
解決の方法を提案します。そのためには、情報が必要になります。その情報を「書き込む用紙」を送付するのでご記入の上ご返送ください。届き次第、具体的な解決方法を無料で提案します。法律事務所ロイヤーズロイヤーズの名前ではなく 「6161.jp」で郵送いたします

借金問題を解決する方法に、任意整理(にんいせいり)という方法があります。収入があり、毎月の返済金が減ってほしいとお考えの方に適しています。任意整理についてLinkIcon
法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは債務整理を失敗させないために「絶対完済プラン」をご用意しています。絶対完済プランLinkIcon

自分で返済しているよりも、メリットは多いです。

任意整理をして不利な点は、新たな借り入れができなくなるということくらいです。そもそも借金漬けに懲りているわけですから、新たな借り入れができなくても一度生活をリセットするいいチャンスです。
 

任意整理でいいのかなと悩む女性
毎月借金を返済していくためには、やっぱりそれなりに収入がないとできません。任意整理が可能かどうかは法律事務所ロイヤーズロイヤーズの弁護士が、あなたに合った債務整理方法を提案するので、あまり心配される必要はありません。
                                  任意整理の条件LinkIcon
任意整理を教えてくれる弁護士 

家族に知られるのではないか?とか、返済金ができなくなったらどうしよう、などなど・・・。皆さんからよくある質問をピックアップしてみました。
 

 
 

はさみを入れたクレジットカード
受任から完済(借金がなくなるまで)の手続きの流れについての説明です

 
 

競売寸前でも間に合う場合があります。再生手続きという方法です。
 

 

自己破産と一人合点しないことです。法律事務所ロイヤーズロイヤーズでは、現在収入がなくても、受任して数か月の間に就職(アルバイトでもOK)ができる場合もあるので、すぐに自己破産と決めてかかりません。収入があっても扶養家族が多く、自己破産しか生きる道がない場合もあります。まずは借金 専門の弁護士にご相談ください(無料)