借金返済滞納による差押

借金返済の滞納により、催促書を放置していると裁判所から特別送達が届く。給料の差し押さえの基礎知識と、強制執行を停止させる債務整理の方法についての説明。強制執行を停止させるには、特定調停や個人再生、自己破産が有効。

 
借金解決の第一歩はこちら サブリース被害お悩み相談はこちら 
0120-316-018 サイムはイヤ   24時間受付相談無料 
家族に内緒の方も安心してご請求ください。 「6161.jp」で届きます   

差押

HOME > 借金返済滞納による差押

強制執行

任意整理と差押

訴訟が提起されたばかりの初期段階であれば、何とかなるかも?

お分かりのとおり、返済日に多少遅れても支払い続けていれば、訴訟沙汰になることはないでしょう。しかし長く延滞が続くようであれば、期限を切って催告書が届きます。たいていは催告書をそのままにしてなんら対応をしないでいると、裁判所から「支払督促」の通知が届きます。たいていは、裁判所からの通知で驚いて、やっと弁護士を探すという場合がほとんどです。それでも弁護士に委任した時点が、訴訟をされてすぐの段階であれば、給料差押という憂き目を回避できるかもしれません。

そもそも債務整理という方法は、裁判所を介さず弁護士が直接債権者と話し合いをして裁判外で和解する債務整理の方法です。ですから訴訟されてすぐの状態であれば、弁護士が話し合いをして訴訟自体を取り下げてもらうか、裁判上で和解が可能です。判決が出てしまって執行手続きに移行している状態では、差押を取り下げるように申しだたところで応じる可能性の方が低いです。それでも仮に給料を差し押さえられた場合でも、一括で返済する交渉をすれば取り下げは可能でしょうがそうでなければ任意整理には法的規制はないので他の方法で対処することを考えなければなりません。